【体験談】つわり中の炭酸水について。おすすめのポイントや選ぶときに意識したこと

【体験談】つわり中の炭酸水について。おすすめのポイントや選ぶときに意識したこと

つわり中に炭酸水や炭酸飲料を飲みたいと考えたとき、どのようなタイプが飲みやすいのか気になる方もいるかもしれません。今回の記事では、つわりのときに飲んでいた炭酸の飲み物の種類、炭酸を飲むおすすめのポイントや選ぶときのコツについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

つわりのときは何を飲んでた?

つわりの状態によっては、吐き気や重だるさを感じるなどの他に、味覚の好みも変わったなどさまざまな変化があるようです。つわり中、実際にどのようなタイプの炭酸の飲み物を飲んでいたのか聞いてみました。

無糖の炭酸水

炭酸水
iStock.com/yipengge

「つわりのときは、味のついていない炭酸水ばかり飲んでいました。炭酸が強い方が飲みやすいと感じました」(30代ママ)

「妊娠初期のつわりのときに味覚が変わったのか、口のなかに味の残る飲み物を苦手と感じて、無糖の炭酸水しか飲めないこともありました」(20代ママ)

つわり中、気持ちが悪いときに味のついていない炭酸水を飲みやすいと感じることがあるようです。ママのなかには、味のない炭酸水であっても、商品によって炭酸の強さや味が違うことから、いろいろな商品を飲み比べして自分にあったタイプを選んでいたという声もありました。

炭酸飲料

「妊娠前は炭酸が苦手でほとんど飲んでいませんでしたが、つわりのときはレモンやオレンジ風味の甘い炭酸飲料がおいしく感じられたのでよく飲んでいました」(30代ママ)

「つわり中はしょうが風味の甘い炭酸飲料を飲んでいました。飲んでいる間はつわりが少し楽になると感じたので、家に常備していました」(20代ママ)

妊娠前には苦手と感じていた炭酸も、つわりがあるときは飲めるようになったり、おいしいと感じられることもあるようです。市販の炭酸飲料のなかにはいろいろなフレーバーがあることから、つわり中でも飲みやすいタイプを探しやすいのかもしれません。

オリジナルの炭酸飲料

「つわりのときは炭酸水にレモンやグレープフルーツの果汁を入れて飲んでいました。香りと口に入れたときのさっぱり感が好きで、しょっちゅう飲んでいました」(30代ママ)

「実家で作っている梅シロップを炭酸水に混ぜて飲んでいました。梅の酸っぱい味がなんともいえず、味の濃さもそのときの好みにあわせて作っていました」(30代ママ)

市販の炭酸飲料の味が自分にあわないと感じた方のなかには、オリジナルの炭酸飲料を作って飲むこともあるようです。他には、炭酸の入っていないリンゴジュースなどに炭酸水を加えて飲んでいたというママの声もありました。

つわり中に炭酸を飲む理由

炭酸
iStock.com/dkidpix

つわり中に炭酸の飲み物が支持されているのには、どのような理由があるのでしょうか。炭酸を飲むおすすめのポイントについてママたちに聞いてみました。

口の中がスッキリする

「炭酸水を飲むと泡がシュワシュワっと弾けて、口の中がスッキリすると感じていました。つわり中は吐き気が口の中に残っている気がしていたので、炭酸でリフレッシュできたと思います」(20代ママ)

炭酸の泡が口の中をスッキリさせていたというママの声がありました。つわりのときに炭酸の飲み物を飲むことで、口のなかがスッキリし、気分も変わるといったこともママたちのおすすめポイントのようです。

気持ち悪さがスッキリする

「炭酸水を飲むとげっぷが出るので、しばらくは胸のムカムカがスッキリして楽になった気がします。たくさん飲みすぎるとお腹にたまって苦しく感じたので、飲みすぎないように意識しました」(30代ママ)

「炭酸水を飲んで気持ちがスッキリすると、つわりが楽になるような気がしました」(30代ママ)

ママのなかには、炭酸水を飲むと胸だけでなく、気持ち悪さもすっきりしたように感じた、という声もありました。

炭酸の飲み物を選ぶときに意識したポイント

炭酸水にはさまざまな種類があるようですが、ママたちは自分が飲みやすい以外にどのようなことを意識して選んでいるのでしょうか。実際に、ママたちが炭酸水を選ぶときに意識したことを聞きました。

カフェイン

「炭酸飲料の種類のなかにはカフェインが入っているタイプもあるので、パッケージの表示を確認してから選ぶようにしていました」(20代ママ)

妊娠中は炭酸飲料に含まれるカフェインが気になり、選ぶときに意識していたママもいるようです。

カロリー

「つわり中の水分補給は炭酸水が主だったので、たくさん飲んでもカロリーが多くならないように気をつけていました。同じメーカーの炭酸飲料でも0カロリーのタイプがあれば、そちらを選ぶようにしました」(30代ママ)

炭酸の飲み物のなかにはカロリーが高いタイプもあるようです。妊娠中は体重の増え方にも気をつける必要があるため選ぶときはカロリーの量にも意識してみるとよいかもしれません。

糖分

「つわりのときは甘い炭酸飲料が好きでよく飲んでいましたが、糖分の取りすぎが気になったので選ぶときは糖分表示も確認してから買うようにしていました」(20代ママ)

甘さのある炭酸の飲み物は、口当たりがよく、飲みやすいことから気づかないうちに糖分を多くとってしまうこともあるかもしれません。ママのなかには、無糖の炭酸水と甘さのある炭酸水を両方用意しておいて、どうしても飲みたいときだけ、甘さのある炭酸水を飲んだという声もありました。

つわりのときは飲みやすい飲み物を見つけよう

飲み物を飲む妊婦
iStock.com/gpointstudio

ママたちは、つわりの状態や味覚の好みにあわせて炭酸を好んで飲むことがあるようでした。炭酸水を飲むことで、口の中や胸のムカムカがスッキリするなどつわりの状態が楽になることもあるのかもしれません。

つわり中に炭酸の飲み物を飲むおすすめのポイントのほかに、糖分やカフェインなどを意識しながら、好みにあった飲み物が見つけらるとよいですね。

2018年10月09日

ケアの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事