さわれるミュージアム“Think Square”「むかしといまのいきもの展」を開催

さわれるミュージアム“Think Square”「むかしといまのいきもの展」を開催

~さわって、化石の時代を感じよう~

プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
知的好奇心を満たす、さわれるミュージアム“Think Square”を運営するちそう株式会社(代表者:代表取締役 山本 智 以下、当社)は、東京・下北沢の会場にて、「むかしといまのいきもの展」を7月22日より実施いたします。テーマは、化石になった古生物と現在の生物で、昔の海にすむ爬虫類モササウルスの仲間や小型恐竜の頭骨や卵、肉食恐竜の歯、様々な状態のアンモナイトなどの化石を中心に、比較する今のいきものとしてワニ、オウムガイや現在生きている動物の歯などを展示します。また、研究体験として、化石のクリーニング、同定を体験できるコーナーも設置します。

むかしといまのいきもの展 イベントサイト:https://www.think-squares.com/theme-6

<キーワード>むかしといまのいきもの展、さわれるミュージアム、知的好奇心、Think Square
むかしといまのいきもの展メインビジュアル
むかしといまのいきもの展メインビジュアル
近年、科学を取り巻く環境は厳しさを増しており、当社はその改善の一助を目指し、体験を通して科学に触れる機会を創り、科学に対する社会の関心を高めるべく空きスペースを活用した移動式体験型博物館、さわれるミュージアム Think Squareを展開してきました。

これまで、累計1600人以上が来場したThink Squareの新テーマとして、今回は、化石をテーマにした「むかしといまのいきもの展」を7月22~24日に東京・下北沢で開催します。

普段触る機会の少ない標本や化石に触れていただき、その生き物の不思議に思考を巡らせることで、「日常生活に、科学によって知的好奇心を満たす時間を創出する」ことを目指しています。触るだけでなく、研究中の標本のクリーニングや、それがどんな生き物である可能性があるのか、古生物学研究者さながらに、研究を体験できるコーナーも設けています。

今後も、当社は、さまざまなテーマ展示やワークショップ、企業向け研修や展示サービスを通して、社会に科学の楽しさ、面白さを訴求し、科学を始めとした厳しい環境にある分野の一助となる活動を行っていきます。
詳細はこちら

2022年07月07日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧