出産入院時にあると便利なもの。便利なアイテムとよかった理由

出産入院時にあると便利なもの。便利なアイテムとよかった理由

出産の場面別の便利アイテムをご紹介

出産の入院時にあると便利なものが知りたいママやパパがいるかもしれません。便利アイテムを使う場面や役に立つ理由が気になる場合もあるでしょう。今回は、ママたちが出産に向けて用意したいものや気になること、場面別の便利アイテムを体験談を交えてご紹介します。

出産であると便利なものを知りたい

入院
iStock.com/Yagi-Studio

出産の入院時にあると便利なものにはどのようなものがあるのでしょうか。出産時に用意したいものについてママたちに聞きました。

30代ママ
育児雑誌で調べてストローキャップは、入院中に便利そうだと思いました。100円均一でもいくつか種類があるのを見かけきになりました。
20代ママ
陣痛のいきみのがしにゴルフボールがあると便利だと聞いたことがあり、使い方が知りたいです。実際に陣痛中にゴルフボールを使っている人がどれくらいいるのかも気になります。
20代ママ
おすすめの骨盤ベルトやいつから使ってよいのかが知りたいです。ベルトの巻き方が簡単だとよいなと思います。
20代ママ
着圧ソックスは、産後すぐに必要か気になります。

ママのなかには、出産の入院準備で用意しておくとよいおすすめの便利アイテムや使い方などが気になるという声がありました。おすすめの便利アイテムにはどのようなものがあるのでしょうか。

【入院時】便利アイテム

入院時の便利アイテムをご紹介します。

スマートフォン

スマートフォン
iStock.com/September15
20代ママ
初めての出産に緊張していたので、スマートフォンでSNSを見たり、写真を見るなどして気分を落ち着かせていました。
20代ママ
本格的な陣痛が始まる前までは、病室でスマートフォンを触っていました。出産についての情報を復習したり、音楽を聞いたりと便利でした。

スマートフォンは、家族や友人と連絡が取れたり、気になったことがすぐに調べられるので気分転換などに使う機会が多いかもしれません。

入退院時に書類作成や手続きなどで調べものが必要な場合もあるでしょう。音楽を聞いたり、写真を見たりと出産前にリラックスしたいときにもあると便利そうです。

イヤホン

30代ママ
イヤホンは、音楽を聴くときに役立ちました。
20代ママ
入院して緊張のあまりに落ち着かないとき、イヤホンで音楽を聴いていました。周囲を気にせずに好きなタイミングで聞けるので便利でした。

イヤホンがあると便利だという声がありました。入院して出産を控えているとき、緊張や不安を感じることがあるかもしれません。音楽を聴くとリラックスできる場合もあるでしょう。

特に、病室が大部屋だと周囲への配慮が必要なため持っていくとよさそうです。

【陣痛・出産】便利アイテム

陣痛・出産時に便利なアイテムをご紹介します。

ストローペットボトルキャップ

30代ママ
ストローキャップは、寝たきりでも飲みやすく便利だと思いました。

陣痛中は、座る体勢がつらいときがあるかもしれません。ストローペットボトルキャップをペットボトルにつけると、横になった姿勢で水分を飲みやすいようです。こまめな水分補給が必要になる陣痛中にあると便利でしょう。

陣痛アプリ

20代ママ
『間隔が短くなったらナースコールを押して』と看護師に言われたときに陣痛アプリが便利でした。痛みをこらえるのに必死でアプリがなかったら自分では間隔がわからなかったと思います。

陣痛中、自分で陣痛の間隔を計るように言われる場合もあるでしょう。陣痛アプリは、画面上のボタンを押すだけで陣痛の間隔を記録できるものもあるようです。簡単に記録ができるので役に立ちそうですね。

うちわ

20代ママ
陣痛中は、とにかく汗をかいたので家族にうちわであおいでもらいました。涼しい風が気持ちよかったです。

うちわがあると便利だと言うママがいました。体が熱くなったり、汗をかいたりして体温調節しずらいことがあるかもしれません。

家族などにうちわであおいでもらうと涼しくてリラックスできるのではないでしょうか。

リップクリーム

20代ママ
陣痛をこらえるときに唇がカサカサになりました。唇が切れないようにこまめにリップクリームを塗っていました。

長時間の陣痛を乗り越えるとき、唇が乾燥することもあるでしょう。リップクリームで保湿して、唇を切らないようにしましょう。陣痛中は、片手で塗れるスティックタイプが便利かもしれませんね。

円座クッション

30代ママ
出産後、痛みが和らぐので円座クッションが役立ちました。


円座クッションは、出産後に痛みがあるときに役立ちそうですね。素材のやわらかさや安定感など、好みのものを用意するとよいでしょう。円座クッションを授乳クッションやバスタオルで代用することもできるようです。

【退院時・退院後】便利アイテム

退院時・退院後に役に立った便利アイテムをご紹介します。

おくるみ

20代ママ
退院日に赤ちゃんを抱っこして移動するときに赤ちゃんを包むのにおくるみを使いました。

赤ちゃんを抱っこして移動するときにおくるみがあると便利なようです。直射日光や外気などに赤ちゃんをできるだけ触れさせないようにするとよいかもしれません。

退院後、赤ちゃんを寝かしつけるときや落ち着かせるときにも役立ちそうですね。

授乳服・カップ入りインナー

20代ママ
退院後、授乳しやすい服やカップ入りのキャミソールが便利でした。

退院後、授乳しやすい服や肌着があると便利でしょう。授乳間隔が短い時期は、好みのデザインの授乳服でおしゃれを楽しむのもよさそうですね。

着圧ソックス

20代ママ
出産後、足がむくみました。着圧ソックスを履いて、足を高く上げて横になるとむくみがよくなり便利でした。退院してからも欠かさずに履いていました。

人によっては、出産後に手足のむくみを感じることもあるでしょう。着圧ソックスのしめつけが血行促進につながり、むくみによいかもしれません。

着圧ソックスには、さまざまな種類があるので自分に合うものを見つけましょう。

便利アイテムを取り入れて出産準備しよう

おくるみ
iStock.com/atoshi-K

出産時にあると便利なアイテムがたくさんあるようです。ママたちが出産時に必要なアイテムを選ぶとき、さまざまな便利ポイントに注目していました。

出産の入院準備をするとき、体験談を参考にして便利アイテムを用意してみてはいかがでしょうか。

2020年03月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

準備の関連記事

カテゴリ一覧