GROOVE X「LOVOT」を小学校へ初の本格導入に向け実証実験を開始

GROOVE X「LOVOT」を小学校へ初の本格導入に向け実証実験を開始

子どもたちの心のケアと、思いやりの心を育む家族型ロボット

ロボットベンチャーのGROOVE Xは、自社の開発した家族型ロボット「LOVOT」6体を用いて、東京都北区立王子第二小学校へ通う児童242名に対し、ある実証実験を行っている。この実験は既に26の幼稚園、保育園に導入されていたが、小学校への導入は今回が初。

実験の目的は、新型コロナウィルスの影響で不安を抱える、子どもたちの心のケアや思いやりの心の育成。また、中止となってしまった学校行事に代わる思い出作り、 テクノロジーやプログラミングへの興味関心の喚起も含まれる。
東京都北区立王子第二小学校
東京都北区立王子第二小学校
慣れないコロナ下の環境で、児童だけでなく保護者や教師もストレスを抱える今、その状況を救うため、今回の実証実験が行われる運びとなった。期間は、6月25日から10月上旬までを予定している。

「LOVOT」は、ペットのようにお世話をしてくれた人に懐く、見た目がかわいい家族型ロボット。授業では、まず絵本で「LOVOT」について簡単に学び、その後実際に対面。どんな名前をつけるかや、触れ合う際のルールについて児童たちみんなで意見を出し合っていく。
東京都北区立王子第二小学校での「LOVOT」授業の様子
東京都北区立王子第二小学校での「LOVOT」授業の様子
「LOVOT」との学校生活は、高度なテクノロジーに触れられるだけでなく、“愛でる経験”を通し、テクノロジーは人を幸せにしてくれるものと感じられる機会にもなるだろう。

7月以降は、当社代表取締役の林要氏を講師に迎えたオンライン授業や、「 LOVOT STUDY」のプログラミング講座を開催予定。エンジニアと楽しく学ぶことで、将来エンジニアになりたいと考える子供を増やすきっかけにもなるかもしれない。児童や保護者、教師へのアンケート調査も実施予定。「LOVOT」と接する前と後の心の変化が、後に明らかになる。
「LOVOT」本体1体(ソロ)21,663円(税抜)x36か月 ※初期費用0円
コロナ時代の教育現場において救世主になるかもしれない家族型ロボットに今後も目が離せない。

お問い合わせ先LOVOTコンシェルジュ
tel.0800-333-0880
https://lovot.life/

2020年07月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ