カルティエ現代美術財団からAR体験ができるアプリがリリース

カルティエ現代美術財団からAR体験ができるアプリがリリース

インスタレーションから取り入れた映像で構成されるビジュアル要素が、スマートフォンの画面を通してユーザーの現実に対する知覚を変化

「カルティエ現代美術財団」より、拡張現実(AR)体験ができるアプリ「Night Vision 20/20」がリリース。アーティストのサラ・ジー氏が初めて手掛けた拡張現実作品を、デジタルエージェンシーのCher Ami(シェール アミ)がアプリとして開発した。

パリでの展覧会「Sarah Sze, Night into Day(サラ・ジー、夜から昼へ)」の一環として制作されたこの没入型ツールは、ユーザーがどこに居ようとも、瞬時に夜の夢の世界へと引き込む。

サラ・ジー氏のインスタレーションから取り入れた映像で構成されるビジュアル要素が、スマートフォンの画面を通してユーザーの現実に対する知覚を変化させる。
©Sarah Sze Studio
©Sarah Sze Studio
アプリでは、「Night into Day」展の、サラ・ジー氏による2点のオリジナルインタレーションを楽しむことが可能。「Apple Store」や「Google Play」より無料でダウンロードできる。
©Cartier
©Cartier
夜の世界へと引き込まれるような体験ができるアプリを、ぜひチェックしてみては。

問い合わせ先/カルティエ カスタマー サービスセンター
tel.0120-301-757
http://www.cartier.jp

2021年02月19日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧