ママたちが用意したマタニティウェア。春夏や秋冬におすすめの選び方

ママたちが用意したマタニティウェア。春夏や秋冬におすすめの選び方

マタニティウェアを用意するとき、どのようなポイントに気をつけて選ぶのがおすすめなのか気になるママもいるのではないでしょうか。今回は、マタニティウェアを選ぶときのポイントやママたちが用意したマタニティウェア、春夏や秋冬に選んだマタニティウェアの特徴を体験談を交えてご紹介します。

マタニティウェアを用意するとき

妊娠中に、洋服の締めつけが気になったりお腹が大きくなってきたりすると、マタニティウェアを用意したいと考えるママもいるのではないでしょうか。おすすめのマタニティウェアの種類や特徴を知りたいママもいるかもしれません。季節などによって、ママたちはマタニティウェアをどのように選んだのかママたちに聞いてみました。

マタニティウェアを選ぶときのポイント

初めてマタニティウェアを選ぶとき、ママたちはどのようなポイントを意識して選んだのでしょうか。

長期間使えるもの

「妊娠中期に洋服の締めつけが気になってマタニティウェアを用意しました。妊娠後期のお大きなお腹になっても使えるように、大きめでゆったりとしたワンピースを選びました」(20代ママ)

「妊娠中期にマタニティウェアを購入しました。授乳口がついているものを選んだので、産後の授乳期間も含めて長期間使うことができました」(30代ママ)

お腹の大きさが変わったときや授乳をするときにも対応できるマタニティウェアを選ぶと、産前から産後までの長期間使うことができ、便利かもしれません。ウエストを調整できるボトムスを選ぶと、産後も着ることができたというママの声もありました。

「伸縮性のある素材の方が大きなお腹でも動きやすいと感じました。マタニティウェアを選ぶときは試着して動きやすいものを選びました」(40代ママ)

「お腹が大きくなってくると、立ち上がるのも大変だと感じることがありました。ウエストがゴムで動きやすいボトムスを用意すると楽でした」(20代ママ)

伸縮性のある素材やウエストがゴムになったマタニティウェアを選んだママもいるようです。妊娠前の服が窮屈に感じる場合、ママの動きやすさを考えてマタニティウェアを選ぶのもおすすめの選び方といえるかもしれません。

体型が目立ちにくいもの

「体型が目立ちにくいマタニティウェアを選びました。着痩せして見えるようなストライプ柄のトップスがお気に入りでよく着ていました」(30代ママ)

「大きなお腹が目立ちすぎないように、マタニティウェアは体型が目立ちにくいものを選びました。ウエストマークのあるXラインのワンピースはスッキリと着ることができました」(20代ママ)

妊娠中に体型が変わったことが気になるママもいるかもしれません。VネックのトップスやAラインのワンピースなどを選ぶと、体型が目立ちにくかったというママの声もありました。

ママたちが用意したマタニティウェア

マタニティウェアには、どのようなものを用意したらよいのでしょうか。実際に、ママたちが用意してよかったと感じたおすすめのマタニティウェアをご紹介します。

トップスやワンピース

「大きくなったお腹に対応できるワンピースを用意しました。妊娠中、ワンピースはお腹への締めつけがないので着心地がよかったです」(40代ママ)

「妊娠前のトップスは、お腹が大きくなると丈が足りなくなってしまいました。授乳口つきのマタニティトップスを用意すると、お腹も隠れて産後も使えるのがよかったです」(30代ママ)

トップスやワンピースを選ぶときは、お腹の締めつけが楽なものや長めの丈を意識したママがいるようです。前開きのデザインを選ぶと、産後も赤ちゃんへの授乳がしやすくなるかもしれませんね。

ボトムス

マタニティパンツ
iStock.com/Staras

「妊娠中に、伸縮性のあるデニムパンツをマタニティウェアとして用意しました。ウエストが調整できるタイプだったので、締めつけを気にすることなく出産するまで使うことができました」(30歳ママ)

「ウエストが幅広のリブになっているロングスカートを選びました。リブを半分に折って付属の紐で調整すると、産後も使えるタイプだったので、出産後も愛用していました」(20代ママ)

大きくなるお腹に対応できるように、サイズ調整ができるボトムスを選んだママもいるようです。マタニティ用のズボンには前側だけリブになっているタイプや、後ろでリブになっているタイプがあるようなので、ママの好みや履きやすさで選ぶとよいかもしれませんね。

オールインワン

マタニティウエアを着た女性
iStock.com/AleksandarNakic

「ウエストが紐で調整できるサロペットを用意しました。トップスを変えるといろいろなコーディネートを楽しめるので重宝しました」(20代ママ)

「キャミソールとガウチョパンツが一体になったようなオールインワンを選びました。お腹が大きくなって窮屈に感じたときは、肩紐をアジャスターで調整できたのがよかったです」(30代ママ)

お腹をすっぽり包んでくれるオールインワンを選んだママもいるようです。見た目が上下わかれたセットアップのようなタイプもあるようなので、妊娠中もおしゃれを楽しみたいママにおすすめかもしれません。

【季節別】マタニティウェアの特徴

ママたちが、季節にあわせて選んだマタニティウェアにはさまざまな特徴があるようです。春夏や秋冬の季節別に用意したマタニティウェアの特徴をママたちに聞いてみました。

春夏

「春に紫外線をカットしてくれる素材のマタニティウェアを見つけたので購入しました。さらっとした素材で着心地もよかったです」(20代ママ)

「妊娠中は体温が上がって暑いと感じることがありました。蒸れにくく清涼感のある綿や麻素材のマタニティウェアを選びました」(40代ママ)

日差しや気温が気になる春夏のマタニティウェアには、紫外線をカットするものや通気性がよいものがあるようです。夏は、汗をかいても目立ちにくい加工がされているマタニティウェアを選んだというママの声もありました。

秋冬

「秋はマタニティ用のプリーツスカートの下に、マタニティ用のレギンスやタイツを重ね着しました。プリーツやリブ素材のタイツは体型カバーもできたのでよかったです」(20代ママ)

「裏起毛のパーカーワンピースを購入しました。寒い冬の外出時でも、暖かくお腹が冷えにくくて助かりました」(30代ママ)

秋冬になると、防寒対策のため、重ね着してもコーディネートしやすいマタニティウェアを選ぶママもいるようです。お腹が大きくなって妊娠前のコートが小さく感じた場合、産後に赤ちゃんといっしょに使えるママコートを用意して冷えにくくするのもおすすめかもしれませんね。

季節にあわせたマタニティウェアを用意しよう

マタニティウエア
iStock.com/NataliaDeriabina

マタニティウェアはどのようなポイントに気をつけて選ぶとよいのか気になるママもいるのではないでしょうか。動きやすいものは、お腹が大きくなっても着心地がよいようで、おすすめの選び方のひとつといえるかもしれません。春夏や秋冬など、季節にあわせた素材を選びながら、ママの好みにあわせてマタニティウェアを用意できるとよいですね。

2018年09月10日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

ファッションの関連記事

カテゴリ一覧