出産準備で必要な服とは。赤ちゃんの服の種類・枚数・サイズ

出産準備で必要な服とは。赤ちゃんの服の種類・枚数・サイズ

出産準備で赤ちゃんの服を選ぶポイント

出産準備では、赤ちゃんの服をどのように用意すればよいのでしょう。服が何枚必要か、種類やサイズについて知りたいママやパパがいるかもしれません。今回は、出産準備で用意する赤ちゃんの服の種類、枚数やサイズ、服を用意するときのポイントをママたちの体験談を交えてご紹介します。

出産準備で必要な赤ちゃんの服

ベビー服
iStock.com/Sergey Nazarov

出産準備で赤ちゃんにどのような服を用意すればよいか知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。出産準備で必要なベビー服についてママたちに聞きました。

30代ママ
肌着はスナップボタンと紐のどちらがよいか知りたいです。
30代ママ
会社の先輩からサイズアウトした赤ちゃんの服のお下がりをもらいました。
30代ママ
どのようなタイプのベビー服がオムツ替えや着替えをしやすいか知りたいです。
20代ママ
大きめのサイズを買うのは出産してからでよいか迷っています。
20代ママ
出産準備で必要な服の種類が気になります。何枚くらい用意すればよいのか知りたいです。

出産準備で赤ちゃんの服を用意するとき、服の種類だけでなく、着替えのしやすいベビー服が知りたいというママがいました。他にも、服の枚数やサイズなどママたちはさまざまなことが気になっているようです。出産後に慌てないように、余裕を持って出産準備できたらよいですね。

ママたちは出産準備で赤ちゃんの服をどのように用意しているのでしょうか。

出産準備で用意する服の種類

出産準備で用意する服の種類をママたちの体験談を交えてご紹介します。

肌着

30代ママ
春生まれだったので、短肌着、長肌着を用意しました。
20代ママ
赤ちゃんの肌着は、短肌着とコンビ肌着の2種類を準備しました。

肌着は、赤ちゃんの肌を守ったり、汗を吸ったりと下着の役割をする服です。短い丈の短肌着、股下までの丈の長肌着、股下までの丈でスナップでとめられるコンビ肌着があるようです。

赤ちゃんの様子や成長に合わせて着せられるよう、いくつか種類を揃えておくとよいかもしれません。

ベビー服

20代ママ
出産準備では、新生児サイズのツーウェイオールを用意しました。カバーオールは、出産後に買い足しました。
20代ママ
お祝いでもいただくという声を聞いて、ツーウェイオール、プレオールを4枚ずつ準備しました。

ベビー服は、肌着の上に重ねて着せます。ツーウェイオールは、スカートのように着るドレスオールと股下のスナップをとめてズボンのように着るカバーオールの両方の着方ができるようです。

プレオールは、裾が絞られておらず、M字型で小さい赤ちゃんの足の形にフィットしやすいでしょう。

ロンパースは、足が覆われておらず、肌着として着ることもあるようです。さまざまなデザインがあるので、機能面に注目して選ぶとよさそうです。

セレモニードレス

20代ママ
男の子だったので、白いタキシード風のセレモニードレスを用意しました。退院時やお宮参りで着て、記念になりよかったです。
20代ママ
退院日に記念写真を撮ろうと思っていたので、セレモニードレスを肌着などと同じタイミングで購入しました。

セレモニードレスは、退院する際やお宮参りなどで着る赤ちゃんの晴れ着です。白を基調としたデザインが多く、さまざまな種類があるようです。素敵な思い出になるセレモニードレスは、1着用意しておくとよいかもしれませんね。

出産準備で用意した服の枚数やサイズ

出産準備で用意する服の枚数やサイズが気になる人がいるかもしれません。服の枚数やサイズの揃え方をママたちに聞きました。

30代ママ
種類は、短肌着、長肌着、ツーウェイオール、アウター用のケープを用意しました。枚数は、肌着各5枚、ツーウェイオール4枚、アウター1枚です。サイズは、60~70を買いました。
20代ママ
短肌着、コンビ肌着、ツーウェイオール、セレモニードレスを用意しました。肌着類は5枚ずつ、ツーウェイオールは4枚くらいです。サイズは、肌着が50、ツーウェイオールは、50~60のサイズを買いました。

肌着やベビー服など出産準備で用意する服の種類によって、用意する枚数やサイズは異なるようです。赤ちゃんの服は、ミルクや母乳の吐きもどしなどで汚れやすいので、多めに用意するとよいかもしれません。

出産準備で用意する服のサイズは、50~70で用意する人がいました。いくつかのサイズを揃えておくと、成長に合わせて着ることができそうですね。

出産準備で服を用意するときのポイント

ベビー服
iStock.com/Satoshi-K

出産準備で服を用意するとき、どのようなポイントを意識すればよいのでしょうか。

肌にやさしい素材を選ぶ

30代ママ
赤ちゃんの肌にやさしいオーガニックの素材の服を選びました。
20代ママ
肌着を買うときは、綿100%を選びました。
20代ママ
日本製の肌にやさしそうな素材で、縫い目が外側にあるかを意識して選びました。

赤ちゃんの服は、肌にやさしいものを選ぶママがいました。肌に直接触れる肌着選びでは、素材や縫い目の位置に気をつけましょう。肌触りのよさに加えて、吸汗性や通気性に注目するのも大切なポイントかもしれません。

枚数を多めに用意する

30代ママ
枚数を多めに用意した方が洗濯がたまっても困らないと思います。
30代ママ
お下がりでもらった服に加えて、肌着セットも購入しました。できるだけ多くの枚数を準備しておくと、慌てることが少ないかもしれません。

赤ちゃんの服は洗い替えのことを考えておくのも大切なようです。よだれや授乳後の吐きもどし、オムツの漏れなどから服が汚れてしまうことが多いのではないでしょうか。

予備として何枚か多めに用意しておくと洗濯が間に合わない心配もなくなりそうです。

季節に合わせる

20代ママ
冬の出産だったので、肌着とあたたかい素材の服を用意していました。
20代ママ
インターネットや雑誌などを参考にして、出産時期の季節に合わせた着せ方ができるように服を準備しました。

出産季節を考えながら赤ちゃんの服を選ぶという声がありました。春や冬など気候に応じて、生地の厚さ、機能性を意識して服を用意するとよいでしょう。

冬や寒さの残る春先に出産する場合、保温性のある素材の服を選ぶと温かくすごせそうですね。

余裕を持って出産準備をしよう

ベビー服
iStock.com/SACheckley

出産準備で赤ちゃんの服を用意するときは、肌着やベビー服、ベビードレスなどの種類をチェックするとよいでしょう。

春や冬など出産時期に合わせた素材を選ぶだけでなく、洗い替えのことを考えて枚数を考えるとよいかもしれません。

サイズのことも考えながら、余裕を持って出産準備ができるとよいですね。

2020年01月15日

専門家のコメント
17
    りお先生 保育士
    服は後で使いやすいものを買い足せばいいと思うので、最低限の準備でいいと思います。

    季節にもよりますが、サイズ50ー60の短肌着4着、カバーオール4着をとりあえず準備して、吐きこぼしの多い子なら買い足す、ほとんど服を汚すことがないようなら4着で、あとはお出かけ着を買い足す等、臨機応変に対応すれば良いと思います。

    あと、実は結構お祝いでもらえたりします😁

    新生児の頃の吐きこぼしのシミは洗ってもなかなか落ちないこともあります。
    なので、使い捨てと考えて、数ヶ月のことですし、少ない着数で回せるようなら回せばいいかと思います!
    ひまわり先生 保育士
    うちの子は夏生まれだったので、服はほとんど用意せずでした。そのかわりの短肌着や長肌着を10枚ずつ用意していました。最初のころはうんちもゆるゆるなので漏れることもしばしば…。たくさん用意してて損はしなかったです。ある程度大きくなってから、60-70の前開きロンパースをたくさん買いました。服は生まれる時期にもよると思いますが、50-60の服が5~6枚あれば足りると思います。
    いちぽ先生 保育士
    服はお祝いでもらったり、後からすぐ買い足せるので、肌着とカバーオールを最低枚数持っておけば良いと思います。
    すぐサイズアウトするので、たくさん用意する必要ないです。
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    夏生まれなのか、冬生まれなのか、使いやすいものはどれか、等色々考慮しながらも 子ども服を選ぶのは楽しいですよね。
    ついつい気持ちが先走って 沢山買ってみたけれど、半袖を着る季節になる頃にはもうサイズが合わなかった等 赤ちゃんの服選びが楽しくて起きたハプニングもよく聞きます。
    お金の無駄のないように、と思うと 目先3ヶ月まで着られるくらいのサイズと量で、必要分はこまめに買い足す方が無駄無く過ごせるのかなと思います。
    すみっこ先生 保育士
    夏生まれだったので、家の中では肌着で過ごしていました。クーラーで室温に気をつけて、タオルケットを掛けてあげて調整しました。長肌着、短肌着それぞれ6枚ずつくらいだったかなぁと思います。汚れて着替えをすることがあるので枚数はたくさんあっても良いと思います。この肌着、しばらくの間着させていました!
    あゆみ先生 保育士
    出生時の体重や肌質なども個人差があると思うので、肌着はひとまず最低限必要な枚数を揃えています。生まれる時期や、最初の1ヶ月は室内で過ごすこともあるので、赤ちゃんの様子を見て足りないものを買い足す感じで良いのかなと。
    赤ちゃんはすくすく育っていくので、サイズを見ながら選んでいきたいです。
    はつみ先生 保育士
    うちは冬生まれだったので、短肌着50-60、長肌着50-60、前開きのロンパース50-60を4枚ずつ買いました。
    室内は暖かいので肌着とロンパースで大丈夫でしたが、健診の時などは寒かったのでカバーオールにおくるみで行きました。
    きょうだいにもよりますが、1、2ヶ月はあまり外出をしないと思うので、洋服もたくさん用意しなくてもいいと思います!
    むしろ、少し大きめを用意しておくといいと思います!
    ぷん先生 保育士
    1月生まれです。私はありがたいことにお下がりで頂いたので新たに買い足すものはほとんどありませんでした。一日に短肌着、長肌着、2wayドレスオールを一日2枚くらい交換しているので洗い替えも含め最低でも4枚ずつあれば安心ではないかと思います🤔ただ、慣れない育児で赤ちゃんの服を汚してしまうことも多く(ToT)1日3枚着替えることもありました😂赤ちゃんの様子を見ながら買い足すのもありだと思います!
    でぶいも先生 保育士
    吐き戻しが多く、何度も何度も着替えさせていたので、カバーオールも肌着も結構な枚数必要でした。新生児期は外に出歩かないので、来客がある時だけおめかしして、後はお下がりで頂いた服を着回して本当に助かりました。
    みぃ先生 保育士
    服などは手触りの良いものを4枚ほど買いました。サイズは50〜70と表示されているものにして、早く大きくなっても大丈夫なようにしました。
    服や靴下、スタイはお祝いでいくつか頂いたり、買ったけどあまり使わなかった!というものもあったので、産まれてからネットなどで足りないもの買う方がいいかも?と思いました。
    いちご先生 保育士
    服は後から買い足せる事と、お祝いで服を貰うことが結構多い為、必要最低限な枚数を揃えていればいいと思います。
    個人的に、枚数が必要だったのは、肌着や服よりもスタイでした。新生児のうちはミルクの吐き戻しも多い為、1日に何度もスタイを替えることが多かったので、スタイの枚数はある程度あると便利だと思います。
    なこ先生 保育士
    出産準備で色々揃えたくなりがちですが、以外と産後に揃えた方が良い場合もあると出産して思いました。
    買い過ぎて使わなかった物もあるので。出産して、赤ちゃんの成長に合わせて買い足して行くのが良いと思います。
    はなこ先生 保育士
    出産時期によっても服は用意するものが変わってくるので、もし近くに同じような月齢で出産した方とかいれば聞いてみるのもいいと思います!

    洋服は買いすぎずに必要最低限でいいと思います!
    4-5枚肌着とかはまずあるといいと思います!あとは、足りなければ生まれてから買い足すのがベストです!お子さんによって吐き戻しが多かったりすると多めの方が良いとかありますからね♥︎︎∗︎*゚
    かいまな先生 保育士
    生まれる季節によって枚数は変わってきますが、短肌着と長肌着は4セットぐらいあれば大丈夫だと思います。
    買うものは最低限にして、足りなくなったらあとから買い足すようにすると無駄がないと思います。
    ぺち先生 保育士
    ベルメゾンや西松屋などに、これさえあれば大丈夫!という全てがセットになったものがありました!肌着など15点ほど入ったものなどです。
    どれだけいるか分からないので、まずは最低限買って、必要ならば買い足せばいいかなと思います。
    あゆさ先生 保育士
    我が家は少なめでも大丈夫かなと思い、4、5枚ずつくらい肌着やロンパース(新生児サイズ)
    を準備していたのですが、吐きこぼしが多い子だったので、寝ていてもゴボッっと出て濡れてしまい、夜中に何度か着替えるということがあり、急遽買い足しました!

    その子その子で違いがあると思いますが、うんちもゆるくもれたりもするので基本の洋服は少し多めにあって困ることはないと思いますが、ただすぐサイズアウトするので、あとで買い足すという方法もありかと!
    あとはお出かけ着、上着などがあればいいと思います。
    成長を見ながらサイズを変えていき、その時の季節に合わせて購入するので良いかと思います。
    めめ先生 保育士
    最初の1ヶ月は外出もあまりできないのでよそ行きの服などはお友だちが来てくれた時用などに数枚あればいいと思います。うちの子は吐き戻しがすごかったので汚れてもいい安めのロンパースを後から買い足しました。

準備の関連記事

カテゴリ一覧