マタニティ期の仕事服。ワンピース・パンツ・スカートを季節別の選び方

マタニティ期の仕事服。ワンピース・パンツ・スカートを季節別の選び方

仕事用のマタニティウェアはどこで購入する?

仕事用にマタニティウェアを購入するときに、どこで買えばよいか、どのようなことを気をつけたらよいのか悩むこともあるかもしれません。仕事用のマタニティウェアをどこで購入するか、マタニティトップス、ボトムス、ワンピースを選ぶときのポイントをママたちの体験談を交えてご紹介します。

仕事用のマタニティウェアを購入するとき

洋服屋さん
nito/Shutterstock.com
ママたちは、仕事用のマタニティウェアをどこで購入しているのでしょうか。
30代ママ
ショッピングモールに入っている店舗や、ベビー用品店で買いました。
30代ママ
もともとゆったりしたデザインの服が多く、あらたに仕事用のマタニティウェアを購入することはありませんでした。ズボンはもとから履いているジーンズにアジャスターベルトを取り付けて対応しました。
30代ママ
ファストファッションで大きめのサイズの服を購入して着ていました。妊婦の頃だけだともったいないので産後も着られるデザインを選びました。
働くママは、ベビー用品店やアパレルショップで、長く着られるようなサイズやデザインのマタニティウェアを購入することが多いようです。

マタニティトップスを選ぶポイント

トップス
iStock.com/kurmyshov
仕事場で着るマタニティトップスを選ぶときのポイントをママたちに聞きました。

春夏

30代ママ
ゆったりとしたシャツを着ていました。インナーはブラカップのついたものを使用し、体を締め付けないようにしていました。
30代ママ
軽くて通気性がよいことを重視し、ドルマンスリーブのシンプルなカットソーなどを好んで着ていました。黒や白、紺などの落ち着いた色のものを選んでいました。
妊婦でも着られるゆったりとしたデザインのトップスを選ぶママが多いようです。冷房で体が冷えることもあるので、カーディガンを持ち歩くという声もありました。

爽やかな印象を与える白やベージュなどのベーシックな色は仕事服として活躍するでしょう。

秋冬

30代ママ
コートは臨月でもお腹が隠れるくらいゆとりのあるものを着ていました。
20代ママ
マタニティトップスは購入せず、大きいサイズやゆったりしたデザインのトップスを選んでいました。腹巻をしてお腹を冷やさないようにしていました。
仕事用のマタニティトップスには、お腹周りがゆったりとしたきれいめのニットなどを選んでもよいでしょう。

産後も着られるように、授乳しやすいデザインのトップスを選びたいママは、コットンシャツやフレアタイプのトップスがよいかもしれません。

マタニティボトムスを選ぶポイント

働くママがマタニティボトムスを選ぶときに気をつけていることをご紹介します。

春夏

30代ママ
スカートはロング丈のものを選び、夏でも下半身を冷やさないようにしていました。
30代ママ
お腹がきつくなってからはトップスをワンピースにして、マタニティ向けのレギンスやタイツを履きました。靴はいつもフラットのパンプスを合わせていました。
暖かい時期でも下半身を冷やさないように工夫しているママがいました。

美脚効果のあるパンツやタイトスカートなど、マタニティウェアに見えないデザインのボトムスも販売されているので、妊娠中もおしゃれを楽しめそうですね。

秋冬

30代ママ
お腹部分が腹巻のようなゴムになっているデニムのワイドパンツをよくはいてました。
お腹があたためられて温活になっていたと思います。
20代ママ
裏起毛になっている温かいパンツを履いて暖かくしていました。着回ししやすい黒いパンツを履くことが多かったです。
防寒対策を意識してパンツを選ぶママが複数いました。スカートを履くときは、タイツや腹巻、毛糸のパンツなどを履いて、冷やさないように気をつけたという声もありました。

マタニティワンピースを選ぶポイント

仕事用のマタニティワンピースを選ぶとき、ママたちはどのようなことを意識しているのでしょうか。

春夏

30代ママ
上下が別れているように見えるワンピースを着ていました。きれいめに見えるので仕事に行くときに使えました。
30代ママ
服装が自由な職場なので、お腹周りが楽なように、すとんとした形のワンピースにレギンスとぺたんこ靴を合わせてコーデする多かったです。
仕事用のマタニティウェアにワンピースを選ぶママが複数いました。ワンピースは体の締め付けがなく、コーディネートをしやすいため、妊娠中の仕事服としても活躍するようです。

デザインが豊富なので、おしゃれも楽しめそうですね。

秋冬

30代ママ
とにかく冷やさないようにワンピースを着るときでもマタニティ用のタイツを履いて暖かくしていました。
30代ママ
しっかりした素材のすとんとした形のニットワンピースは、妊婦でも着られて、だらしなく見えず仕事にも着ていけました。
産後も着られるように授乳口のついたワンピースを選んだという声もありました。

暖かい素材でできたきれいめなデザインのワンピースも多いため、機能性とデザインのどちらも重視したいママにはぴったりのアイテムかもしれません。

季節に合わせてマタニティ期の仕事服を選ぼう

マタニティワンピース
iStock.com/OstapandRoksolanaMykytiv
仕事で着るマタニティウェアを買うときは、べビー用品店やファストファッションを利用するママが多いようです。

ゆったりしたデザインのトップスやワンピース、下半身が冷えにくいボトムスなどの服を、黒やベージュなどベーシックな色で選ぶとよさそうですね。授乳口がついたワンピースや、コットンシャツなど授乳しやすいデザインのトップスは長く着られるでしょう。

靴はヒールの低いパンプスだと、歩くときに安定感があり、コーディネートにも組み入れやすいかもしれません。

着心地や機能性、デザインを考えて、それぞれの季節にあった仕事用のマタニティウェアを着られるとよいですね。

2019年08月21日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧