00:00
00:00

手づかみ食にぴったり!レンジで簡単そうめんおやき

離乳食 後期 9~11ヶ月頃

離乳食後期からを手づかみ食べを始める赤ちゃんも多いでしょう。おやきは簡単に作れるだけでなく、赤ちゃんの食べやすい大きさにカットすることもできるので、手づかみ食べの時期の赤ちゃんでも食べやすいようです。今回は、そうめんをアレンジしたそうめんおやきのレシピをご紹介します。

材料(一食分)

作り方

  1. 人参をこまかく刻む。
  2. たまねぎをみじん切りにする。
  3. そうめんを短く折りながらボウルに入れて水を150cc加える。
  4. 刻んだ人参とたまねぎをボウルに加える。
  5. 500wのレンジで約40秒間加熱する。
  6. 卵をといたら、ボウルに加えてよく混ぜる。
  7. 中火に熱したフライパンに流し込む。
  8. 両面にしっかり焼き色がついたら完成。

コツ・ポイント

そうめんはできるだけ短く折ってから茹でると、おやきにしたときに食べやすくなるでしょう。

人参と玉ねぎは固さが残っていると食べづらくなってしまうので、しっかりと柔らかくなっているかを確認しながらレンジで加熱するとよいかもしれません。人参と玉ねぎ以外にも、小松菜やほうれん草など他の野菜でアレンジしてもおいしく作れそうです。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年12月19日

専門家のコメント
12
    のんの先生 保育士
    素麺は食べやすいのですが、親としては、こぼれたり、口から出てきたり、何度も口に運ばなくては
    いちぽ先生 保育士
    そうめんのおやきは作ったことがなかったです!
    バラバラにかならないように少し潰すようにしな
    のの先生 保育士
    お昼ご飯に多めに茹でておき、おやつでも利用することができそうですね。この月齢は手づかみ食べ
    こと先生 保育士
    おやきの時は片栗粉を使ったりすることが多かったですが、卵を使うと簡単にまとまりやすそうでい
    ゆきな先生 保育士
    そうめんおやき!なるほどですね!
    手掴み食べに良い!少し余った時などにアレンジできて子ども
    とまと先生 保育士
    短く切ったそうめんは服や机に飛び散って以外と汚れるので、これなら汚さずに食べやすそうですね
コメントをもっと見る

離乳食 後期のレシピ動画

離乳食 後期の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ