「働き方」×「住み方」という観点でこれからの時代を考える書籍が発売中

「働き方」×「住み方」という観点でこれからの時代を考える書籍が発売中

「どこに住むか」「どう働き、何で稼ぐか」という課題に対して俯瞰的に現状を解説する、リモートワーカー必読の1冊

「ディスカヴァー・トゥエンティワン」から、「ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか」が刊行。

著作は、市議会議員・コンサルとして都市政策に関わり、Airbnb Japanの執行役員・グッドデザイン賞審査委員でオンラインサービス、システムの審査に関わる、長田 英知氏が務めた。
ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか 1,760円(税込)
ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか 1,760円(税込)
新型コロナウイルスの感染拡大によるテレワークの導入が進み、働き方が大きく変わった方も多いのではないだろうか。以前は、「いかに会社から近いか」「通勤が楽か」というように、会社へ行くことを前提に住む場所を決め、その結果、都心、特に東京の人口が増え続けていた。

しかし、コロナによってテレワークが導入されたことで、通勤の頻度や必要性が下がり、住む場所や居住空間に対しての考え方が変化。その結果、加速していた東京の人口集中は減少へと転じている。

政府や地方自治体も、地方移住者に対して支援金を交付するなどの施策を推進。今後もビジネスパーソンの住み方・働き方は大きく変わっていくと考えられる。
ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか
「ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか」では、都市開発に20年携わる長田氏が、「働き方」×「住み方」という観点で、ポスト・コロナ時代のニューノーマルを解説。コロナ以前から現在まで、豊富なデータをもとに街の移り変わりを語りつつ、これからの住み方・働き方を説いていく。

仕事中心で住む場所を考えていた都市部在住のビジネスパーソン、コロナを機に住み方・働き方を見直している方、テレワークになったため引っ越しを検討している方におすすめの1冊を、この機会にぜひ手に取ってみては。
 
ポスト・コロナ時代 どこに住み、どう働くか
著/長田英知
ディスカヴァー・トゥエンティワン刊 本体1,760円(税込)

問い合わせ先/ディスカヴァー・トゥエンティワン
https://d21.co.jp/inquiry
https://amzn.to/3cLYHBU

2021年03月26日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ニュースの関連記事

カテゴリ一覧