00:00
00:00

おうちでお花見気分!桜のはんぺん春巻き

イベント・行事食 イベント・行事食に作るレシピ

食卓に春を感じられるおかずを取り入れてみませんか?あたたかさを感じ始める季節に、見た目にも華やかなレシピを作ると、お花見気分を味わえるかもしれません。今回は、手軽にたくさん作ることができる、桜のはんぺん春巻きをご紹介します。

桜と新緑を感じるおいしい春巻きを作ろう

春らしい色合いの桜と枝豆を使って、ふわふわ食感の春巻きを作りましょう。透けて見える桜のピンク色でより一層食欲が増しそうです。

簡単に手作りできるレシピで、春巻きのたね作りや巻く工程を子どもといっしょに楽しんではいかがでしょうか。

材料(4個分)

  • 桜の塩漬け 4枚
  • はんぺん 1枚
  • 小さじ2
  • 小さじ1/4
  • 片栗粉 小さじ2
  • 枝豆 40g
  • 春巻きの皮 4枚
  • 適量

作り方

1.桜の塩漬けを水に漬けて塩抜きをし、しばらく置いたら水気を拭き取る。
手順1
2.はんぺんをちぎってボウルに入れてフォークで潰し、酒、塩、片栗粉、枝豆を入れて混ぜ合わせる。
手順2
3.縦に3等分した春巻きの皮に、桜の花と2で作ったたねをのせて三角形に包み、巻き終わりに水溶き片栗粉を塗ってとじる。
手順3
4.170℃に熱した油できつね色になるまで揚げると完成。
手順4

コツ・ポイント

たねを包むときは、春巻きの皮からあふれないように、両側に余裕を持たせましょう。手で丸めこむようなイメージで包むと、きれいな三角形を作れそうです。

桜のピンク色がほんのり透ける程度を目安にして揚げすぎないように心がけると、食卓に並べたときに春を感じられてよいかもしれません。

2020年03月27日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

イベント・行事食のレシピ動画

イベント・行事食の関連記事

カテゴリ一覧