「キャリアと、母になりたいという望み」両方叶えて欲しい【大山加奈さん#2】

「キャリアと、母になりたいという望み」両方叶えて欲しい【大山加奈さん#2】

不妊治療の助成拡充に続き、2022年4月から、保険適用が決定。子を持つための選択肢が広がった今、終わりの見えない不妊治療の日々を過ごした大山加奈さんに、ご自身の不妊治療についてお話いただきました。

▼バックナンバーはこちらから

仕事との両立は排卵のタイミングとの戦い

――採卵のための通院など、多忙な大山さんにとって、お仕事の調整はかなり難しかったかと思います。
幸いにも私の仕事は1日フルで、ということはほとんどないので、地方へ行く場合を除けば、合間合間で通うことができていました。

掲載写真に関するお問い合わせ

病院から急に「明日来てください」みたいに呼ばれることはなく、2、3日くらいの間に来れたら来てね、という風に言われることが多かったので、なんとか通院できていましたね。

でも、ちょっと通院が遅れただけで排卵してしまうと、その月のチャンスはおしまい……となってしまうので、「病院行くまで排卵しないで……」と祈りながらでした。年にチャンスはたった12回ですもんね。
画像1
※写真はイメージ(iStock.com/Doucefleur)
仕事しながらだとこうした治療はほんとうに難しいですよね。職場環境によって言いづらかったり、「また休み?」と思われちゃう、という方もいたりするでしょうし。

それに仕事は、好きなことをしていてもストレスがかかるじゃないですか。私自身も、妊娠したのはコロナ禍で仕事が全然ないときだったんですよね。この環境だったからなのかなと思うこともあって。ストレスが大敵と言われていますが、本当にそうだなと思います。
画像2
※写真はイメージ(iStock.com/kieferpix)
とはいえ治療にはお金がかかるので、仕事をやめてしまうと治療が継続できないっていう事情もあると思うんですよね。いつもそのバランスはすごく難しいと感じています。
――仕事と両立していくうえで、どのようにして痛みとの戦いや精神面のケアをしてこられたんでしょうか。
当時はできることは何でもやってました。ちょっと怪しげなサロンにも高いお金をかけて通いましたし、鍼に漢方に……妊娠しやすい体にするために、良いとされることはほぼやったんじゃないかなっていうくらいやりましたね。

当時、治療のことはマネージャーにだけ言っていました。私の仕事は数カ月前から、早いときは2年前からスケジュールが決まっているので、調整ができないんですよね。治療を仕事に合わせる、という感じでした。
画像3
※写真はイメージ(iStock.com/kohei_hara)
でもありがたいことに、お仕事にたくさん呼んでもらって、行ったら喜んでもらえるので、その間は治療の辛いことも忘れられるんです。その点はすごく恵まれていたなと思いますね。仕事で心が楽になるというか。

「子どもを笑顔にできる」自分の役割に気付き、気持ちが変化

――ご自身がお子さんを強く望まれ、治療されている中で、子どもや親子と向き合うことは辛くはありませんでしたか。
辛かったのは、子どもたちより、大人ですね……。仕事でご一緒した年配の男性から心無い言葉を浴びせられることが多くて、それが本当に辛かったです。

多分そういう方たちの頭の中には、不妊治療という概念がないんですよね。子どもが欲しくても、望んでもできない人がいるっていうことを知らないのかもしれません。しかもそれを、いじりのような笑いに変えてしまう。それにはすごく苦しめられました。

逆に、親子教室のような一緒に体を動かすっていう活動が一番好きで、全然辛くならなかったんです。

不妊治療中だとそういう教室が一番辛いのかな、と思っていたんですが、親子で楽しそうに体を動かしている姿にはとても幸せな気持ちにしてもらっていました。

掲載写真に関するお問い合わせ

自分の子どもを育てることも大事なことだけど、こうやってたくさんの親子を笑顔にしていくことが自分の役割なんじゃないか、という風に思えたこともあったので、親子や子どもと触れ合う仕事は、不思議とあまり辛くなかったんです。
――大山さんにしかできない仕事がある、大山さん自身を求めてくださる方が大勢いるということは、とても強い支えだったのですね。
そうですね。でも、自分も仕事との両立にはすごく苦しみました。今は、どちらかを犠牲にしないと、どちらかを得られない社会だと思うんです。

それでも、みなさんには両方掴みに行って欲しいなってと思いますし、両方とも得られる社会であってほしいと強く願いますね。

掲載写真に関するお問い合わせ

――4月からの保険適用で不妊治療が多くの人たちの関心を集め、周囲の理解やサポートが得やすい環境になることで、女性が自己実現しやすい社会になることが望まれますね。

大山加奈さんインタビュー、次回(3月30日配信予定)は、治療中の心のケアについてお伝えします。

<取材・執筆・撮影>KIDSNA編集部
▼大山加奈さんインタビュー3回目 不妊治療の支えと気づき

2022年03月23日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

検査・健診の関連記事

カテゴリ一覧