知育玩具のデジタルボード「Divoom PIXEL FACTORY」が販売中

知育玩具のデジタルボード「Divoom PIXEL FACTORY」が販売中

一度遊ぶと熱中!懐かしいピクセルアートが楽しめる育成発達のおもちゃ

「FOX」が、高音質なオーディオやピクセルアートガジェット「DIVOOM」の正規代理店として、ドットデザインが表現できるピクセルアートボード「PIXEL FACTORY」を販売中。

「PIXEL FACTORY」は、育成発達のおもちゃとして開発されたタッチパネル式ディスプレイ。256個(16×16)のRGB LEDライトを搭載し、専用のアプリで自由な色の調整やピクセルの配置が可能で、オリジナルのピクセルアートやアニメーションを簡単に作ることができる。
PIXEL FACTORY ブルー/ピンク(Blue/Pink)、グリーン/パープル(Green/Purple)各15,800円(税込)
PIXEL FACTORY ブルー/ピンク(Blue/Pink)、グリーン/パープル(Green/Purple)各15,800円(税込)
右上の二つのダイヤルを回して色を選択すると、左側のペンキローラーのマークのダイヤルが基本色の選択、右上の黄色のダイヤルで明度が変更できる。複数のデザインを組み合わせることでアニメーションのように動かすことも可能。(2~60コマまで可能)

目で見た通り手を動かすという一連の動きは、視覚と指の動きを統合させ、手先を器用に使える巧緻性を高める。好きな色を選んでなぞるだけで楽々簡単にカクカクしたドットデザインのピクセルアートが楽しめるドット絵のお絵かきボード。
PIXEL FAACTORY
また、専用アプリに実装されている「GALLERY」では、世界中のDIVOOMユーザーが日々自分で作ったピクセルアートを投稿しており、そのデザイン数は100万種以上にも上る。その中から気に入ったドット絵やアニメーションを選んで、「PIXEL FAACTORY」に反映可能。
PIXEL FAACTORY
ほかにも、ブロック崩しなどのゲーム機能をはじめ、時計やタイマー機能が搭載。子どもから大人まで楽しめる商品となっている。

育成発達のおもちゃ「PIXEL FACTORY」をぜひ、チェックしてみては。
問い合わせ先/FOX
tel.0570-666-355
info@foxinc.jp
https://foxinc.jp/

2020年10月01日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧