子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

授乳中の眠気はみんな感じている?産後のママたちが実践した対策方法

授乳中の眠気はみんな感じている?産後のママたちが実践した対策方法

授乳中に眠気を感じた経験があるママもいるかもしれません。他のママたちも眠気を感じているのか、眠気に襲われたらどうしているのか、気になりますよね。授乳中の眠気について産後のママたちの体験談と、実践した眠気対策についてご紹介します。

授乳中の眠気はみんな感じている?

赤ちゃんが生まれると、ママの一日は大きく変化しますよね。特に新生児の頃は短い間隔で授乳をしなければならないために、しっかり休むことができず、寝不足になってしまうようです。

産後はママたちの体も普段とは違うため、疲れが眠気となって表れることもあるかもしれません。

どれぐらいのママたちが授乳中の眠気を感じているのでしょうか。

いつも眠気を感じる

「子どもが全然寝てくれなかったので、常に寝不足でした」(30代ママ)

「産後間もない頃は体が疲れていたのだと思います。授乳中だけではなく、日中ずっと眠かった記憶があります」(30代ママ)

夜中の授乳でママたちもまとまった睡眠をとることができず、寝不足の状態が続くと、どうしても授乳中に眠たくなってしまうようですね。

リラックスして眠たい

「子どもが母乳を飲んでいる姿を見つめる時間が、私にとっての癒しの時間でした。リラックスしていると眠たくなってしまいます」(30代ママ)

「子どもの寝息を聞いていると、私までうとうとしてしまいました。赤ちゃんの温かさが眠気を誘います」(30代ママ)

おだやかな表情で母乳を飲んだり、寝息を立てている赤ちゃんの様子を見ると、ママの気持ちもリラックスし、つい眠気に誘われてしまうようです。

夜中の授乳はとにかく眠い

「夜中の授乳中は目を開けるのも必死でした。起き上がることができず、なんとか赤ちゃんを引き寄せて授乳をしていました」(30代ママ)

夜中の授乳は睡魔との闘いだったというママの声もありました。

夜中に授乳をしなければいけない時期は「一日でもいいから朝までぐっすり眠りたい」と感じているママもいるかもしれません。

授乳中に眠気に襲われたらどうする?

授乳後
Mitsuo Tamaki/iStock.com

授乳中に眠気に襲われてしまったら、他のママたちはどうしているのでしょうか?

眠たくなったら横になる

「眠くなったら添い乳をして、子どもといっしょにそのまま眠っていました。私が横になっているときの方が子どもも安心するのか、早く寝入ってくれたように感じます」(40代ママ)

眠たくなったら無理をしないでそのまま横になったというママたちが多くいました。特に産後間もない頃は意識的に横になって寝ていたそうです。

子どももママがいっしょに横になることで、安心して眠れることもあるかもしれませんね。

なんとか我慢

「新生児の頃は眠気に襲われてもなんとか我慢していました。赤ちゃんをつぶしてしまうかもという心配があり、こらえることができていました」(30代ママ)

赤ちゃんが危なくないようにという気持ちから、眠気を必死に我慢したママたちもいるようです。

その他にも、おっぱいの量が足りているのか心配で眠らず見守っていた、というママもいました。

気がづいたら寝ていた

「寝てはいけないと思いながらも、寝落ちしてしまったことが何度もあります。私のおでこが赤ちゃんのお腹にあたったことでびっくりして目が覚めました」(40代ママ)

何かの拍子に気がついて、眠っていた自分にびっくりすることもあるかもしれませんね。

夜中のぐずりがひどくて全く眠れなかった日は、気づいたら眠ってしまっていることがあると、多くのママたちの声がありました。

授乳中の眠気に対するママたちの対策

授乳中に眠気に襲われないように、ママたちがとっていた対策にはどういうものがあるのでしょう。

しっかり体を休ませる時間を取る

「赤ちゃんが寝ている時間にいっしょに寝るなどして、意識的に体を休めるようにしていました」(30代ママ)

「家事の合間でも椅子に座ったり、横になったりしながら、なるべく休憩をとるようにしていました」(40代ママ)

授乳中の眠気対策として多くのママが実践したのは、意識的に体を休めることでした。

しっかり体を休めることで、子どもと向き合う時間は元気に過ごすことができるかもしれませんね。

授乳後の家事の段取りを考える

「夕方の忙しい時間には寝てしまうと家事が滞ってしまうので、授乳後の家事の段取りを頭の中で考えることで、眠気を追い払っていました」(30代ママ)

夕方などゆっくり休むことができない時間には、眠らずに家事を済ませてしまいたいと考えるママもいました。授乳をしながら、家事の段取りを頭の中で考えれば、眠気に襲われることなくその後の家事をスムーズに進められるかもしれませんね。

授乳方法や環境を工夫する

ママたちもいろいろな方法を取り入れながら、授乳中の眠気対策をしていることが分かりました。

「椅子やソファーに座ると眠たくなってしまうので、立ちながら授乳したこともあります」(30代ママ)

「眠気を覚ましたいときは、少し窓を開けて空気の入れ替えをしました。赤ちゃんは寒くならないように気をつけました」(30代ママ)

授乳するときの姿勢や、部屋の環境を少し変えるなど、ちょっとしたことで眠気を感じなくなることもありますよね。ママと赤ちゃんに負担のない範囲で、授乳方法や環境を工夫してみるのもよいかもしれません。

授乳中に眠気を感じたら無理をせずに

赤ちゃんとママ
Yagi Studio / iStock.cm

産後は体が疲れやすかったり、夜中の授乳などで睡眠が不足し、多くのママたちが授乳中に眠気を感じているということが分かりました。赤ちゃんを見守りたいという思いや、家事を片づけたいという考えから、ママたちもいろいろな対策で授乳中の眠気を乗り越えているようです。

授乳中に眠気を感じたら、まずは無理をせず、しっかり体を休めるようにし、自分に合った対策が見つけられるとよいですね。

2018年03月22日

産後の関連記事
カテゴリ一覧