出産時の親の立会いについて。気をつけることやよかったこと

出産時の親の立会いについて。気をつけることやよかったこと

立会い出産についてのママたちの体験談

立会い出産を親に頼みたいときに、何か注意点はあるか気になるママもいるかもしれません。立ち会うのが実父母か義父母かによって安心感が異なる場合もあるでしょう。今回は、立会い出産の経験はあるかや、立会い出産を親に頼みたいときに気をつけること、親に立ち会ってもらってよかったことを体験談を交えてご紹介します。

立会い出産をしたことはある?

妊婦さん
Syda Productions/Shutterstock.com
立会い出産とは、家族がママの陣痛につき添ったり、いっしょに分娩室に入って出産に立ち会うことです。
 
初めての出産のときは特に、ママ1人だと心細く感じ、身近な人に側にいてほしいと思うかもしれません。
 
立会い出産の経験はあるかママたちに聞いてみました。
20代ママ
出産のときは、実母とパパに立ち会ってもらいました。
30代ママ
パパの強い希望があり、私も赤ちゃんとの貴重な初体面を共有したかったので、パパに立ち会ってもらいました。
30代ママ
里帰り出産でしたが、親の立会いはなく、パパも間に合いませんでした。立会いがあると甘えてしまうと思うので、結果的によかったかなと思っています。
30代ママ
里帰り出産で、実父母に立ち会ってもらいました。途中から実姉も加わり、家族総出で陣痛のいきみ逃しにつき合ってくれました。赤ちゃんが生まれるときは、あとから来たパパだけに立ち会ってもらいました。
実父母や実姉、パパに立ち会ってもらったというママの声がありました。
 
同じ女性であり、出産も経験している母親の立会いは心強そうですね。
 
他にも、お産に集中したいので立会いは不要という考えのママや、親でも異性である実父や気を遣う義父母の立会いには抵抗を感じるママもいるようです。
 
立会いが必要かどうかや、誰が立会うかについては、リラックスして出産にのぞむためにも、ママの気持ちや体調を優先して決められるとよいですね。

立会い出産を親に頼みたいときに気をつけること

赤ちゃん
qingqing/Shutterstock.com
初めての出産や立会いでは、どのような行動をとるとよいか迷うこともあるでしょう。立会い出産を親に頼みたいときに気をつけることについて、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

立会いについての病院の規則を確認する

30代ママ
逆子が治らず帝王切開になる場合は、立会い出産はできないと先生から聞きました。
30代ママ
病院のルールで、立会いが許されるのはパパのみでした。
30代ママ
母親に立ち会ってほしかったですが、病院で親の立会いは禁止されていました。そのため、出産のときは待合室で母親が待っていてくれました。
帝王切開の場合は、出産に立ち会えないことがあるようです。自然分娩の場合は、一般的に立会えるケースが多いかもしれません。
 
また、病院によっては、立会える人や人数が限られている場合もあるようです。
 
出産する病院を決めるときに、親の立ち合いが可能かどうか調べておくと安心でしょう。

陣痛が長引くときは休憩してもらう

30代ママ
陣痛室に入ってから分娩台へあがるまでに、半日程かかりました。
30代ママ
立ち会う人が休むための、ゆったりしたソファがある病院を選びました。
陣痛が長引き、分娩台までなかなか移動できない場合もあるようです。
 
親が年配の場合は特に、徹夜などで無理をして体調を崩さないよう、休めるときに休憩してもらうとよいかもしれません。病院に寝泊まりできる準備もしておくと安心でしょう。

遠方の場合は早めに来てもらうか里帰り出産にする

新幹線
Aleksandar Todorovic/Shutterstock.com
30代ママ
破水してから遠方の親へ連絡しました。病院に実母が到着したのは、出産してから数時間後でした。
20代ママ
出産する日の朝から母親が来てくれて、立ち会ってもらいました。
親が遠方に住んでいる場合は、破水や陣痛が来てから連絡をしても、出産の立会いに間に合わないかもしれません。
 
出産予定日前や当日の朝など、早めのタイミングで来てもらうと余裕をもてるでしょう。また、里帰り出産をして実家にいれば、間に合わないということは避けられるかもしれません。
 
親が自宅に泊まったり、里帰りでママが家にいないと、パパが大変に感じることもあるので、きちんとパパと相談をしてから決めるとよいでしょう。

出産のときに親の立会いがあってよかったこと

出産のときに親の立会いがあってよかったことについてママたちに聞いてみました。
20代ママ
私は初めての陣痛であたふたしていたのですが、立ち会ってくれた母親が出産経験を活かして、とても強力な助っ人になってくれたので安心できました。
20代ママ
母親が、何も言わなくてもあおいでくれたり、いきみたくなればボールでおしりを押してくれたり体をさすってくれて、とても心強かったです。
30代ママ
実父母が、腰をさすったり汗を拭いたりしてくれました。サポートする側も体力勝負なので、とてもありがたかったです。
親の立会いがあって、とてもありがたかったという声がありました。
 
親や家族が必死に応援してくれると、ママも大変な出産を頑張って乗り越えられそうですね。

親が出産に立ち会うときは無理のないように考えよう

家族
Monkey Business Images/Shutterstock.com
今回は、体験談をまじえながら、立会い出産をしたことはあるかや、親に立会いを頼むときに気をつけること、親に立会ってもらってよかったことをご紹介しました。
 
父母、義父母など親が立会うかどうかについては、ママの希望や病院の規則などによって変わるようです。
 
親が立ち会うときは、陣痛から分娩までの間に休憩をとったり、遠方に住んでいる場合は時間に余裕をもって移動してもらうなど、無理なく立ち会いができるように考えましょう。
 
親や家族に見守られながら、無事に出産を迎えられるとよいですね。

2020年01月09日

専門家のコメント
14
    いちぽ先生 保育士
    病院によっては、パパ以外は立ち会えないところもありますよね。
    実母には立ち会ってもらいませんでしたが、産んだ経験があるので的確なサポートをしてくれそうですよね!
    すみっこ先生 保育士
    今は立ち会い出産した方が良かったのかなぁと思うこともありますが、当時は「分娩室には一人で行くから!」と頑なに拒否をしていました。初めてのお産で自分自身がどうなるのか見当もつかなかったので…😂💦 主人は間に合わなかったのですが、実母が廊下で待っていてくれました。それだけで心強かったです。分娩室では助産師さんと先生が居てくれるので不安はなく(それどころではなく😂)、プロにお任せする!と安心感もありました。
    あーちん先生 保育士
    里帰り出産で、夫が間に合わない時は実母に立ち会ってもらう予定でしたが、結局2人に立ち会ってもらいました。
    結果、母もいてよかったと思います!バースプランをたてると思うので、自分の理想があれば産院にお願いできると思います!
    めるちゃん先生 保育士
    1人目は里帰り出産で、旦那さんが間に合わなかったので、母に立会いしてもらいました。2人めは里帰りをしなかったので、1人目の時と違う病院だったのですが、2人めの病院は、旦那さん以外は立会いできなかったです。
    せおみ先生 保育士
    私の産院は夫の立ち会いしかしていないところでした。夫は立ち会いは希望しなかったので、1人で出産しました。
    でも、廊下で夫と実母と姉妹達も待っていてくれました。長い陣痛の時には母と夫のと交代で助けてくれていました。3人目の出産の時は、廊下きら姉妹達のもうすぐだね。楽しみだね。と言う会話が聞こえてくるのでとても励みになりました。
    あゆみ先生 保育士
    主人が立ち会う予定ですが、雑誌で出産経験のある母の立ち会いはだいぶ心強いと読みました。陣痛の間も、的確なサポートをしてもらえそうですよね。母の立ち会い予定はないですが、検討してみようかな♪
    ぷん先生 保育士
    両親には経過も落ち着いた頃、義両親の訪問時期に合わせて病院に来てもらいました。というのも、初めてのお産で自分がどんな状態になるか分からず😂でも、お産のときには誰か一人だけは側にいて欲しくて夫のみの立ち会い出産を選びました。お産を経験して、夫が静かに励ましたり見守ってくれ夫のみの立ち会い出産にして良かったなと思いました(^^)
    いちご先生 保育士
    私は2人とも帝王切開だったので、立ち会うことは出来ませんでした。出産の時って、とっても不安だから立ち会ってくれる人がいて、そばに居るだけでもきっと安心しますよね。
    夫や親はよく聞きますが、私は子どもに立ち会い出産経験させてあげたかったです。賛否はあると思いますが、命はこうやって生まれてくるんだよ。命が生まれるってすごいことなんだよ。って立ち会うことで子どもに教えてあげたかったです。
    ゆり先生 保育士
    主人に立ち会ってもらいました、我が家のときはもう10年以上前ですが、へその緒をパパに切らせてもらえたので、いい思い出ですが、最近は周りに聞いても、え?!へその緒を切らせてもらえたの?!とよく驚かれます。。。昔だったからかな?
    立ち会ってもらって、よかったかどうかは、わからないけれど、我が子誕生のときを見てもらえたのはよかったかなと思います。。。
    すー先生 保育士
    陣痛の時は母が飲み物を飲ませてくれたり、必要な物を買ってきてくれたりしました。そのおかげで主人は私のマッサージに専念できました。出産の立会いは主人のみにお願いし、父母、義父母は廊下や待合室で待っててもらいました。
    ひよひよ先生 保育士
    私は、夫しか立ち会えない病院でした。
    正直夫は立ち会いを希望していたわけじゃありませんが、私は立ち会った友達からいてくれてよかったと聞いたので、立ち会ってもらいました。
    夫も、立ち会う前は、血を見たら俺が倒れるなんて言ってましたが、実際は飲み物を飲ませてもらったり、そばにいてくれて安心し、支えてくれて助かりました。
    なこ先生 保育士
    親の立ち合いはしないと産前に決めていました。産まれてから連絡をしてすぐに会いに来てくれましたが。
    家庭によってはその辺りも話しておかないと結構バタバタするので大変かもしれませんね。
    きらり先生 保育士
    私が出産した病院はお父さんしか立ち会いができない病院でした。私は二人とも陣痛の時から主人のみそばにいてもらいました。私が出産したときは、誰よりも助産師さんがそばにいてくださるのが心強かったので、私は主人だけで十分でした☆
    べこな先生 保育士
    夫と実母に立ち合ってもらいました。母子家庭なので母一人で私と弟を育ててくれ、どんな時でも理解者であり味方でいてくれた母でした。夫が
    人生の節目には立会ってもらおうと、母の立会いを提案してくれました。私は照れ臭くて、戸惑いましたが一緒に家族を迎えられて最高の瞬間でした。
おすすめユーザーのコメント
2
    naa
    パパ以外の家族に立ち会ってもらう人は結構多いんですね。うらやましいです。
    sh
    母に立ち会って欲しかったのですが病院がパパ以外立ち会えないところでした。今思い出しても立ち会ってもらえたら心強かったと思います。

兆候・分娩の関連記事

カテゴリ一覧