『ねないこだれだ』をはじめとする作者の原画展が開催

『ねないこだれだ』をはじめとする作者の原画展が開催

代表作『ねないこだれだ』の誕生50周年を記念し、絵本原画や貴重な資料など、せなけいこ氏の創作の全貌を紹介

松屋銀座8階イベントスクエアにて、『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展が、2020年12月27日(日)~2021年1月12日(火)まで開催。

『ねないこだれだ」や『めがねうさぎ』の作者として知られる絵本作家のせなけいこ氏は、1969年、子育てに奔走する中、37歳で絵本作家としてデビュー。以来、おばけや妖怪、うさぎなどをモチーフに、貼り絵の手法を用いて生み出したシンプルながらも独創的な絵本は、世代を越え多くの親子に読み継がれるロングセラーとなっている。
『ねないこだれだ』(1969年、福音館書店) ©Keiko Sena
『ねないこだれだ』(1969年、福音館書店) ©Keiko Sena
今回の展覧会では、代表作のひとつ『ねないこだれだ』の誕生50周年を記念し、絵本デビュー作の「いやだいやだの絵本」4冊シリーズをはじめとする絵本原画や貴重な資料など、約250点を出品。

これまであまり知られていなかった、絵本作家デビュー前の幻燈や紙芝居の仕事もひもとき、創作の全貌を紹介するとともに、小さな子どもがわくわくする仕掛けも用意し、親子で楽しめる展覧会となっている。
会場風景(大阪会場の様子)
会場風景(大阪会場の様子)
さらに、会場でしか手に入らない展覧会オリジナル商品約140種類を含む、さまざまなせなけいこ氏関連グッズの販売や、「せなけいこ展」とコラボレーションしたメニューを提供するカフェも。
マスキングテープ 全7種 各385円
マスキングテープ 全7種 各385円
貴重な原画や資料で作者の軌跡を辿ることができる展覧会へ、家族で足を運んでみては。
『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展
期間/2020年12月27日(日)~2021年1月12日(火)
会場/松屋銀座8階イベントスクエア
開場時間/10:00~20:00
※1月11日(祝・月)は19:30、 12月31日(木)は18:00、最終日は17:00閉場
※入場は閉場の30分前まで
※1月1日(祝・金)は休業

入場料/一般1,200円、高校生700円、中学生500円、小学生300円
※混雑の際は、待ち時間や整理券を配布する場合あり

問い合わせ先/松屋銀座
tel.03-3567-1211(大代表)
https://www.asahi.com/event/senakeiko50th/

2020年12月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧