子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

みんなの出産エピソード。初産のときの体験や旦那の面白い反応など

みんなの出産エピソード。初産のときの体験や旦那の面白い反応など

他のママやパパたちの出産の様子について知りたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、出産時の旦那さんの笑えるエピソードや面白いエピソード、初産でのエピソードなどをまとめてご紹介します。

みんなの出産エピソード

出産は、ママにとってはもちろん、家族みんなにとっても大きな思い出の一つですよね。初産の場合はすべてがはじめての経験で、とても強い印象として残っているということもあるようです。経産婦のママは、何度お産を経験してもそれぞれ違う思い入れがあると話をしてくれました。

ママ自身や立ち会った旦那さんが、出産当日に必死になっていたことも、振りかえってみると面白い、笑えるエピソードだったりするかもしれません。みんなの出産エピソードについてまとめてみました。

出産時の面白いエピソード

出産時、赤ちゃんを産むために一生懸命がんばっていたママたちには、さまざまなエピソードがあったようです。今だから笑える、面白いエピソードをママたちに聞いてみました。

いきみすぎてベッドを壊した

出産分娩室
iStock.com/fotokon

「力いっぱいいきんでと助産師さんに言われてその通りにしたら、ベッドの柵を蹴って壊してしまいました。すぐに直せる程度でしたが、申し訳なかったなと思いつつ、思い返すと笑ってしまいます」(30代ママ)

陣痛の痛みからか、普段からは考えられないパワーを出してしまうこともあるのかもしれません。旦那さんの腕をつかみながらいきんだため、腕に爪あとを作ってしまったというママもいるようです。

大絶叫でガラガラ声に

「陣痛が痛くてずっと絶叫していたので、産んだあと声が枯れていました。旦那がねぎらってかけてくれた言葉に返事しようとしたけど、私の声がガラガラでろくに答えられず、旦那も笑っていました」(30代ママ)

陣痛中の痛みで絶叫するママもいるようです。ママがずっとうなり声をだしていて怖かったというパパの声もありました。普段のママと違う姿にパパも驚いてしまうこともあるかもしれませんね。

腹痛と陣痛を勘違い

「お腹が痛いなと思ってトイレにこもったりしていました。しばらくしてから、もしかして陣痛かなと気がつきました。旦那さんに言ったら、『腹痛と陣痛って間違えるものなの?』と笑われてしまいました」(30代ママ)

初産のママの中には陣痛と腹痛の違いがわからないこともあるかもしれませんね。陣痛の痛みは昔からさまざまに表現されますが、一度経験してみないことにはわかりにくいということもあるようです。

旦那の笑えるエピソード

出産に立ち会ったときの旦那さんの反応も、振り返ってみると面白いということもあるようです。出産時の旦那さんの笑えるエピソードについてママたちに聞いてみました。

旦那がオロオロ

「私が痛みに耐えてうなっているだけだったので、旦那はどう対処してよいかわからずにオロオロしていました。あまりにオロオロしていたのでつい『外で待ってて』と怒ってしまいました。今では笑えるエピソードです」(30代ママ)

初産の場合はパパも初めての経験でどうしてあげるのがよいかわからずに戸惑ってしまうこともあるようです。ママがつらそうなのを見て、旦那さんも具合が悪くなってしまったというママの声もありました。

手を握ってほしいのにおやつをくれる旦那

「旦那さんに手を握ってもらおうと手を伸ばしたら、自分が食べていたおやつを渡してきました。そのときは『違うよ』と手を振り払いましたが、今思い返しても面白いエピソードです」(30代ママ)

ママがしてほしいこととはまったく違うことを旦那さんがしてくれたということもあるようです。ママが陣痛でつらくて話ができないからこそのすれ違いで、時間がたって振り返ってみると面白く感じられますね。

ビデオがちゃんと撮れていなかった

ビデオカメラ
iStock.com/gilotyna

「初産のときに、旦那に出産の様子を撮影してもらったのですが、旦那もパニックになったのか、あとで見たら全然録画できていませんでした。せっかくの記念だったのにと怒りましたが、私自身も大きな声で叫んでいたので録画できてなくてよかったのかもと思いました」(30代ママ)

初めての出産、初めての立ち会いであれば、パニックになって録画ボタンが押せていなかったということもあるかもしれませんね。あとあとビデオを見返してみたときに撮れていないことが発覚して、夫婦げんかになったというエピソードを聞かせてくれたママもいました。

出産時の感動エピソード

一つの命が誕生するということ自体が大きな感動ですが、それを見守る家族とのやりとりのなかでも感動が起こるようです。出産時の感動したエピソードをママたちに聞いてみました。

両家の母が抱き合って喜んだ

「生まれた瞬間、両家の母が抱き合って喜んでいたと後から聞いたときに、嬉しくてうるっときてしまいました」(30代ママ)

両家の父や母がいっしょになって喜んでくれる姿は、ママやパパにとっては感動的な場面となりそうです。両家の父同士が固く握手している様子を見て、胸が熱くなったというママの声もありました。

立ち会った子どもから一言

「出産に立ち会った上の子は、私の様子を見て驚いていたものの、『ママがんばれ』と応援してくれ、出産後には『ママがんばったね、赤ちゃんかわいいね』と喜んでくれました。嬉しくて涙が止まりませんでした」(30代ママ)

上の子から励まされたり、出産後にねぎらいの言葉をかけてもらえたら、それだけで嬉しくて涙がとまらなくなってしまいそうです。立ち会った子どももママのがんばる姿を見て、お兄ちゃんお姉ちゃんとしての自覚が芽生えてくるのかもしれませんね。

出産エピソードはママによってさまざま

保育器の赤ちゃんとママ
iStock.com/monzenmachi

出産にまつわるエピソードをまとめてみると、家庭によってさまざまあるようです。初産で不安だったり、旦那さんに怒ってしまったりしたことでも、振り返ってみると面白いと感じたり、笑えるエピソードになっていたりするのかもしれません。出産のエピソードを、いつか子どもにも伝えてあげられるとよいですね。

2018年10月05日

準備の関連記事
カテゴリ一覧