8/17(月)にピジョンからリニューアル「母乳フリーザーパック」と「母乳フリーザーパックアダプター」が登場

8/17(月)にピジョンからリニューアル「母乳フリーザーパック」と「母乳フリーザーパックアダプター」が登場

母乳保存の手間を軽減し、母乳育児をもっと快適に

「ピジョン」から、母乳専用の保存パックの口の部分に端の部分のつぶし方を工夫したダブルチャックを用いて、より中の母乳の漏れを防ぐよう全面リニューアルした「母乳フリーザーパック」(容量は全4種類・6品目)と、さく乳器「母乳アシスト®」に母乳フリーザーパックを直接つないでさく乳できる「母乳フリーザーパックアダプター」が、8月17日(月)より全国のベビー用品専門店・ドラッグストア、オンラインストアなどで販売開始。
左/母乳フリーザーパック(写真は80ml 20枚入り) 1,100円(税込)、右/母乳フリーザーパックアダプター 550円(税込)
左/母乳フリーザーパック(写真は80ml 20枚入り) 1,100円(税込)、右/母乳フリーザーパックアダプター 550円(税込)
従来の「母乳フリーザーパック」は、パックの口のシングルチャックを閉じた後に、口の部分を折り返すことでパック内の母乳を漏らさないようにする仕組みだったが、今回リニューアルでは、ダブルチャックを採用。

チャック端部のつぶし方を工夫したことで、従来品のような折り返しの必要がなくなり、手間が省けるだけでなく、折り返し部分に母乳が溜まることを防ぎ、漏れを防ぐ。さらに、フィルムも切り取りやすい素材を採用し、パックから哺乳びんに移し替える際に、こぼれにくい注ぎ口の形状に改良。

また、デザインも小鳥と木々の絵柄に一新。赤ちゃんの健やかな成長を願って、フリーザーパックの容量が増えるごとに、ひな鳥が生まれて木々とともに成長していく様子を表現し、ママの気分を明るく和やかにしてくれるデザインに。

容量は20ml、40ml、80ml、160mlの4種類。今回新たに追加された20mlは、出産直後や母乳分泌の少ない時期から使える少容量(病産院用)になっている。
母乳フリーザーパック 左から20ml 10枚入り 550円、40ml 20枚入り 1,045円/50枚入り 2,200円、80ml 20枚入り 1,100円/50枚入り 2,310円、160ml 20枚入り 1,210円(すべて税込)
母乳フリーザーパック 左から20ml 10枚入り 550円、40ml 20枚入り 1,045円/50枚入り 2,200円、80ml 20枚入り 1,100円/50枚入り 2,310円、160ml 20枚入り 1,210円(すべて税込)
そして、今回新発売の「母乳フリーザーパックアダプター」は、さく乳器「母乳アシスト®」に直接「母乳フリーザーパック」をつないでさく乳できるため、母乳を哺乳びんからパックに移し替える手間が省けるうえ、移し替えるときに中身をこぼさず、大切な母乳を無駄にしない。
母乳フリーザーパックアダプター 550円(税込)
母乳フリーザーパックアダプター 550円(税込)
アダプターは哺乳びんと同じようにねじでさく乳器に取り付けられるため、つけはずしが簡単に。

母乳育児をサポートしてくれる「母乳フリーザーパック」「母乳フリーザーパックアダプター」。ぜひチェックをしてみては。
問い合わせ先/ピジョン お客様相談室
tel.0120-741-887
https://support.pigeon.co.jp

2020年08月17日

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧