妊娠中の通勤はどうしてる?通勤時間や電車での通勤事情

妊娠中の通勤はどうしてる?通勤時間や電車での通勤事情

ママたちが妊娠中の通勤で気をつけたこと

妊娠中の通勤時間や通勤電車に乗るときのポイントが知りたいママがいるかもしれません。通勤方法や通勤服が気になる場合もあるでしょう。今回は、妊娠中の通勤時間や通勤方法、妊娠中の通勤で気をつけていたことをママたちの体験談を交えてご紹介します。

妊娠中の通勤について知りたい

妊婦
iStock.com/Masao

妊娠中の通勤はどのようにしていたかママたちに聞きました。

20代ママ
妊娠中の通勤は、転ばないように気をつけていました。
20代ママ
混雑する通勤ラッシュ時にも歩きやすいように、ワンピースにレギンスを合わせてリュックで通勤していました。
20代ママ
妊娠中は、他の妊婦さんは通勤電車にいつまで乗っているのか気になっていました。
30代ママ
妊婦さんたちはいつ頃からマタニティーマークをつけていたのか気になります。
30代ママ
つわり中、電車通勤がとてもつらかったです。みんなどうやって乗り越えていたのか知りたいです。
20代ママ
満員電車の中は、暑いのでアウターの下は薄手の服を着ていました。

ママのなかには、妊娠中の通勤を大変だと感じる人がいました。つわりのときやマタニティーマークをつける時期、いつまで電車に乗車していたかなどさまざまなことが気になるようです。

妊娠中のママたちはどのように通勤していたのでしょうか。

妊娠中の通勤時間

妊娠前と妊娠中で通勤時間が変わる場合があるかもしれません。妊娠中の通勤時間はどれくらいなのでしょうか。

30代ママ
約1時間半かけて通勤していました。子どもの保育園の都合で通勤の時間をずらすのが難しかったので体調がつらいときは、停車駅が少ない特別電車の指定席やグリーン車を利用していました。
30代ママ
1時間ちょっとかかっていました。つわりで途中下車することを考慮して、30分ほど早く家をでていた時期もありました。
20代ママ
通勤ラッシュを避けて通勤していたので、妊娠後に通勤時間の変化はありませんでした。
20代ママ
妊娠前は、自転車通勤でしたが徒歩通勤に変えたら通勤時間が15分くらい長くなりました。

妊娠中の通勤時間は人それぞれ異なり、妊娠中は体調や安全面に考慮して通勤ラッシュを避けるなど工夫して通勤しているようでした。なかには、通勤時間に変化があったママもいました。

妊娠中は体調も変わりやすいため、その日の体調に合わせて、通勤方法や出発時間を変えるとよいかもしれませんね。

妊娠中の通勤方法

妊娠中の通勤方法には、どのようなものがあるのか聞きました。

電車

30代ママ
家からバスと電車を乗り継いでいました。
30代ママ
徒歩と電車で通勤していました。
20代ママ
お腹が大きくなるまで電車通勤でした。

電車で通勤する人は多いのではないでしょうか。妊娠中に電車に乗るとき、満員電車やラッシュの時間帯を避けるとよいかもしれません。

つわりなどで体調が優れないときは、途中下車して休むなどして体歩きを大切にしましょう。

自転車

20代ママ
お腹が大きくなるまでは、自転車で通勤していました。

自転車で通勤するママがいました。骨盤のゆがみや事故につながるかもしれないのでなるべく自転車に乗るのは避けた方がよいかもしれません。

お腹が大きくなってくる頃にも、バランスがとりにくく転倒する可能性があるので自転車での通勤を控えましょう。

徒歩

20代ママ
会社と家が近かったので歩きで通勤していました。
20代ママ
徒歩通勤でした。雪が降ったときは、歩くのがこわかったです。

歩きで通勤するという声がありました。歩くことは、妊娠中のよい運動になりそうですね。雨の日など路面が滑りやすそうなときは、転倒しないよう特に注意しましょう。

20代ママ
体調が優れなく、出社時間までに余裕がないときは、会社と家が近かったのでタクシーで通勤したことがあります。

車で通勤するママもいました。公共交通機関や歩きでの通勤が難しいとき、家族に送迎してもらったり、タクシーを利用したりすることもあるでしょう。

自分で運転して通勤する場合は、自身の体調を考え、家族と相談するとよいかもしれません。

妊娠中の通勤で気をつけていたこと

通勤
iStock.com/RichLegg

ママたちが妊娠中の通勤で気をつけていたことを聞きました。

出発時間を早める

20代ママ
通勤電車内で体調が悪くなる可能性を考えて、余裕を持って家をでていました。乗り換えも焦らなくてよいので、よかったです。
20代ママ
各駅停車でゆっくり行けるように、余裕をもって家を出ていました。

体調の様子を見ながら通勤したり、出発時間を早めたりしているママがいました。早く出発すれば、途中で休んだり、ゆっくり通勤したりできるようです。

満員電車には乗らない

20代ママ
お腹が人とぶつからないように適度な距離がとれないくらい混雑しているときは、次の電車に乗るようにしていました。
30代ママ
急行や特急は混んでいるため避けて、時間がかかっても各駅停車などの空いている電車に乗るようにしていました。
20代ママ
満員電車で通勤すると、暑くて気分が悪くなることがあったので、各駅停車に乗っていました。アウターの下は、涼しい服装を心がけていました。

通勤ラッシュ時は、電車内が混雑している場合もあるでしょう。満員電車は、途中下車しにくかったり、お腹が人や荷物に触れたりする可能性があるかもしれません。

安心して通勤するために、各駅停車などの空いている電車を選んでみてはいかがでしょうか。

優先席付近に乗る

30代ママ
電車の揺れで気持ち悪くなることが多かったので、できるだけ座れるように優先席のある車両に乗るようにしていました。
20代ママ
混雑時は、優先席付近に乗るようにしていました。体調が悪いときに、席を譲っていただき本当にうれしかったです。

妊娠中は、優先席付近に乗車すると席に座りやすいかもしれません。自分自身も優先席を必要としている人に席を譲るような親切な気持ちを持てたらよいですね。

無理のない通勤で体を大切にしよう

妊婦通勤
iStock.com/kyonntra

妊娠中の通勤時間は人それぞれ異なり、妊娠前と妊娠中で通勤時間が変わったという声がありました。妊娠中は出発時間を早めたり、満員電車を避けたり工夫して通勤していました。電車に乗るとき、優先席付近を選ぶこともポイントのようです。

妊娠中は、体調を優先して無理のないペースで通勤しましょう。

2020年01月11日

専門家のコメント
25
    すみっこ先生 保育士
    一時間ちょっと掛けて電車と自転車を使って通勤をしていました。職場の先生方がとても気を使ってくれ、無理せずにと声をかけてくださいましたが朝は気が張っていたのか妊娠によって体調がつらくなることはありませんでした。早朝だったので電車も満員ではなく常に座ることができていたのも良かったのだと思います。ただ、やはり帰りは辛かったです…座れる車両がないときは何本か見送ったりしていました。休みながら無理しないで行動することが大事ですよね。
    あーちん先生 保育士
    妊娠中も普通に自転車で通勤していました。さすがにお腹が大きくなってからは運動もかねて歩いて行っていました。

    電車での通勤は辛いですよね、、妊娠中でなくても満員電車はきついので。。
    せおみ先生 保育士
    妊娠中は車で10分ぐらいだせだったのですが、つわりの時期はクルマのなかで吐きながら運転していました。朝ご飯を食べてすぐに、歯磨きや動いたりする事が気持ち悪くなってしまっていたので、朝の準備は休み休み、余裕を持ってする様にしていました。
    ぷん先生 保育士
    妊娠中、通勤では無いですが電車で片道1時間の場所に数日間通わないといけない時期がありました。朝は人が多く、帰りは人の香りに酔ってしまい体調を崩してしまいました。通勤だと毎日のことでしょうから、混む時間を避けたり、何かと工夫が必要だろうなと感じました。
    ひよこ先生 保育士
    2月に入籍予定で、来年度は妊娠希望を出しているので、この記事はとっても参考になりました!
    車で1時間の通勤になりますが、早め早めに行動しようと思います。
    はなこ先生 保育士
    電車通勤の方はとても大変ですよね。満員電車はなるべく避けたいですが、そうもいかない場合もありますよね。本当に無理をしないで職場に相談したりすることをまずは優先してみてくださいね!

    私は自転車🚲で通勤できる距離でギリギリまで自転車で行っていました!自転車も危ないですよね。。何度も職場の方に叱られました!
    最後の方は車で行かせてもらいました!お腹が大きくなるにつれて色々と不便になることも増えます。
    周りの協力は必須です!
    はつみ先生
    @はなこ先生さん
    妊娠中の通勤はなるべく空いてる車両に行き、園に配慮してもらいながら出勤していました。 帰りは混む前に帰らせてもらい、できるだけ満員電車は避けました。お腹が大きくなると、車の運転も危ないので難しいですね。
    りお先生 保育士
    電車に乗るのであれば、時差出勤制度を利用し、出来るだけ電車の空いている時間に通勤することをお薦めします。
    満員電車だとお腹が圧迫されますし、ずっと立っているのもしんどいです。
    私は、時差出勤ではなかったのですが、朝早い時間に出勤し、早めに仕事を始めて、定時キッカリに帰宅するようにしていました。
    翌日に疲れが残らず、良かったと思います。
    ぽんた先生 保育士
    電車は席を譲ってもらえるとも限らないので、始発を待って座ったり、グリーン車や特急を使ったりと、できる範囲で工夫をした方がいいかなとは思います。満員電車は、妊婦というか、赤ちゃん連れにも、リスクが大きいです。押されてつぶれたり、座っていても、つぶさせる危険はやはりあります、、。出勤退勤時間を、ずらしたり、遠回りでも空いている経路にするとか、安全第一でいければと思います。
    わか先生 保育士
    産休に入るまで、車で40分くらいかけて通勤していました。
    お腹が苦しいより、妊娠中、眠気が酷かったのでしっかりと睡眠を取るように気を付けていました。
    出産当日まで車の運転は出来たので、もちろん無理は禁物ですが必要以上に不安になることはないと思います(^^)
    きらり先生 保育士
    産休に入るまで自動車で片道40分程運転していっていました。とにかくいつもより早めに家を出て、安全運転!座席には座布団を敷いて運転していました(^o^)
    ちぃ先生 保育士
    電車通勤をしていました。マタニティーマークをつけて電車に乗りました。
    立ってるのが辛くなり途中で降りたこともあります。時間には余裕を持っていくといいですね。
    つわりの時期は何か口に入れられるものも鞄にしのばせていました。
    なごみ先生 保育士
    産休に入るまで通勤に1時間半、そのうち電車では1時間かかっていました。安定期に入るまでは何度も貧血で途中下車していました。そうなることも見込んで1時間大目にみて出勤していました。あと帰宅時はラッシュの時間を避けてでん車に乗るようにしていました。
    なこ先生 保育士
    私は幸い電車で3分の距離だったので困った事はありませんでしたが、それでも臭いがキツい時や頭痛がする時に座りたいなと思った事があります。マタニティマークを付けて、優先席を譲って貰うなどしたら良いと思います。
    いちご先生 保育士
    1人目のときはバス通勤、2人目のときは車通勤でした。
    バス通勤では、お腹の大きさが目立たなくても、マタニティストラップで周りの方が気を掛けてくださり、席を度々譲っていただきました。
    いちぽ先生 保育士
    車で20分の通勤でした。
    つわり中でも、運転中は気持ち悪くならなかったので救われました。臨月に入るまで車出勤続けてましたよ!
    みぃ先生 保育士
    車で20〜30分ほどの通勤でした。
    つわりが酷く運転中に気持ち悪くなっていた為、袋を常備していました。
    停車できそうな時は停車したりして、無理そうな時は運転しながら袋にリバース…なかなかハードでした…
    安定期には落ち着きましたが、出来るだけゆっくりな運転を心掛けました。
    かいまな先生 保育士
    産休に入るまで電車通勤していました。
    つわりの時期はお腹が大きくないので、妊婦だと気付かれることが少なく、満員電車は本当に辛かったです…。
    妊娠8ヶ月頃になるとお腹も目立ってきていたので、席を譲ってもらえることが多かったので、本当に助かりました。
    妊婦マークのキーホルダーを必ずカバンに付けて通勤していました!
    のの先生 保育士
    私は車通勤だったので、妊娠後はいつもより余裕を持って出るようにしていました。また、帰り道など疲れから眠くなってしまうことがあったので、無理をせずコンビニなどで休んでから帰りました。
    ゆきんこ先生 保育士
    車通勤だったのでまだよかったですがつわりの辛い時は車に乗るのがきつかったです。
    自転車はあまり良くないとの事だったので乗っていませんでした。
    ひまわり先生 保育士
    通勤時間は、車で20~25分でした。
    妊娠中でも、産休に入るまでは普通に運転していました。
    何かあってはいけないので、時間にゆとりを持って仕事に行くようにしていました。
    つわりのときは、ミンティアレモンを食べると落ち着いていたので、車の中でもずっと食べていました。
    のんの先生 保育士
    妊婦です!とアピールは大切。
    妊娠中の通勤は本当につらいですよね。睡魔に襲われたり、つわりだったり。お腹が目立たない初期の方が体調がわるくなりがちなんですよね。
    妊娠初期というのは、周りに気づかれないので、ぶつかられたりしがちです。妊娠中だということを伝えられるようにマタニティーマークを鞄の見えやすいところに貼っておきましょう。
    また、通勤ラッシュの時間帯をずらして通勤できるよう会社に交渉することもできます。
    めい先生 保育士
    歩いて行ける場所だったので、通勤は特に困らなかったです。同僚には妊娠中に自転車で子どもを保育園に預けてから出勤する方もいました。
    あー先生 保育士
    車で通勤していましたが、通勤途中つわりで気持ち悪い時などは途中コンビニなどに立ち寄って休憩しながら通勤していました!なので朝はなるべく早めに家をでて、時間に余裕を持って行動していました!朝時間に余裕のない時は朝惣菜パンを買ってきたりと、時間をつくる工夫をしていましたよー!
    さと先生 保育士
    最寄り駅まで自転車で通勤していました。
    妊娠がわかると医師から自転車はできたらやめたほうがいいとアドバイスされました。
    しかし歩くのは大変、どうしようかなぁと思いつつ自転車通勤を続けていた矢先に、同じく自転車に乗ったおばあちゃんにぶつけられてしまいました。
    幸い衝撃は弱くどちらも怪我はなかったのですが、それ以来は乗るのをやめました。
    cocoまま先生 保育士
    職場の上司や同僚に恵まれているとかなり助かりますよね^ ^無理しないでと一声あるかないかで精神面でも救われますよね^ ^自分で出来る事はマスクはまず必須。電車や地下鉄等の場合はなるべく混む時間帯は避けたいですね^ ^
おすすめユーザーのコメント
2
    MARU
    妊娠中は、お腹が大きくなるまで自転車通勤でした。危なっかしい運転だったと思います。営業職だったので、つわり中のアポイントで電車に乗る機会が多くて大変でした。
    早く出るのがよさそうですね。
    YSK
    自宅の直ぐ近くに始発のバス停があったので妊娠中はバスで都心まで出てました。
    最寄りの電車は混んでるで有名な線だったので耐えられなく、バスにしてましたが乗り物酔いがひどくどっちもキツかった思い出です😅

生活の関連記事

カテゴリ一覧