幼児の外遊び用のおもちゃ。種類や成長に合わせた遊び方

幼児の外遊び用のおもちゃ。種類や成長に合わせた遊び方

外遊びでおもちゃを使うときに意識したこと

幼児が外で遊ぶときにより楽しく遊べるように、外遊び用のおもちゃを用意したいと考えるママもいるかもしれません。今回の記事では、幼児の外遊び用のおもちゃについて、種類や成長にあわせた遊び方、遊ぶときにママたちが意識したことなどを、体験談を交えてご紹介します。

幼児の外遊び用おもちゃについて気になること

幼児の外遊びのおもちゃについてママたちが気になっていることを聞いてみました。

1歳児ママ
息子はとにかく外が大好きで、よく公園にいっしょに行っています。外遊び用のおもちゃを用意したいと思っているのですが、どのような種類のおもちゃがあるか知りたいです。
2歳児ママ
外に遊びに行ってもいつもワンパターンで、娘も少し飽きているように感じます。幼児の外遊び用おもちゃを使った遊び方が気になります。
幼児の外遊び用おもちゃの種類やおもちゃを使った外遊び、外遊びをするときに気をつけることなどを知りたいママがいました。幼児が外で楽しく遊べるおもちゃにはどのような種類や遊び方があるのでしょうか。

幼児の外遊び用おもちゃの種類

幼児が外で遊ぶときに使えるおもちゃの種類についてママたちに聞いてみました。

乗り物系

乗り物の玩具
Anna Om/Shutterstock.com
2歳児ママ
娘の2歳の誕生日に三輪車をプレゼントしたところ、とても気に入ったようで庭や公園で楽しんでいます。はじめは親が押してあげていましたが、少しずつ自分でもこげるようになってきました。
幼児の外遊びに、三輪車などの乗り物を用意したママがいました。年齢が上がれば、自転車やスケートボードなどを選んでもよいかもしれませんね。

スポーツ系

1歳児ママ
息子は家の中でもボールで遊ぶことが多いので、外遊び用のやわらかいボールを用意しました。外でのボール遊びには家の中とはまた違った楽しさを感じるようで、一生懸命ボールを投げたり追いかけたりしています。
6歳児ママ
6歳になる娘は縄跳びに夢中で、連続で何回飛べるかを数えたり、交差跳びや2重飛びなどの難しい技にも挑戦しています。
ボールや縄跳びなどスポーツ系のおもちゃを選んだという声がありました。他にもフライングディスクや幼児用のテニスセットなどを用意したママもいるようです。

昔遊び系

1歳児ママ
シャボン玉を娘たちに買ってきたところ、思いのほか喜んでくれて姉妹でずっと遊んでいます。昔ながらのシャボン玉を購入したのですが、私も懐かしくていっしょに楽しむことができました。
ママにとって懐かしいシャボン玉を幼児の外遊びに選んだという声がありました。他にもパパが手作りした凧を用意したとの声もあり、昔ながらのおもちゃは親子でいっしょに楽しめそうですね。

【年齢別】おもちゃを使った外遊び

外遊び用のおもちゃは年齢に応じて使い方もさまざまなようです。幼児の年齢別におもちゃを使った外遊びをご紹介します。

1歳~2歳

砂場遊び
Syda Productions/Shutterstock.com
1歳児ママ
1歳半の娘に砂場セットのおもちゃを用意したところ、スコップで砂をすくったり、山を作ったりと、とても楽しんでいます。私が手伝って何かを作るときもありますが、できるだけ本人のやりたいようにさせています。
2歳児ママ
2歳の息子はボールを使った遊びが大好きです。1歳の頃は小さなボールをただ転がすだけでしたが、最近はペットボトルをピンに見立ててボーリングをするようになりました。
低年齢の幼児にとって砂遊びやボール遊びは定番の外遊びのようです。外遊び用の玩具があれば公園などの遊具でまだ上手に遊べなくても、子どもたちが楽しい時間をすごせそうですね。

3歳~4歳

3歳児ママ
3歳の息子はパパが作った缶ぽっくりがお気に入りです。最初はサポートしながらバランスを取っていましたが、歩くとぽかぽかと鳴る音が楽しいようで、繰り返し練習するうちに1人でも上手にバランスを取って乗れるまでになりました。
4歳児ママ
4歳の双子のきょうだいがいるのですが、夏の間は毎日のように水てっぽうで遊んでいました。水を入れてはお互いにかけあうという、シンプルな遊びですが飽きずにずっとやっていました。
3歳や4歳では、パパやママが少しサポートするだけで上手に遊べるようになったとの声がありました。幼児の成長とともに遊びの幅もどんどん広がりそうですね。

5歳~6歳

5歳児ママ
5歳の娘は高さが調整できる竹馬でいつも遊んでいます。はじめはバランスをとるのに苦労していた娘も今では驚くほど乗りこなせています。
6歳児ママ
息子はパパが休みの日になると、幼児用のキャッチボールセットを使って外遊びをするのが好きです。ミットの表面はボールがくっつくようになっていて、いろんな角度でボールをキャッチできるのが楽しいようです。
5歳や6歳では、上手におもちゃを使いこなして遊べるようです。他にも、友だち同士で独自のルールを決めて外遊びを楽しんでいるというママの声もありました。

おもちゃを使った外遊びで意識したこと

幼児がおもちゃを使って外遊びをする際にママたちはどのようなことを意識しているのか聞いてみました。

安全面

2歳児ママ
間違った使い方でケガをすることのないように、初めておもちゃを使うときはいっしょに使い方を確認しながら遊ぶようにしています。
4歳児ママ
マンションの敷地内で外遊びをするときは、ボールなどものを投げたり飛ばしたりするおもちゃは使わないことと、敷地の外に出ないことを子どもと決めています。
幼児がおもちゃを使った外遊びをするときはいっしょに使い方を確認したり、遊ぶ範囲を事前に決めたりなどの安全面を意識しているというママの声がありました。他にも自転車などの乗り物に乗る際には、ヘルメットや膝当てなどのプロテクターを身につけることで安全対策をしているママもいました。

服装

1歳児ママ
外遊びのときには動きやすい格好をさせていますが、寒いときには風邪を引かないように厚手の上着を用意して防寒しています。
6歳児ママ
自転車に乗って外遊びに出かける息子には、自転車に巻き込まれないように裾がすぼまったデザインのズボンを選ぶようにしています。
外遊びをするときは服装にも気をつけているという声がありました。夏の外遊びには紫外線対策として、ネックガードのついた帽子をかぶせるようにしているママもいるようです。

幼児が楽しめる外遊びのおもちゃを用意しよう

親子で外遊び
Monkey Business Images/Shutterstock.com
幼児が使える外遊び用のおもちゃには乗り物系やスポーツ系など、たくさんの種類があり、昔ながらのおもちゃは、子どもだけでなくママやパパも懐かしみながら楽しめるとの声もありました。幼児の年齢によっておもちゃを使った遊び方もさまざまなようです。

外遊びをするときは安全面や服装面を意識して、おもちゃを使って楽しい時間をすごせるとよいですね。

2020年01月30日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

外遊びの関連記事

カテゴリ一覧