妊娠しやすい体づくりは可能?妊娠力アップとピルの関係【宋美玄】

妊娠しやすい体づくりは可能?妊娠力アップとピルの関係【宋美玄】

読者からお悩みを募集し、子育て、教育、健康など各分野の専門家にご回答いただく人生相談コーナー。今回は丸の内の森レディースクリニック院長の宋美玄先生が、「3年後に自然妊娠したい」というお悩みに答えます。

宋美玄(ソンミヒョン)
01

【お悩み】3年後、35歳で2人目を妊娠するためにできることはありますか?

2歳女子のママ
31歳で一人目を出産し、2歳まで育休をとりました。いずれは2人目が欲しいと考えていますが、産休明けすぐにまた育休に入るのは職場の雰囲気的にもあまり喜ばれませんし、自分自身も今はまだキャリアを優先したいため、なんとなく3年は間をあけたいなと考えています。

とはいえ、3年開けると35歳になるのでそのとき自然妊娠できるのか心配です。歳を重ねても妊娠しやすくなる体作りの方法はあるのでしょうか??

【宋先生の回答】妊娠しやすい体作りというものはありません!

近年女性誌やメディアでよく見かける「妊娠力」や「妊娠力アップ」という言葉は、妊娠を希望する人にとっては実に魅力的なキーワードですよね。

同時に、メディアや広告などの影響で、ライフスタイルの改善など、自分の努力次第で「妊娠力」は高められるもの、と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、残念ながら、妊娠力アップ、つまり妊娠しやすい体作りというものはありません。

たとえば
・子宮や足先を温めると妊娠しやすくなる
・サプリを飲むと妊娠しやすくなる
・ヨガをすると妊娠しすやくなる
・妊娠しやすくなる習慣

などと謳っている商品や記事を見かけることはよくあると思います。

結論からいいますと、現在の産婦人科医療でも卵子の老化を止めることはできません。そのため、安易に「妊娠力アップ」をうたっている商品や記事などは疑ったほうがよいでしょう。

それよりも巷に溢れる誤った情報に惑わされず、妊娠、妊活に関する正しい知識を身に着けることこそが、妊娠への近道です。

自然妊娠を目指すためには、規則正しい食生活や睡眠、運動といった生活習慣の改善はもちろん重要ですが、これらも本来的な妊娠力アップではなく、妊娠力をダウンさせない程度の効果しかありません。

医学的根拠がありながら、妊娠力、専門的には妊孕性(にんようせい)を高めることができる唯一の方法が、ピルを飲むことです。

ピルの効果と妊娠力の関係性

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、エストロゲンは排卵前の卵胞から分泌され、プロゲステロンは排卵後に形成される黄体から分泌されます。

ピル(低用量ピル)は、エストロゲンとプロゲステロンが配合された錠剤で、接種することで排卵を抑えるため、生理周期をずらす、生理を軽くする、避妊効果など、女性特有の体の悩みをコントロールすることが可能です。

ピルは月経困難症、PMS、PMMDなどで悩む女性には保険適用で処方することができます。また、プロゲステロンのみが含まれている「ミニピル」も、排卵を抑えてくれます。

「ピル」というと一般的には避妊薬というイメージが強いですが、排卵が抑制されるため、卵巣を休ませることができ、若い女性に多く、不妊の原因にもなりうる子宮内膜症を予防してくれます。

ただし、あくまでも「何もしないで数年経過した場合に比べて」という意味であり、「今より妊娠しやすくなる」わけではありません。

あくまでも「今すぐ妊娠を望まないがいつかは妊娠したい」と考える方への選択肢のひとつといえるでしょう。

相談者さんは3年後なら妊娠出産が可能と予測がついているのであれば、3年後の妊娠を確約するものではありませんが、飲んでおいて損はありません。

ピル=避妊薬というイメージが強いため、「ピルを飲み続けると不妊になる」という間違った認識を持っている人もいますが、実際には子宮と卵巣を休ませてくれる効果があるため、いつか妊娠を考えている人にこそ有効です。

ピルを服用しない場合、毎月排卵して卵巣を酷使するだけでなく、子宮内膜症になり、結果的に妊娠しづらくなってしまう可能性があります。

もちろん、ピルの服用をやめれば子宮も卵巣も元通りになるため、妊娠可能です。

もしも「今すぐには妊娠出産予定はないが、将来的には妊娠出産したい」と本気で考える場合、ピル以外にも卵子凍結保存などの方法もあります。

もちろん卵子凍結も「絶対に妊娠できる」と保証するものではありませんが、若いうちに採卵すれば、いざ妊娠を考えるときに若い頃の卵子を使うことができるため、理屈からいえば妊娠率は上がります。

一般的に20代前半~30代前半のほうが自然妊娠できる妊孕力(妊娠しやすさ)は高いですが、「30代後半になったら卵子が老化する」という言葉だけを信じて悲観する必要はありません。
実際、34歳までは妊娠しやすくて、35歳になった途端に急激に妊娠できなくなるというものではないのです。

いつか妊娠したいと考える女性が今のうちにやっておく基本は、
・自分の体が排卵しているかを調べること
・標準体重をキープすること
・婦人科系の病気がないか定期健診を受けること
・喫煙をしないこと

これらにプラスして、ピルを飲み、子宮内膜症などの不妊の原因を防ぐことです。

自分の体のすべてをコントロールすることはできませんが、生理はピルでコントロール可能です。

生理をコントロールすることは将来的な妊娠しやすさにつながる、という正しい知識を持つことが重要です。
No Image

宋美玄(ソンミヒョン)

宋美玄の記事一覧

産婦人科医、医学博士、日本周産期・新生児学会会員、日本性科学会会員。
一般社団法人ウィメンズヘルスリテラシー協会代表理事。
丸の内の森レディーズクリニック院長。
1976年1月23日兵庫県神戸市生まれ。
2001年大阪大学医学部医学科卒、同年医師免許取得、卒業後大阪大学産婦人科入局。
2007年川崎医科大学講師就任、09年にイギリス・ロンドン大学病院の胎児超音波部門に留学。10年に出版した『女医が教える本当に気持ちいいセックス』(ブックマン社)がシリーズ累計70万部突破の大ヒットとなり、各メディアから大きな注目を集める。その後も、各メディアへの出演や妊娠出産に関わる多くの著書を出版。
2012年女児、15年に男児を出産し2児の母になり子育てと産婦人科医を両立。
“診療95%、メディアへの露出5%”としながらも、“カリスマ産婦人科医”として、対応しうる限りのメディア出演、医療監修等で様々な女性のカラダの悩み、妊娠出産、セックスや女性の性などに女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

宋美玄オフィシャルサイト

2021年09月21日

基礎知識の関連記事

  • 不妊治療で、費用の自己負担がどのくらいになるのか心配する方は多いのではないでしょうか。2022年4月から不妊治療に対する保険適用範囲が拡大されるほか、自治体の助成金もあるため、工夫次第で負担を軽減できることをご存じですか。今回は、不妊治療にかかる費用について目安や具体的な事例、保険適用の範囲、どのくらい予算を用意しておけばよいか、費用を抑えるためにできることをご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療には不安や悩みが付きものですが、その一つが費用負担の問題です。2022年4月からは不妊治療に対する保険適用範囲が拡大され、自治体に申請すればもらえる助成金もあり、工夫次第では以前よりも経済的負担を軽減できるようになりました。それに加え、この記事でお伝えしたいのは、不妊治療の費用を確定申告することで、税金が戻ってくること。「確定申告ってむずかしそう」「調べるのが面倒」という方に向け、メリットや手続きの方法などを解説いたします。

    福本眞也

  • 不妊にはさまざまな原因がありますが、年齢もその中の一つ。女性の人生では、年齢と妊娠の関係を考える機会が多いものですが、もちろん男性も無関係ではありません。妊娠する・させる力(妊孕力)は男女を問わず加齢によって減少します。この記事では、年齢が不妊に与える影響、対処法、妊娠のための生活習慣などを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 不妊治療の結末は誰にも予想ができず、努力をしたからといって必ずしも望んでいた結果が得られるわけではない。「だからこそ、ゴールをどこに置くのかが重要」と産婦人科医の高尾美穂先生は話す。パートナーと同じゴールに向かって協力することが必要不可欠だが、不妊治療のゴールとはどのように設定するのがよいのだろうか

    高尾美穂

  • 世界で初めて体外受精による赤ちゃんが誕生したのが1978年。日本においても不妊治療を受ける方が増え、体外受精による出生児数も増えている。一方で「不妊治療を始める前に知っていただきたいことがある」と話すのは産婦人科医の高尾美穂先生。多忙な現代を生きるわたしたちは妊娠そのものをどう考えたらよいのだろうか

    高尾美穂

  • 妊娠37週から41週のママに起こる前駆陣痛。本陣痛の前に来る不規則な陣痛を指しますが、出産を控えて落ち着かない中で「この異変はもしかして本陣痛?」と勘違いしてしまうことも珍しくありません。この記事では、前駆陣痛の特徴や症状、その他の痛みとの違い、対処法や注意点、体験談をご紹介します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 「子どもがほしい」そう考える夫婦が妊娠・出産を目指して取り組む「妊活」。晩婚化が進む日本では、比例して妊娠・出産を希望する年齢も高くなり、「不妊治療」を受ける方も年々増加傾向にあります。そんな妊活や不妊治療を検討する際に役立つ、基礎知識から不妊治療の課題、海外の事例などを紹介した記事をまとめました。

  • 妊娠兆候のひとつである「インプランテーションディップ」。妊娠を希望する方や、妊活を経験された方は、一度は聞いたことがあるかもしれません。いつ頃に見られる現象なのか、見られなくても妊娠している可能性はあるのか。また基礎体温との関係や、妊娠検査薬はいつから使えるのか、など気になるポイントを解説します。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • ふたごやみつごが生まれる割合は、約50年前と比較すると倍増していることを知っていますか?これには、不妊治療が関係しているようです。多胎妊娠のしくみや、母体と胎児それぞれのリスクや、備えておくことなどを田園調布オリーブレディースクリニック院長の杉山太朗先生に聞きました。

    杉山太朗(田園調布オリーブレディースクリニック)

  • 人によって治療期間や心理面、体調面の負担が大きく異なる不妊治療。周囲の人に相談できない、パートナーと足並みをそろえて取り組めないなどといった悩みをひとりで抱える人も多くいます。日本ではあまり普及していない「カウンセリング」を、不妊治療の場でも上手く活用するためには?生殖心理カウンセラーの平山史朗さんに話をうかがいました。

    平山史朗

  • 治療ステップによっては高額な医療費がかかる不妊治療。現在日本では人工授精以降の治療ステップは自己負担だが、2022年春をめどに保険適用の範囲を拡大する動きがある。実現すれば、経済的な理由で不妊治療をあきらめていた方たちにとって一つの転機になるが、海外では不妊治療の多くをすでに保険適用としている国も少なくない。いくつかの国を挙げ、不妊治療の経済的支援の事例をみていく。

  • ライフスタイルやキャリアの多様化に伴い、未婚、晩婚、晩産化が進んでいる。不妊治療を視野に入れたときに、費用や仕事との両立はどうなるのか。「不妊治療を始めようと決めたものの、お金のことや、どんな治療やサイクルで進めるのかイメージが沸かない」という方へ向けて、データと体験談で解説していく。

カテゴリ一覧