子どもの“コトバ”を育てるために効果的なコミュニケーション

子どもの“コトバ”を育てるために効果的なコミュニケーション

1歳~3歳頃は言葉がどんどん発達する時期。「いろんな言葉を覚えてほしい」「豊かな語彙力を育てたい」と思うこともあるでしょう。子どもと楽しくコミュニケーションをとりながら、言葉を育てていくにはどうすればいいのでしょうか。

[PR] マテル・インターナショナル株式会社

赤ちゃんはコミュニケーションから言葉を覚える

現役保育士として働きながら、保育園のアドバイザーとしても活躍中のてぃ先生に、子どもが言葉を覚えるプロセスや、語彙が増えることで広がる可能性、また、楽しいコミュニケーションの中で言葉を覚えることができる、おもちゃについてもお話いただきました。

――赤ちゃんは、どのように言葉を覚えているのでしょうか。
言葉を教えなくても話せるようになるのは、いつも自分のそばにいるママやパパの会話や言葉を聞いて、自分なりに分析しているからなんです。

よく繰り返される言葉がだんだん意味と結びつき、真似することでおしゃべりできるようになっていきます。
――言葉の獲得は聞くこと(インプット)からはじまっているのですね。
でも、ただ音を聞かせればよいのかというと、そういうわけではありません。赤ちゃんはママやパパとの『コミュニケーション』を通して言葉を覚えるので、子どもの気持ちに寄り添って声をかけることが大切です。
――具体的に、どう声をかけたらよいでしょう。
たとえば、子どもとご飯を食べているときに『おいしいね』と言ったり、お散歩中に『このお花、きれいだね』と声をかけたり、子どもが興味のあるものを指差して『あっ!あっ!』と言った時に『くるまだね』『とりさんだね』と教えたり。

子どもといっしょに経験したこと、感じたことを言葉にしてあげると、自然と言葉が増えていくと思います。

いっしょに歌を歌ったり、おしゃべりも!仲間とリンクするおもちゃ「リンキマルズ」

――先ほど、言葉を覚えるキーワードは「コミュニケーション」というお話がありましたが、ここにある「リンキマルズ」は、動物たちとのコミュニケーションの中で、言葉を広げることができるおもちゃなんです。

ご利用のブラウザはiframeに対応していないため動画を表示できません。

動画をご覧になりたい場合にはhttps://youtu.be/VCRvdekcu9oにアクセスしてください。

1
昨年90周年を迎えたアメリカ生まれのベビー・プリスクールのおもちゃブランド科「フィッシャープライス」。英語を学べる知育玩具で有名ですが、「リンキマルズ」は商品同士をリンク(連動)させることで、英語はもちろんコミュニケーションの楽しさも学ぶことができる知育玩具です。
『アニマルズ』が『リンク』するから『リンキマルズ』なんですね。かわいい…!リンク(連動)して遊べるって新しい発想ですね。
2
アルファベットや数字、反対語を日本語と英語の楽しい歌で学べる「リンキマルズ ナマケモノ」。ナマケモノのおしゃべりを聞いて動きを真似するまねっこゲームで、体を動かして遊ぶことも!
いち、に、さん、One、Two、Three、と日本語のあとに英語を言ってくれるから、『いち』=『One』なのかな?というように、子どもも日本語と英語が紐づけやすいと思います。
3
愉快なメロディに合わせて、数え方や形を日本語と英語で学べる「リンキマルズ パンダ」。おともだちに親切にする言葉をパンダと遊んで学べたり、ぬいぐるみとしてもキュート!
『きみの好きな色は?』だって…!コミュニケーションがとれるの楽しいですね。こうやって言葉を引き出してくれると、どんどん覚えたくなりそう。
4
2021年9月に新登場の「リンキマルズ ペンギン」。クールなビートに合わせてフリフリとダンスをします。
5
「リンキマルズ ウミガメ」は、今年の夏に登場したリンキマルズの新しい仲間!こうらの真ん中にあるボタンを押すと前に進んで、はいはいを促します。「ABC」ボタンを押すと、日本語と英語で1から10までを数え、単語を教えてくれます!
6
リンキマルズは1つでも遊べますが、仲間が2つ以上集まる楽しさがパワーアップ!一匹がおしゃべりを始めると他の動物もリンク(連動)して、おしゃべりしたり一緒に歌ったり合唱したり。遊びがぐんっと広がります。

保育士の85%以上が推奨!リンクして遊びと学びを盛り上げる「リンキマルズ」

6
バイリンガル リンキマルズシリーズは、保育士・幼稚園教諭101名に対するアンケート調査で、85%が子育て中のママ・パパに「ぜひ勧めたい」「勧めたい」と回答し、保育士認定を取得。

※保育士認定とは?
企業が持つ既存の商品・サービスを「保育士バンク!」に登録する保育士が客観的に評価する調査を実施。調査結果が一定の基準を満たした場合に認定されるものとしています。

保育士・幼稚園教諭からのコメント

「視覚や聴覚を使いながら、インタラクティブに学ぶことができる」

「仲間を集めるとリンクし合うという点がおもしろく、子どもも大人も楽しく集められると思う。新しい発見が次の発達に進む手助けになると思う」

「おもちゃが話し合うという動きが子どもの聴覚を刺激し、言葉をたくさん発したいという気持ちを促す効果があると思う」

「組み合わせの発想が、今まで見た玩具には無く、面白い。これだけ遊び方の幅があれば、長い期間使える」

「子供の色彩感覚と五感の発達に良さそう 」

「遊びの中で英語に触れることで、リスニング能力が自然と身についたり、英語に興味を持つきっかけになりそう」

コミュニケーションの楽しさを学びながら、言葉や運動能力の発達もサポートしてくれる、今までにないリンクするおもちゃ「リンキマルズ」ぜひチェックしてみてくださいね。
リンクして遊びと学びを盛り上げる!
「バイリンガル リンキマルズ」

2021年09月15日

関連記事

  • 空前の「性教育」ブームといわれる昨今。でも実際子どもに「性」のこと、「からだを大切にすること」の意味を教えるのは簡単ではありません。そこで、漫画家のツルリンゴスターさんが元保健室の先生で性教育講師であるにじいろさんに、性教育に関する率直な疑問をぶつけたレポート漫画、前編です!

    ツルリンゴスター

  • ひとりひとりの個性を尊重し、身体・心・頭をバランスよく育てることを大切にしているシュタイナー教育。この教育法で用いられるおもちゃは、一般的なおもちゃとは少し違うようです。どのような種類のおもちゃがあり、特徴や遊び方はどう違うのか。また、シュタイナーのおもちゃを取り入れた保護者の体験談などを紹介します

  • 集中力は、勉強だけではなく、スポーツや将来的には仕事をしていくうえで、欠かせない能力です。元々集中力が高い子もいるかもしれませんが、環境を整えたり生活の中で少し工夫をすることで、高めることもできるようです。今回は集中力がない原因や遊びを通して集中力を育てる方法などを紹介します。

  • 「語彙力」が高いとは、多くの言葉を知っている状態を連想しますが、実はそれだけではなく、知っている言葉を適切に使う力も含まれている言葉です。よく本を読む人は語彙力が高いイメージがありますが、その他にも語彙力を高める方法はあるのでしょうか。また、語彙力が高いとどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • 近年よく耳にするSDGs。未来を担う子どもたちも、学校などにおいてこのテーマに触れる機会が増えることが考えられます。そこで、KIDSNA fo KIDSAシリーズにて、書籍『数字でわかる!こどもSDGs』を原作にアニメ動画を制作。数字が伝える世界の現実をご紹介します。

  • KIDSNA編集部が選ぶ、子育てや教育に関する話題の最新書籍。今ある職業の大半がAIやロボットに代替されるといわれて10年近くがたちました。実際、なくなりつつある仕事がある一方で、新たな仕事も数多く生まれてきています。今回は、『今ない仕事図鑑100』『今ない仕事図鑑ハイパー』(講談社)から、今ない仕事を生み出した日人たちへのインタビューを一部抜粋・再構成してお届けします。

  • 私たちにとって、お金と関わりを持たずに生活することは避けられません。生活スキルとして欠かせない「金融リテラシー」を子どもに身につけてもらうために、保護者はどのようなことができるでしょう。金融リテラシー・マップを使った子どもへの伝え方や、金融リテラシークイズ、保護者の体験談をご紹介します。

  • スマホやタブレットが普及した昨今、予期せぬタイミングで子どもが性について触れてしまうこともあります。では、子どもの性教育は何歳からはじめるのが適切なのでしょうか。性教育のスタートについて日本と世界の基準を比較。実際に、性教育を実施している保育園を訪れ、幼児期からの性教育の必要性について伺いました。

  • 知りたいことに対してまっすぐな好奇心を持つ子ども。一方で、友だち関係や思春期の悩みを持つ子どももいるかもしれません。今回は、好奇心を刺激する図鑑から、さまざまな悩みへのアドバイスを伝える実用書まで、子どもたちに寄り添う書籍をピックアップ。新しい一年の始まり、我が子に贈る1冊を見つけてみてはいかがでしょうか。

  • さまざまな育児書や教育本が発売されているなか、どれを選べばよいか迷うという方もいるかもしれません。そこで今回は、昨年発売の教育・子育てに関する書籍を厳選してご紹介。共感必至の子育てエッセイから、保護者のための性教育の教科書、男性育休に切り込んだ1冊まで、幅広いジャンルの話題の書籍をまとめました。

  • 昨今、重要性が叫ばれている家庭での性教育。子どもが疑問を持ち始めた頃が始めどきとはいえ、保護者自身も学校で十分に教わっていないことから、どう教えたらよいか悩む方も多くいるのではないでしょうか。幼児期に性教育が必要な理由から子どもへの性の伝え方、性犯罪から子どもを守る防犯対策までをまとめました。

  • 1990年代後半に生まれ、スマートフォンやSNSが当たり前にある中で育ったソーシャルネイティブである「Z世代」。今回は、そんな多方面で活躍するZ世代の10人へ、これまでに取材した記事をまとめました。彼らが育ってきた環境やマインドセットから、我が子への接し方や子育てのヒントを見つけてみては。

カテゴリ一覧