十勝浦幌町に「デジタル森林浴」を体感できる施設がオープン

十勝浦幌町に「デジタル森林浴」を体感できる施設がオープン

IT技術を活用した映像や風、音や香りの演出で、実際に自然の中にいるかのような心地よさを提供

浦幌町と「フォレストデジタル」が、廃校になった旧常室小学校を活用した「TOKOMURO Lab(トコムロラボ)」に、まるで森林の中にいるかのような「デジタル森林浴®️」を常時体感できる施設「uralaa park urahoro(以下、うららパーク浦幌)」を、12月12日(土)にオープン。
うららパーク浦幌
「うららパーク浦幌」は、正面、左右、後方と天井の5面の300インチマルチスクリーンに十勝の森林や屋久島の天然杉などを映し出し、映像に合わせた風や木々が揺れる音、天然の木々の香りを再現した、まるで自然の中にいるかのような演出を行う、日本初(※)の施設。
※フォレストデジタル株式会社調べ

投影テーマは定期的に変わり、身体に何か装置をつける必要もなく、ただ椅子に腰掛けるだけで日本全国の自然を体感することが可能。さまざまな地域の森や自然に包まれる体験を通して、森林浴効果による健康増進など、ゲストにやすらぎを届ける。

また、いつかその場に行きたいという気持ちを掻き立て、実際に森や自然に触れる場所へ行くきっかけにも。
うららパーク浦幌
12月のテーマは「十勝の四季」。浦幌町太古の森、ハルニレの木、ジュエリーアイス等、十勝の自然の美しさや魅力を再発見できる。

パーク内にいながら日本全国の自然を新しい形で体感できる施設へ、この機会に訪れてみては。

uralaa park urahoro
住所/北海道十勝郡浦幌町常室51-1 Tokomuro Lab
上映時間/毎週木・金・土曜 10:00~、11:00~、13:00~、14:00~、15:00~、16:00~
※所用時間は約45分  
※12月27日~1月13日は年末年始につきクローズ
入場料/無料
support@forestdigital.org
https://forestdigital.org/

2020年12月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧