「災害食」クッキングのオンライン体験ができる親子イベントが開催

「災害食」クッキングのオンライン体験ができる親子イベントが開催

いざという時に自分や家族を守るためのパッククッキング術

「シェアダイン」が、親子で災害への備えを見つめ直す機会として、オンライン体験イベントを3月9日(火)に実施。

管理栄養士でもあり、調理師として各所でパッククッキング講師としても活動中のシェアダイン出張シェフaki氏を講師に迎え、出張シェフが教える「災害食」クッキングとして、親子でオンライン体験ができる場を提供する。
「災害食」クッキング
ホームシェフのサブスクリプションサービスである「シェアダイン」は、離乳食から生活習慣病まで、家庭料理をパーソナライズ。栄養士・調理師などの資格を持った食の専門家が1,000名超登録しており、1回3時間で献立の提案、食材の買い出しから、12品前後の料理を作る。

そんな「シェアダイン」では、水道やガス、停電といったインフラが止まった場合を想定し、 日常的な常温保存食品を一定量ストックしながら使っていく調理法や、ポリ袋を使って、備蓄用の少量の水と、カセットコンロのみで調理することができる「災害食レシピ」を提案している。
「災害食」クッキング
今回のイベントは、zoomを使ったライブ配信の形式で開催。家電製品の固定や食器類の収納の工夫のコツから、常備している乾物や缶詰を使った調理、新聞紙で紙皿を作る方法、ガスコンロと高密度ポリエチレンを使ったパッククッキングまでを紹介する。

パッククッキングとは、耐熱性のポリ袋に食材を入れ、袋のまま鍋で湯せんする調理方法。ライフラインがストップした際にも、水とカセットコンロがあれば調理ができる。

普段の食品が使えること、加熱に使った水が汚れないため再利用できること、袋に入れたまま食器によそえば食器が汚れないなどのメリットがあるほか、工程がシンプルで調理が簡単な上、袋ごとに違う料理を一度に作ることができ、複数の品数を一度に作るテクニックとして、知っておくと普段の調理にも役立つ。

親子で防災食についての知識を深めることができるイベントを、ぜひチェックみては。
親子でオンライン体験 出張シェフが教える「災害食」クッキング
日時/3月9日(火)17:00~18:00
対象/3歳以上の子どもと保護者
料金/無料
申し込み/下記peatixの特設ページから可能
https://saigaishoku.peatix.com

問い合わせ先/シェアダイン
https://sharedine.me/inquiry/new
https://sharedine.me/

2021年03月05日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧