子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年03月20日

子どもの携帯電話はいつから?GPSや防犯ブザー、便利な機能や注意点

子どもの携帯電話はいつから?GPSや防犯ブザー、便利な機能や注意点

子どもに携帯電話を持たせるのはいつ頃からがいいのでしょうか。携帯電話というと漠然と「便利そうだけど、子どもが持つにはトラブルのもと」というイメージを持つママ・パパも多いのではないでしょうか。そこで今回は、子ども用携帯電話のGPSなどの便利な機能や注意点、実際に持たせたタイミングや体験談などを書きたいと思います。

子ども用携帯電話の安全性は?

子ども用携帯電話は、一般的に大人が使う携帯電話やスマホとは違い、ママ・パパが心配になるような機能はついていません。インターネットの閲覧はできないので有害サイトなどを見る心配がないことや、カメラ機能もないのでまだ撮影のマナーを理解しきれていない子どもが親の知らないところで写真を撮ることもありません。

通話やSMS、メールは電話帳に登録した人にしかできないように制限できるので、知らない人とは接触しないようになっています。防犯ブザーが付いていたり、大事なところは子どもが勝手に登録変更できないように暗証番号が必要になっているなど、安全性の高いアイテムといえます。

子ども用の便利な機能

ドコモやソフトバンク、auなど複数の携帯電話のキャリア会社が子ども用携帯電話を取り扱っています。ここでは便利な機能についてご紹介します。

GPS

親のPCやスマホなどから子どもの現在位置情報がわかる機能です。

また、自宅に専用の機器を置き、子どもが帰宅したときに通知してくれるものや、親と一緒にいても設定した距離を離れると通知してくれる迷子予防機能に適したものもあります。シンプルに居場所だけを測り通知することに特化したGPSだけの機種もあります。

防犯ブザー

引っ張ると大音量のブザーが鳴るのとともに、ママ・パパに電話やメールで通知されます。

また、防犯ブザーを鳴らすとともに警備会社に通知されて警備員が駆けつけてくれるサービスや、その場では音は鳴らないようにし、親だけに通知できる機能もあるようです。

防水・防塵機能、腕時計タイプ

子どもが扱う物なので、落としたりぶつけた時の衝撃や、水や砂、ホコリなどをかぶってしまうなど、さまざまな状況に耐えられるようにつくられています。

最近は、腕時計のようにベルトで手首に着けられるタイプの携帯電話も発売されています。ぶらぶらと邪魔にならず、手に持たなくてもいいので便利ですね。

スピーカーフォンで通話

携帯を耳元に近づけなくても、着信とともに自動でスピーカーフォンで通話できる設定があります。

持たせるタイミングと注意点

子ども用携帯電話を持たせるのは、いつ頃からが良いのでしょうか。また気をつけたいことについて考えてみました。

タイミング

子ども用携帯電話を持たせようと考えるのは、ママが働き始めるときや、習い事にひとりで行かせるなど、子どもと離れることがきっかけで、安全のことを考えて持たせることが多いようです。

入学時(小学1年生)というタイミングが多いようですが。4歳ごろから持たせているママもいます。それぞれの家庭状況によってちがうようです。働くママにとっては、子どもと直接話せるという安心感があります。また、買い物など出かけたときに、一緒に行動していてもふと離れてしまうときなど、迷子防止にもなり、安心です。

注意点

気をつけたいことは、携帯を持ち込むことを禁止している学校は多いので、通学時に使いたい場合は事前に調べておきましょう。自転車や徒歩での移動時には、ストラップを付けて首にかける、または腕時計型などでとっさのときにすぐ使えるようにしたいですね。しかし、首にかけて遊んでいると遊具などに引っ掛けると危険なので、外して近くに置くように言っておいたほうがいいでしょう。

また、防犯ブザーや通話ボタンを知らないうちに押していた、引っ張っていたなどの誤操作も多いので、置き場所やカバンに入れる位置などを子どもとよく話し合っておきたいものです。

携帯があるからといって過信はできないので、特に小さいうちは、できるだけママやパパの目で直接見守りたいですね。筆者の知人の子は一時期、砂場ブームで携帯を砂場に埋めており、見かけたママ友が慌てて注意して掘り出したなんていう話も聞きました。子どもはどんなことをするかわからないものですね。

【体験談】子どもに携帯を持たせたら…

帰りが遅い時の連絡に

筆者の息子には、子ども用携帯電話を小学2年生の秋ごろに持たせました。習いごとの1つが自転車で15分ほどの場所にあり、しばらく送迎をしていたのですが徐々に同学年の友達が1人で通う姿が見られるようになってきました。息子も自転車の運転は安心できるレベルになったものの、何かあったら心配という思いから、1人で通わせることに踏み切れませんでした。

そんなとき、1人で通わせている子のママから「子ども用携帯電話を持たせた」という話を聞きました。私は持たせることに漠然と不安があったのですが、親が心配するような機能はないと教えてもらい、安心材料になるのならとすぐに携帯を持たせることにしました。

実際には、息子が外で遊ぶときに習いごとに間に合うようアラームをセットしたり、遊びに出かけて帰りが遅い時などの連絡に使用しています。やはり「何かあったときのための連絡ツール」として出かけるときの必需品となっています。

定型文を使ったメールのやりとり

ママ友のAさんは、自分のスマホの買い替えの時に特典として子ども用携帯電話が無料になるというタイミングで、4歳の娘に持たせたそうです。

でもやはり、保育園の時はほとんど使わなかったそうです。小学校にあがってからは「帰りました」「おなかすいた」などの定型文を使ってのメールのやりとりや、お迎えに行って入れ違いになってしまったときの連絡ツールとしてよく使うようになった、とのこと。やはり、使いこなせるようになるのは小学生以上なのかもしれませんね。

親子の安心ツール

子どもに子ども用携帯電話を持たせるきっかけは、主にママが働きに出るときや、1人で習い事に行くというような、親子が離れるタイミングが多いということがわかりましたね。防犯ブザーやGPSなど親と連携する機能が子どもを見守ってくれ、大人用の携帯のような心配する機能もないので、子ども用携帯電話は親子をつなぐ安心のツールなのではないでしょうか。

しつけの関連記事
カテゴリ一覧