00:00
00:00

ふわふわ食感!お豆腐入り揚げつくね

時短料理 時短で作れる料理

ごはんのおかずやおつまみにぴったりな、ふわふわ食感のお豆腐入り揚げつくねのレシピをご紹介します。甘酢だれにしっかりと味がついているので、お弁当に入れてもおいしくいただけそうです。甘酢だれは、お魚や唐揚げなどにかけて使うこともできるので、作り方を覚えておくとレパートリーが広がるかもしれません。

材料(4食分)

  • にんじん 5cm
  • 小ねぎ 4本
  • 木綿豆腐 250g
  • 鶏ひき肉 300g
  • すりおろししょうが 小さじ1
  • 片栗粉(タネに混ぜる用) 大さじ1
  • 小さじ1
  • 顆粒和風だしの素 小さじ1
  • 小さじ1/3
  • サラダ油(揚げ焼き用) 適量
  • 130ml
  • ぽん酢しょうゆ 大さじ4
  • 砂糖 大さじ1と1/2
  • 顆粒鶏がらスープの素 小さじ1
  • 片栗粉(たれ用) 小さじ3

作り方

  1. にんじんの皮をむき、粗みじん切りにする。
  2. 小ねぎの根を切り落とし、小口切りにする。
  3. 木綿豆腐をキッチンペーパーで包んで耐熱容器に入れ、600wの電子レンジで3分加熱して水切りする。
  4. ボウルに鶏ひき肉、1、2、3、すりおろししょうが、片栗粉、酒、顆粒だし、塩を入れて、手でこねるようにして混ぜ合わせる。
  5. 2cm大の大きさに手で丸めて成形する。
  6. 鍋にサラダ油を多めに熱し、5を入れて揚げ焼きにしてきつね色になったら取り出す。
  7. 小鍋に水、ぽん酢しょうゆ、砂糖、鶏がらスープの素、片栗粉を入れ、全体を混ぜてから中火にかけてとろみをつける。
  8. 6を器に盛り、7をかけたら完成。

コツ・ポイント

揚げ焼きにすることで油跳ねの心配や後処理の手間もなく、少量の油でカリッと仕上がります。

甘酢だれに千切りにしたにんじんやパプリカを入れて彩りをプラスしたり、きのこやれんこんなど歯ごたえのあるものを加えたりしてもおいしくなりそうです。

2020年04月03日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

時短料理のレシピ動画

時短料理の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ