授乳クッションは代用できる?特長や代わりになるものの選び方

授乳クッションは代用できる?特長や代わりになるものの選び方

ママに合ったものを使って快適に授乳しよう

授乳姿勢がつらいときに、授乳クッションを買うべきか悩んだり特長が知りたいママもいるかもしれません。代用品としてバスタオルや枕、ネックピロー、円座クッションなどを使えるのか気になることもあるでしょう。今回は、授乳クッションの特長や代用したもの、選び方について体験談をまじえてご紹介します。

授乳クッションとは

授乳クッションとは、赤ちゃんを抱く高さを調節したり体重を支えて、授乳しやすくするアイテムです。妊娠して初めて授乳クッションの存在を知ったというママも少なくないかもしれません。
 
産褥期のときなどは特に、体をいたわるために少しでも楽な姿勢で授乳したいですよね。
 
家にすでにクッションがいくつかあり、授乳クッションを新たに買うべきか悩むこともあるかもしれません。授乳クッションにはどのような特長や選び方があるのでしょうか。また、他のもので代用することはできるのでしょうか。

授乳クッションの特長

授乳クッションの特長について、ママたちの体験談をまじえてご紹介します。

形や使い方

授乳クッション
Stock_Up/Shutterstock.com
30代ママ
出産後の入院中に、病院の授乳室で初めて授乳クッションを使いました。Cの形をしていて最初は使い方にとまどいましたが、助産師さんにコツを教えてもらい、慣れると授乳が楽になったので家でも使いました。
授乳クッションは、アルファベットのCの形をしたものが多いようです。
 
Cの形でママのお腹を挟むようにセットするので体にフィットしやすく、肘や腕をクッションの上に置いてリラックスして使えそうですね。

いろいろな用途で使える

30代ママ
授乳クッションは、ベビーチェアとして使っていた時期もありました。
30代ママ
授乳以外では、寝かしつけのときに赤ちゃんの体を支えるために使っていました。5歳になった今でも枕として愛用しています。
赤ちゃんのお座りを支えたり、ママの読書用クッションとして使うなど、いろいろな用途で使える点も授乳クッションの特長のひとつでしょう。
 
授乳用として使う期間が短い場合にも、アイディア次第でいろいろな使い方ができるかもしれませんね。

授乳クッションとして代用したもの

授乳クッションを他のもので代用したいこともあるでしょう。授乳クッションの代わりに使ったものをママたちに聞いてみました。

バスタオル

30代ママ
丸めたバスタオルでも授乳クッション代わりになりました。
バスタオルはどの家庭にもあるので、授乳クッションの代用品として定番のアイテムかもしれません。

クッション

クッション
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
もともとソファに置いていたクッションでも代用できました。
クッションはいろいろな形や厚みのものがあるので、授乳クッション向きのものが家に1つはあるかもしれませんね。

大人用の枕や抱き枕

30代ママ
細長いバナナのような形の抱き枕の端をボタンでとめて、授乳クッションとして使ったことがあります。
30代ママ
授乳クッションが手元にないときに、大人用の低反発枕を代わりに使いました。
大人用の低反発枕は、赤ちゃんをのせてもつぶれにくそうですね。
 
マタニティ用の抱き枕には、授乳クッションとしても使えるように作られている商品もあるようです。

掛け布団や膝掛け

30代ママ
授乳クッションを使うのが面倒なときに、掛け布団の厚みや、あぐらをかいた膝で抱く位置を調節したことがあります。
30代ママ
膝掛けを折りたたむと、授乳クッションとして丁度よい高さで使えました。
夜間授乳のときは、掛け布団で授乳の高さを調整できると、授乳クッションを用意する手間が省けそうですね。
 
授乳クッションはさまざまなもので代用できるようです。他にもネックピローや円座クッションで代用できるというママの声もありました。
 
購入しようか迷っているときは、まずは代用品を使ってみるとよいかもしれませんね。

授乳クッションや代用品の選び方

授乳クッションや代用品の選び方についてママたちに聞いてみました。

授乳の高さが合う

30代ママ
いろいろな厚みの授乳クッションがありますが、実際に店頭で手に取り、赤ちゃんを抱っこしやすい高さのものを選びました。
出産前に用意しておいた授乳クッションをいざ使ってみると、ママや赤ちゃんの体格などによって高さが合わない場合もあるかもしれません。
 
出産後に店頭で、実際に使う体勢になって確認できると、合うものが見つけやすそうですね。
 
エアータイプのものは空気の抜き入れで高さを調節しやすいという声や、手前の方が低い傾斜になっているものは自然に赤ちゃんが自分側を向くので授乳しやすいというママの声もありました。

つぶれにくい

30代ママ
使っているうちにつぶれてこないように、中綿がしっかり詰まった少しかたさがあるものを選びました。
授乳クッションや代用品は使っているうちにつぶれてくると、赤ちゃんをのせたときの高さが変わり、授乳しにくくなるかもしれません。
 
つぶれにくい素材や作りのものを選んだり、中綿が偏ってきたと感じたら手で全体をなじませて調整することも大切でしょう。

お手入れしやすい

30代ママ
チャックで簡単にカバーが外れて、丸洗いできるものは便利です。
授乳クッションや代用品は、母乳やミルク、赤ちゃんの汗で汚れることもあるかもしれません。
 
カバーや枕本体をネットに入れて洗濯機で丸洗いできるものは、清潔に保ちやすいでしょう。
 
消臭や抗菌、防ダニや防水加工されているものも衛生的に使えそうですね。

肌にやさしい

30代ママ
産後は肌がデリケートになり、赤ちゃんが触れる機会も多いので、肌にやさしい綿100%のカバーのものにしました。
綿100%やパイル生地のような素材でできた、授乳クッションや代用品は安心して使えそうですね。

ママに合った授乳クッションや代用品を使って快適に授乳しよう

笑顔の女性
miya227/Shutterstock.com
今回は、体験談をまじえながら、授乳クッションの特長や、代用したもの、選び方をご紹介しました。
 
授乳クッションや代用品にはさまざまな種類があり、ママの好みや体格、授乳姿勢などによって合うものが変わるようです。
 
手持ちのバスタオルや枕、ネックピロー、円座クッションのような代用品を試しに使ってみてから、授乳クッションの購入を検討するのもひとつの方法でしょう。
 
ママに合った授乳クッションや代用品を使って、快適に授乳できるとよいですね。

2019年12月17日

専門家のコメント
11
    のの先生 保育士
    授乳クッション結局3つ購入してしまいました。
    まず一つ目は、抱き枕になり、授乳クッションにもなり、お座りの時の支えにもなるという物でした。抱き枕としては最高でしたが、授乳クッションにはなりませんでした…。輪っかが広がっているので身体に密着せず使いづらかったです。

    2つ目は一般的な授乳クッションです。使い勝手はよく、約1ヶ月半程使用していました。

    3つ目は、私が腱鞘炎になってしまい、たまたま見つけた物です。片方が23センチほど高さがあるもので、ほぼ筋肉を使わずラクに授乳できる物です。これ本当に便利!最初からこれに出会っていれば、腱鞘炎にもならずに済んだのかなぁとおもいます。

    わか先生 保育士
    私の場合、逆にクッションを使わない方がなぜか上手く授乳できました!新生児訪問で助産師さんも、抱っこ慣れしてるママは使わない方が楽よねと言っていて、こんな意見もあるんだなぁということで。今はネットでもすぐに届きますし、初めから高価な物は買わずに、産院で試したり、家にある物で代用してから購入しても遅くない気がします😊
    はなこ先生 保育士
    抱き枕が授乳クッションになるタイプのを使っていました!!
    あとはなにもないときはバスタオルとかでも代用できました!
    ぽんた先生 保育士
    私は、一応授乳クッションを、もっていました。自分で買ったのかもらったのか覚えていませんが、、、、、。、ですが、結局高さとかがしっくりこなくて、折り曲げて使ったりしていたし、使いたいときにそばになかったもして、適当に座布団とかも代用していました。私の場合は、赤ちゃんをクッションに載せるというよりは、あぐらの自分の膝の下にクッションを置いて高さ調整をして、赤ちゃんは、自分と直接触れているようにしました。その方が授乳しやすかったので。。。
    なごみ先生 保育士
    C型の授乳クッションとっても便利でした。乳腺炎になったため助産師さんから色んな角度から授乳をするように指導されたのですが授乳クッションがあったおかげでできました。
    ない時は仕方なくバスタオルやクッションを代用してました。
    たゆ先生 保育士
    妊娠中の腰の痛みに耐えかねて、授乳クッションにもなる抱き枕を購入しました。抱き枕としては、満足していましたが、授乳クッションとしては、高さと柔らかさがイマイチでした…
    たまたま、授乳クッションをお下がりで頂きました。授乳専用でしたが、こちらの方がとてもしっくりと使いやすかったです。

    授乳クッションが無い時は、普通のクッションを使用することもありました。
    せおみ先生 保育士
    授乳クッションはあった方が絶対に楽でした。新生児の頃はボクサー抱きで授乳していたので、無いとできませんでした。
    普通の横抱きであげる時もクッションを使っていた方が自分がリラックスできていたので使っていました。
    すみっこ先生 保育士
    授乳クッションは使いませんでした。腕にそのまま赤ちゃんの頭がくる姿勢になるので、汗かき防止にタオルを間に挟みました。特に飲みにくそう!と感じたことはなく、不便を感じたことはありません。
    なな先生 保育士
    授乳クッションは厚みがあり、へたりにくいという綿が使用されている物を買いました。カバーも洗えるものでした。3000円程で手に入れたものですが、本当に全くへたってません。私がうつ伏せで寝転ぶ時の肘置きにもされてますがへたりません😳高価=いいものとは限らないので、実際に手に取ってみるのが1番いいです。安すぎるものは柔らかすぎて赤ちゃんを乗せるとぺったんこになってしまうので気をつけて下さいね👀

    いい授乳クッションに出会いはしましたが、途中からはほとんど使ってません。あぐらの下に入れて高さ合わせに使ってたくらいです。なのでタオルや枕でも十分代用出来そうですね。ちょうどいい高さにならないクッションにイライラするより、背もたれのある場所で授乳することのほうが体は楽だなと思いました。
    いちご先生 保育士
    Cの字になっている授乳クッションを産前に買って準備していましたが、結局私は使いませんでした。
    けど、新生児の抱っこに慣れていない旦那や、お見舞いに来てくれた友人には、クッションを使うと楽に抱っこが出来るみたいで好評でした。
    新生児の抱っこはなかなか難しいので、1つ置いておくと便利かもしれませんね。
    めめ先生 保育士
    旅行先で授乳クッションがない時は枕で代用しました。普通のクッションなど代用品はあると思いますがやはり私は分厚目の授乳クッションが一番使いやすかったです。
おすすめユーザーのコメント
1
    SB
    新生児の頃は授乳回数も多いので、授乳クッションあると便利でした!!

産後の関連記事

カテゴリ一覧