【産婦人科医監修】妊娠超初期・初期の自転車は乗ってもよいのか

【産婦人科医監修】妊娠超初期・初期の自転車は乗ってもよいのか

考えられるリスクや注意点など

妊娠超初期や妊娠初期の自転車利用は控えた方がよいのでしょうか。妊娠中に自転車に乗ることで考えられるリスクと、仕事や通勤など普段から自転車を使っている場合、どのようなことに注意をして自転車に乗ったらよいかについて解説します。また、妊娠に気づかずに自転車を運転してしまったときの注意点をご紹介します。

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

妊娠初期の自転車

妊娠中は、今まで普通に行っていたことにも敏感になることが増えますよね。妊娠中に自転車に乗ってよいのか気になる人もいるでしょう。妊娠中に自転車に乗ってはいけないという決まりはありませんが、妊娠しているときに自転車に乗ることにはリスクが伴います。

妊娠超初期の自転車はお腹の赤ちゃんにどのような影響があるのでしょうか。

妊娠初期に自転車に乗ることで考えられるリスク

自転車
iStock.com/maroke

妊娠初期に自転車に乗ることはいくつかの危険が伴います。

事故につながりやすい

妊娠中はホルモンバランスが変化し、注意散漫になったり、反射神経が鈍くなるため事故を起こしやすくなります。また、自転車は転倒する可能性もあります。

専門家も以下のようにいっています。

やはりお勧めはできません。 普通に歩行するよりも、自転車の方が転倒をしてしまうリスクがありますので、万が一転倒してしまった時が危険です。妊娠初期はつわりによる体調不良や眠気で集中力が低下し、事故も起こしやすくなるとされています。主治医の意見も参考にして、どうするか決められると良いと思いますよ。
出典: AskDoctors

お腹に負担がかかる

自転車のペダルを踏み出すときにお腹に圧力がかかりやすくなります。自転車に乗って振動がお腹に伝わったり、周りに注意して緊張しながら自転車を運転すると、子宮が刺激されてお腹が張る場合があります。

また自転車に乗ると、背中が丸まり前かがみの姿勢になります。前かがみの体勢はお腹が圧迫されます。

マウンテンバイクやBMX、小型自転車はお腹の負担がより大きくなるので、自転車の型を考えることも大事です。

骨盤のゆがみ

自転車のサドルが小さめだと骨盤全体が均等に支えられず、骨盤が左右に開いてしまう可能性があります。

また背中を曲げた状態で運転すると、骨盤が傾いて歪みやすくなるので注意が必要です。

妊娠初期に自転車に乗るときの注意点

妊娠超初期や妊娠初期の自転車の利用は控えた方がよいですが、どうしても乗る場合には以下のようなことに配慮しましょう。

サドルを低くする

地面にしっかり足がついていないと転倒する恐れがあります。サドルは低めにし、両足がつくように設定をしましょう。

運転する道を選ぶ

段差やデコボコ道を自転車で運転すると、振動がお腹に響きやすいので避けた方がよいです。

なるべく平坦な道を選び、段差や上り坂を通るときには自転車から降りて、押すようにしましょう。

長時間は運転しない

長時間の自転車に座って運転すると、骨盤や股関節に負担がかかることはもちろんですが、長時間運転は疲れが溜まったり、注意力が低下するため、事故につながる可能性があります。

運転する格好に注意

妊娠中は、ゆったりとした洋服になることが多いですが、丈の長いスカートは運転中にスカートがタイヤに巻き込まれて転倒する危険性があります。

サンダルは脱げやすいのでスニーカーで運転することは妊婦さん自身も注意すると思いますが、スニーカーの底が滑りやすくないかの確認もするようにしましょう。底が滑りやすいと、自転車をこいだときにペダルから足が外れてしまうことがあるので、脱げたり滑ったりせずに足にぴったり合っている靴を選ぶことが大事です。

スピードは出さない

妊婦さん自身が注意をしていても突然横からほかの自転車や歩行者の人が出てくる場合があります。急に止まることになったときにスピードが出ていると止まったときの反動も大きく、身体に負担がかかりやすくなります。

信号が変わったときや急な展開にも対応できるようにスピードを出さずにゆっくり運転するようにしましょう。

無理をしない

暑い日の運転は、特に体力を消耗しやすいです。妊娠時の自転車の運転は、日中の日差しが強い時間帯を避けて、午前中や夕方の涼しくなってきた夕方の時間にしてください。

雨の日は地面が滑りやすく、風が強い日はハンドル操作が思うようにいかずに転倒する危険があるため、天候が優れない日や、ママの体調がいつもと少しでも違うと感じたときには自転車の運転はしないことが重要です。

妊娠に気づかずに自転車に乗ってしまったときの対処法

日常生活で自転車を使っている人は、妊娠超初期や妊娠初期には妊娠に気づかずに自転車に乗ってしまったという人もいるでしょう。

自転車を運転したあとに妊娠に気づくと、振動などがお腹の赤ちゃんに影響しないか心配になりますよね。

運転中に衝突や転倒など特に変わったことがなく、妊婦健診で問題がなければ心配せずにそのまま経過をみましょう。もしも少しでも気になることがあれば医師に相談することが大切です。

体調や必要性を十分考えて自転車に乗ろう

歩く妊婦さん
iStock.com/monzenmachi

妊娠超初期や妊娠初期は、お腹もまだ目立たず身動きがとれるため自転車に乗っても平気だと思うママもいるかもしれませんが、自転車に乗る姿勢やペダルを踏みこむときにお腹に負担がかかったり、転倒する可能性があるため、妊娠が分かったら自転車の運転はなるべく控えた方がよいです。

しかし、今まで自転車移動で生活をしていた人は、自転車が使えなくなると不便に感じたり、通勤や移動に影響が出る場合もあるかもしれません。

妊娠中に自転車を運転するときは、スピードを出さずに、でこぼこ道は避ける、服装や靴に十分配慮することが大切です。距離や自転車で移動する必要性をよく考えて、自転車に乗るか乗らないかを判断をすることが重要です。

少しでも熱っぽかったり、疲れがたまっているときなどいつもより体調が優れないときには自転車に乗らないことをおすすめします。

監修:杉山太朗(田園調布オリープレディースクリニック)

No Image

杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

杉山太朗の監修記事一覧(バックナンバー)

信州大学卒医学部卒業。東海大学医学部客員講師、日本産科婦人科学会専門医、母体保護法指定医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医。長年、大学病院で婦人科がん治療、腹腔鏡下手術を中心に産婦人科全般を診療。2017年田園調布オリーブレディースクリニック院長に就任。

患者さんのニーズに答えられる婦人科医療を目指し、最新の知識や技術を取り入れています。気軽に相談できる優しい診療を心がけています。

子どもの病気に関する不安や悩みは、医師の回答で今すぐ解決!

日本最大級の医師Q&Aサイト アスクドクターズ(AskDoctors)

「子どもが頭を打った」「外食して2時間後にじんましんが出た」など、子どもの病気や気になる症状について医師に相談できるのが、日本最大級の医師Q&Aサイト「アスクドクターズ」です。

最短5分で複数の医師から回答がもらえるだけでなく、200万件以上の相談事例を症状や病名から検索することもできます。

かかりつけ医とともに、子育て中のママやパパの頼もしい味方になってくれそうですね。

2019年02月21日

専門家のコメント
22
    もえ先生 保育士
    うちの地域は自転車がないと生活できないので、こういう記事参考になります。誰に聞いたらいいの
    かよう先生 保育士
    車の運転は控えた方が良いと聞きますが、自転車はよく分からなかったので参考になりました。
    のの先生 保育士
    妊娠中の自転車の運転はあまりオススメしません。自分の運転以外に他人から当られるなど考えると
    せおみ先生 保育士
    自転車は振動も直接くるし、転倒した時などを考えると怖いですよね。リスクもともなる事は自転車
    あー先生 保育士
    わたしは自転車に乗るのが下手くそなので、乗りませんが、移動手段でどうしても必要な場合は仕方
    ぺち先生 保育士
    超初期は気づいていない場合もありますし、仕方ないと思いますが、転倒の恐れもあるので妊娠がわ
    ゆきんこ先生 保育士
    普段から自転車に乗っていると妊娠してからも乗る機会があるかと思いますが、お腹に負担がかかっ
    いちご先生 保育士
    自転車はやめたほうが良いと医師から聞きましたよ。自分をガードするものがなく危険です。自転車
    いちぽ先生 保育士
    自転車は直接振動もきますし、転倒した時ダイレクトに体に響くかなと思いますが、どうしても自転
    くじら先生 保育士
    妊娠が判明してからだと自転車の運転を控える人が多いと思いますが、妊娠超初期だと気付かず乗っ
    みぃ先生 保育士
    車の運転はしていましたが、お腹が大きくなる前で負担は感じないとはいえ段差や揺れが怖いので、
コメントをもっと見る

生活の関連記事

カテゴリ一覧