授乳するときの姿勢や角度。母乳や哺乳瓶での授乳角度で気をつけたこと

授乳するときの姿勢や角度。母乳や哺乳瓶での授乳角度で気をつけたこと

周りの目が気になるときの対処法

母乳や哺乳瓶で授乳するときに、飲ませやすい姿勢や顔の角度が知りたいママやパパもいるのではないでしょうか。新生児期は特に授乳で悩むことは多いかもしれません。授乳の際に周りの目が気になることもあるでしょう。今回は、横抱きなどの授乳姿勢や角度で気をつけたこと、周りの目が気になるときの対処法をご紹介します。

授乳するときの姿勢や角度とは?

初めての出産で、新生児の赤ちゃんに授乳するときなどは、姿勢や角度がなかなか定まらず、上手く授乳できていると思えないこともあるかもしれません。
 
周りの人の目が気になり、授乳に集中できないこともあるでしょう。
 
授乳のコツが掴めると、長期間になることもある授乳の期間も楽しめそうですよね。
 
ママたちは、どのような姿勢や角度で授乳していたのしょうか。また、授乳の際に周りの目が気になるときはどのように対処していたのでしょうか。

母乳や哺乳瓶で授乳するときの姿勢

授乳
Zurijeta/Shutterstock.com
母乳や哺乳瓶で授乳するときの姿勢についてママたちに聞いてみました。

横抱き

30代ママ
赤ちゃんを自分のお腹や腕に密着させるように横抱きをして、いつも母乳をあげています。
30代ママ
最初に病院で教わった授乳姿勢が横抱きだったので、母乳をあげるときも、哺乳瓶でミルクをあげるときも横抱きです。
横抱きの姿勢で授乳していたという声が複数ありました。
 
横抱きは定番の授乳姿勢で、授乳が初めてのママでも取り入れやすい姿勢かもしれませんね。

添い乳

30代ママ
母乳育児に慣れてきた生後2カ月頃に、初めて添い乳を試し楽でおどろきました。子どもが1歳になった今では、体重が重くて横抱きが大変なのでいつも添い乳です。
30代ママ
夜間授乳のときは、楽なので添い乳で授乳することがほとんどです。吐き戻しが気になる時期は、10度くらいの傾斜がある吐き戻し防止枕に赤ちゃんを寝せてよく授乳していました。
添い乳は、ママが楽に授乳したいときにぴったりな授乳姿勢でしょう。
 
初めて添い乳をするときに姿勢がよくわからない場合は、出産した病院や市の助産師さんなどに相談するとわかりやすく教えてもらえるかもしれませんね。

縦抱き

30代ママ
母乳育児で、普段は横抱きや添い乳での授乳が多いですが、首や腰がすわってからは縦抱きで授乳することもありました。
30代ママ
子どもが1歳になってからは、母乳をもとめて自分から縦抱きの姿勢になって吸うことが多いです。
縦抱きでの授乳は、赤ちゃんの首や腰がすわってからだと安心して試すことができそうですね。

四つん這い

30代ママ
おっぱいが張りやすい時期は、横抱きの他にも四つん這いで授乳することもありました。下へ向かって母乳が流れてくる感じがするのですっきりしやすいと思います。
30代ママ
横抱きで母乳があまり出なかったときや、乳腺が詰まっている感じがするときに、四つん這いの姿勢を試したことがありました。
ママが四つん這いになると、寝ている赤ちゃんに対して、いろいろな方向から母乳を飲ませることができそうですね。
 
他にも、レイバックとよばれるもたれたママのお腹に赤ちゃんをのせるような姿勢で、授乳するママもいるようです。

母乳で授乳するときの角度

母乳で授乳するときの角度について気をつけたことをママたちに聞いてみました。
30代ママ
授乳するときは、赤ちゃんが口全体で乳首をまっすぐくわえられる角度になるように気をつけました。生後間もない頃は、猫背にならないように、授乳クッションや枕を膝に置いて赤ちゃんの位置をよく調節していました。
30代ママ
おっぱいが張って重たいときなどに、手やタオルを使っておっぱいを支え、乳首が赤ちゃんの顔に対してまっすぐな角度になるようにしました。
30代ママ
赤ちゃんの口がアヒル口になるように乳首を深くくわえさせました。授乳角度に気をつけるようにすると、赤ちゃんの喉がごくごくと動きしっかり飲めているようでした。
乳首をまっすぐ深くくわえられる角度になるように気をつけたという声が複数ありました。
 
角度がわるいと赤ちゃんが上手く飲めなかったり、乳首が傷つきやすいこともあるようなので気をつけたいですね。

哺乳瓶で授乳するときの角度

ミルク
szefei/Shutterstock.com
哺乳瓶で授乳するときの角度について気をつけたことをママたちに聞いてみました。
30代ママ
哺乳瓶で授乳するときは、赤ちゃんの頭の方が足よりも高くなる角度で横抱きしていました。寝かせた状態で授乳している人も見たことがありましたが、ミルクを吐きやすそうなので避けました。
30代ママ
哺乳瓶を45度くらいの角度にすると、哺乳瓶の乳首の中がミルクで満たされて空気が入りにくい気がします。
30代ママ
赤ちゃんが飲みやすい角度を意識して、哺乳瓶の乳首をなるべく口の奥まで入れると、ごくごくとおいしそうに飲めているようでした。
授乳角度が定まらないときや腕が疲れてきたときは、クッションなどで赤ちゃんの位置を調節すると解消されることもあるかもしれませんね。

授乳中に周りの目が気になるときの対処法

授乳したいときに角度によって人に見えてしまわないか気になることもあるでしょう。
 
授乳中に周りの目が気になるときの対処法についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
自宅で授乳するときに、周りに誰もいない方が落ち着くので赤ちゃんと2人きりになれる部屋に移動して授乳しています。
30代ママ
外出の際に授乳する場合は、綿100%で軽い素材の授乳ケープを使っていました。授乳口のついたマタニティ服も着ているとさらに授乳しやすいです。
30代ママ
お店や支援センターの授乳室を使ったり、窓にカーテンをつけた車内で授乳することが多いです。
授乳の際に人目が気になるママは多いようです。
 
授乳口つきのマタニティ服を用意したり、お出かけ先の授乳室の有無などを確認しておくと安心できそうですね。

赤ちゃんやママに合った姿勢や角度で楽に授乳しよう

授乳
szefei/Shutterstock.com
今回は、体験談をまじえながら、母乳や哺乳瓶で授乳するときの姿勢や角度、周りの目が気になるときの対処法をご紹介しました。
 
授乳姿勢にはさまざまな種類があり、姿勢や顔の角度によって赤ちゃんの飲みやすさが変わることもあるようです。
 
周りの目が気になるときに、授乳ケープを使うなどして落ち着いた環境を作ることも、快適に授乳するために大切でしょう。
 
新生児などの赤ちゃんやママに合った姿勢や角度で、楽に授乳できるとよいですね。

2019年12月04日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

産後の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ