LEXUSが、“モノづくりの匠との一期一会の体験を届ける”子ども向けオンラインワークショップを開催

LEXUSが、“モノづくりの匠との一期一会の体験を届ける”子ども向けオンラインワークショップを開催

日本全国の若きモノづくりの「匠」を支援する「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」が、失われた「学びと遊び」や「新しい人やモノとの出会い」の機会を提供

「LEXUS」が「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」に参加した伝統工芸の若き「匠」たちによるオンラインワークショップ「Lexus Summer Workshop ~once in a summer time~」を、8月から9月に計4回開催。lexus.jpサイトにて8月13日(木)まで参加者を募集中。小学校高学年から中学生の子どもを対象とし、ウェブ会議システムを使って実施する。
(※各ワークショップごとに、応募〆切が異なります。ご注意ください。)

「未来をつくるのは人」であるという信念の下、クルマづくりや体験の創造を行うLEXUSが、日本全国の若きモノづくりの匠を支援する活動として、2016年以来、47都道府県で150人以上の若き匠を支援してきた「LEXUS NEW TAKUMI PROJECT」。

普段体験できない伝統工芸の匠によるモノづくり体験と、それを通じた匠や同年代の子どもたちとのふれあいによって、失われた「学びと遊び」や「新しい人やモノとの出会い」の機会を提供していく。
「風彩染」せんす作り
「風彩染」せんす作り
今回のオンラインワークショップでは、加賀水引 5代目の津田六佑氏による伝統的な水引きの結び方である「あわじ結び」を使ったミサンガ作りや、千葉県指定江戸つまみかんざし製作者の藤井 彩野氏の「つまみ細工」の髪飾り作り、着物作家 加藤 洋平氏の「風彩染」せんす作りなど、若き匠によるモノづくり体験を用意。

日本の伝統的な文化に触れることのできる「LEXUS」の夏のワークショップ。この機会にぜひ参加してみては。
Lexus Summer Workshop ~once in a summer time~
参加人数/各ワークショップ30名
体験時間/90分
参加費/無料 ※事前に用意が必要

ワークショップ実施日/
8月23日(日)第1回:「吉野の手すき和紙」で作るランプ <坂本尚世さん(奈良県)>
8月30日(日)第2回: 水引きの「あわじ結び」でミサンガ作り <津田六佑さん(石川県)>
9月6日(日)第3回:「つまみ細工」の髪飾り作り <藤井彩野さん(千葉県)>
9月13日(日)第4回:「風彩染」せんす作り <加藤洋平さん(京都府)>

募集締め切り日/
8月6日(木)第1回:「吉野の手すき和紙」で作るランプ <坂本尚世さん(奈良県)>
8月6日(木) 第2回: 水引きの「あわじ結び」でミサンガ作り <津田六佑さん(石川県)>
8月13日(木)第3回:「つまみ細工」の髪飾り作り <藤井彩野さん(千葉県)>
8月13日(木)第4回:「風彩染」せんす作り <加藤洋平さん(京都府)>
※各ワークショップは締切日が異なります。ご注意ください。

応募先/Lexus Summer Workshop ~once in a summer time~
https://lexus.jp/brand/special_2020/new-takumi/

2020年08月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ