子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

マタニティでもおしゃれを楽しめる服装。春夏や秋冬に選んだコーディネートなど

マタニティでもおしゃれを楽しめる服装。春夏や秋冬に選んだコーディネートなど

妊娠してからのマタニティ期間もおしゃれな服装を楽しみたいと考えるママもいるのではないでしょうか。今回は、マタニティウェアの用意の仕方やマタニティ期間もおしゃれを楽しむためのポイント、春夏や秋冬に選んだマタニティコーディネートを体験談を交えてご紹介します。

マタニティでもおしゃれな服を着たい

妊娠してからもおしゃれな服を着たいと考えるママもいるのではないでしょうか。お腹が大きくなってくると、妊娠前の服を窮屈に感じ、マタニティウェアを用意しようと思うこともあるかもしれません。ママたちはどのような工夫をして妊娠中におしゃれなマタニティファッションを楽しんでいたのでしょうか。

マタニティウェアの用意の仕方

マタニティ期間に着る服は、どのように用意することができるのでしょうか。ママたちにマタニティウェアの用意の仕方を聞いてみました。

お店で購入した

「赤ちゃん用品店のマタニティコーナーで購入しました。試着できたので、サイズ感や着心地がわかって選びやすかったです」(30代ママ)

「ショッピングセンターで購入しました。実際に手に取って選べるので、自分の体型や好みにあったマタニティウェアをコーディネートして選べたのがよかったです」(20代ママ)

お店へ行き、実際に商品を見るとイメージしやすく選びやすいかもしれませんね。ファッションブランドによっては、マタニティウェアを取り扱っていることもあるようなので、妊娠前から利用しているお店でマタニティウェアを購入したというママの声もありました。

通信販売を利用した

「インターネットで購入しました。いろいろなデザインやサイズのマタニティウェアを取り扱っているので、選ぶのが楽しかったです」(20代ママ)

「通販カタログでマタニティウェアを用意しました。スマホより大きな写真が見れたので、どのようなデザインかわかりやすかったです」(40代ママ)

妊娠中の外出が難しい場合は、インターネットなどの通信販売を利用すると便利かもしれませんね。お店で選ぶよりも服の種類が多く、おしゃれなマタニティウェアを選びやすかったというママの声もありました。

大きいサイズの服で代用した

「使える期間が短いと思ったのでマタニティウェアは購入しませんでした。妊娠前より大きめのサイズで、ふんわりとしたデザインの服で代用しました」(30代ママ)

大きめのサイズやゆったりとしたデザインの服を選び、マタニティウェアのかわりに使ったママもいるようです。お腹が隠れる長め丈のトップスやワンピース、ウエストが調整しやすいボトムスを選ぶと、マタニティ期間でも着やすかったというママの声もありました。

マタニティ期間もおしゃれを楽しむポイント

おしゃれを楽しみたいとき、マタニティウェアに見えないようなデザインの服を着たいと考えるママもいるのではないでしょうか。ママたちに聞いた、マタニティ中でもおしゃれを楽しむポイントをご紹介します。

流行を取り入れる

「季節の流行色や柄を取り入れたマタニティウェアを選びました。妊娠中もおしゃれを楽しむことができて気持ちも明るくなりました」(20代ママ)

「服のどこかに流行を取り入れておしゃれをしたいと思いました。素材や刺繍などはマタニティの服装にも取り入れやすく、マタニティウェアでも流行のファッションを楽しめました」(40代ママ)

流行を服の一部に取り入れてコーディネートすると、妊娠中もおしゃれなファッションを楽しめるかもしれません。シンプルなマタニティウェアを選び、鞄や靴などの小物で流行を取り入れたというママの声もありました。

着回せるものを選ぶ

ボーダーのマタニティ服
iStock.com/artursfoto

「マタニティウェアは使える期間が短いと思ったので、できるだけ着回しができそうなものを選びました。無地やデニム、ボーダーなどを選ぶとコーディネートしやすいので、少ない枚数でもおしゃれを楽しむことができました」(20代ママ)

「オーバーサイズの服なら妊娠中も着ることができたので、マタニティウェアは手持ちの服と気回せるものを選びました。着回しができると、コーディネートの幅が広がって妊娠中の外出も楽しみになりました」(30代ママ)

組みあわせ次第でさまざまなコーディネートを楽しめるような、着回しができるマタニティウェアを選んだママもいるようです。定番アイテムを用意しておくと、どのような服ともあわせやすくコーディネートを楽しめそうですね。

体型カバーをする

「食べづわりで体重が増えてしまいました。体型をカバーするデザインのマタニティウェアを選ぶと、すっきりと見えるので妊娠中もおしゃれを楽しむことができました」(40代ママ)

「普通の服だとお腹部分が目立つようになりました。カシュクールになっているワンピースを選ぶと、お腹が目立ちにくくファッションを楽しめました」(20代ママ)

気になる体型をカバーするデザインのマタニティウェアを選び、おしゃれを楽しんだママもいるようです。濃い色やストライプ柄を着ると、大きくなったお腹もすっきり見えたというママの声もありました。

ママたちのおしゃれなマタニティコーデ

マタニティウェアは、季節によって選ぶ服もさまざまなようです。春夏や秋冬に着た、ママたちのおしゃれなマタニティコーデをご紹介します。

春夏

「春にベージュのマタニティワンピースとGジャンをあわせました。明るい色のスニーカーや白い鞄をあわせると、お出かけにも対応できるカジュアルなコーディネートになりました」(20代ママ)

「マタニティのマキシ丈ワンピースはボーダー柄を選び、かごバッグやストローハットをあわせて夏らしいコーディネートにしました。暑い夏は1枚でさらっと着れるワンピースをよく着ていました」(30代ママ)

春や夏にはマタニティワンピースをメインに、季節にあわせて爽やかな印象の小物を選んでコーディネートしたママもいるようです。シンプルなトップスにウエストがリブになっているシフォンスカートを組みあわせたというママの声もありました。

秋冬

秋冬のマタニティ服
iStock.com/NataliaDeriabina

「秋にマタニティ用のTシャツにVネックのジャンパースカートを着ました。タイツをマスタードやボルドーにして秋らしい色あいのおしゃれを楽しみました」(30代ママ)

「オーバーサイズのハイネックセーターに、マタニティ用のスキニーパンツをコーディネートしました。トップスにボリュームがあるときは、タイトなボトムを選んでバランスを取っていました」(40代ママ)

秋や冬はタイツやセーターを取り入れると、おしゃれを楽しみながら防寒対策もできるかもしれませんね。妊娠中のアウターは、ゆったりサイズのボアやファー素材のカーディガンやチェスターコートを選ぶと大きなお腹でも着やすかったというママの声もありました。

おしゃれなマタニティファッションを楽しもう

春夏のマタニティ服
iStock.com/petriartturiasikainen

お腹が大きくなってからも、おしゃれなマタニティファッションを楽しみたいママもいるのではないでしょうか。流行を取り入れたデザインや着回しができるようなマタニティ用の服があるとコーディネートの幅が広がるかもしれません。

春夏は爽やかな色や素材を取り入れたり、秋冬はニットやファーなどのアイテムを選んだりして、妊娠中のおしゃれを楽しめるとよいですね。

2018年09月11日

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事