出産にむけた体毛の処理はどうしていた?妊娠中のケア方法

出産にむけた体毛の処理はどうしていた?妊娠中のケア方法

妊娠中も快適に過ごすコツを紹介

出産にそなえ、体毛処理をどうすればよいか迷っている妊婦さんも多いかもしれません。ムダ毛のケアをすべきかどうかや方法など、具体的に知りたい場合もあるでしょう。周りのママは妊娠中どのように体毛ケアしていたのか、意識したポイントなどをアンケートしてみました。

妊娠中の体毛ケアについて

妊婦さんの中には日々の体毛ケアについて悩んでいる方もいるのではないでしょうか。出産にむけてケアをすべきか人には聞きにくい内容もありますよね。今回は周りのママたちに妊娠中や出産に向けた体毛ケアについて調査しました。処理した部分や意識したポイントなどをご紹介します。

【ママたちの声】出産にむけた体毛処理

周りのママたちは出産にむけて体毛は処理はしていたのでしょうか。処理をしたかどうかを理由と合わせ聞きました。

体毛処理をした

30代ママ
お腹や股部分、足など、妊婦健診でお医者さんに見られる機会が多いので、妊娠初期から臨月までムダ毛は処理し続けました。
30代ママ
助産師さんなどに見られるため、できるだけ清潔さを保てるようアンダーヘアは処理していました。出産時に人に剃られることもなくよかったです。
30代ママ
妊娠後期になるにつれ出産時に人に見られる、という意識が強くなり、アンダーヘアを整えました。妊娠前に永久脱毛をしていたので整える程度ですみました。
30代ママ
蒸れてかゆみを感じることがあったので、妊娠中もかわらずアンダーヘアを含むムダ毛は処理していました。

今回のアンケートでは、出産にむけて体毛を処理していたママの声は多く聞かれました。「分娩中に剃る可能性もある」と、産院側から説明を受けたママもいるようです。かゆみを感じたり見られるのに抵抗がある場合、身体に負担をかけない範囲で体毛処理をしてもよいかもしれませんね。

体毛処理はしていない

検診を受ける妊婦
iStock.com/kuppa_rock
30代ママ
妊娠中は体調が思わしくなく、お風呂も長時間はいるのを避けていました。あまり無理な姿勢を取りたくなかったので体毛処理は特にしていません。
30代ママ
入院生活が長く帰宅後も自宅安静だったので、体毛処理は考えていませんでした。出産時も特に気にならず、処理されることもなかったです。

出産にむけて特別な体毛処理をしなかったママの声も聞かれました。分娩中にアンダーヘアを剃るかどうかは、産院の方針などにより異なります。分娩中は陣痛と向き合うのに精いっぱいで、ママ自身も気にならない可能性もあるでしょう。妊娠中はママとお腹の赤ちゃんの体調を最優先し過ごしていきたいですね。

妊娠中の体毛ケア方法

出産にむけて体毛ケアはどのように行っていたのでしょう。ママたちに方法について聞きました。

30代ママ
入浴中に保湿クリームをつけてから自分で剃りました。
30代ママ
お風呂で体を洗ったあとに、泡で出てくるボディソープをつけシェーバーを使いケアをしました。
30代ママ
妊娠前は自宅で脱毛器を使うときもありましたが、妊娠がわかってからは入浴中にかみそりを使うようにしました。

妊娠中の体毛ケアは、自宅でかみそりやシェーバーを使い処理をする場合が多いようです。脱毛サロンや家庭用脱毛器によっては、妊娠中は利用を控えた方がよい可能性もあるでしょう。妊娠がわかったらすぐ確認し、不安があれば避けた方が安心です。

妊娠中の体毛ケアのポイント

体毛ケアセット
iStock.com/FotoDuets

自分で体毛ケアをする場合、どのような点に気をつければよいのでしょう。ママたちが意識したポイントを聞きました。

身体に負担をかけない

30代ママ
お腹が大きくなるにつれVラインなどが処理しにくくなりましたが、無理せずできる範囲にとどめました。
30代ママ
アンダーヘアを処理するときは、前かがみの姿勢を長時間とらないよう気をつけました。

お腹が大きくなってくると、妊娠前よりも思うように身体が動かなかったり、同じ姿勢でもつらく感じる場合もあるでしょう。体毛ケアは無理をしない範囲にとどめておいた方が安心です。

肌ケアも忘れない

30代ママ
妊娠中は肌が乾燥しやすく敏感でした。かゆみもあったので、オイルとクリームを両方使い、しっかりと保湿しました。
30代ママ
妊娠中は敏感肌になっていたので、剃った後は保湿クリームを何度も塗りました。塗れば肌荒れを防げたので欠かせませんでした。

体毛ケアをした後に肌の保湿ケアを欠かさなかったママも多いようです。妊娠中は肌も敏感になりやすい時期かもしれません。自分に合った保湿方法で、肌もしっかりケアしてあげたいですね。

強いかゆみがあるなどの症状があれば、産院などに相談してもよいかもしれません。一人で解決しようとせず、些細な体調の変化でも伝えておくと安心できそうですね。

神経質にならない

30代ママ
妊娠初期のころは妊婦健診の前日には体毛処理をしていましたが、お腹が大きくなってからは頻繁に処理するのをやめました。神経質になるのもよくないのかなと思います。
30代ママ
第一子のときも第二子のときも、妊娠中は体毛が普段より濃くなりました。第一子のときは気になりましたが産後は戻ったので、第二子のときは気にせず自分のペースでムダ毛処理をしていました。

体毛を気にしすぎて頻繁にお手入れしていると、ママ自身が疲れてしまう場合もあるでしょう。神経質になりすぎないのも体毛ケアのコツのようです。

体毛ケアは無理しない

妊婦のママと男の子
iStock.com/kohei_hara

出産に向けてムダ毛を処理するママは多いようですが、身体に負担がかからない範囲にとどめるのがポイントのようです。気になる部分があれば、肌ケアも忘れず行いたいですね。

体毛の処理をしなくても赤ちゃんに影響はありません。ママの意思やタイミングなどを考慮し、出産にむけたケアをするかどうか考えられるとよいでしょう。

2019年12月08日

準備の関連記事

カテゴリ一覧