子育てを学ぶ。子育てから学ぶ。ママ・パパのための情報メディア「KIDSNA」

2017年11月04日

子どもと2人でできる面白い遊びはこんなにたくさんある!

子どもと2人でできる面白い遊びはこんなにたくさんある!

家事や仕事をしていると子どもとの遊ぶ時間を作ることがむずかしいときもありますよね。今回は、子どもと2人でちょっとした時間にでもできる面白い遊びについて、体験談を交えてご紹介します。室内でできる遊びやしっかり体を動かす遊びなど、すぐに実践できる遊びにはどのようなものがあるのでしょうか。

子どもと2人で遊ぶことでの気づき

家事や仕事の合間に子どもの相手をすることと、子どもと2人でめいっぱい遊ぶのは意味が異なるのではないでしょうか。子どもと遊んでみて知る気づきにはどんなことが挙げられるのでしょうか。

子どもの成長度合いや興味関心を知ることができる

片手間ではなく子どもと2人で遊びに没頭することで、子どもの様子をしっかり観察できるのが最大のメリットと言えます。

たとえば絵を描くにしても、目と口だけの顔を描いていた頃から、物語を考えながらいくつものモチーフを描くようになっている姿を発見し、子どもの成長を実感することができるかもしれません。何色もの色鉛筆のなかから、好きな色だけを選ぶ様子も興味深いものです。

自分にだけ集中してもらえることで子どもが落ち着く

兄弟がいたり、友だちが多かったりして、親と子の2人だけで遊ぶことは少ない場合があるかもしれません。そういう場合でも、あえて子どもと2人だけで遊ぶ時間を作るとよいのかもしれません。
親の意識がどこに集中しているか、子どもはよく見ていると感じることはありませんか。2人きりで遊ぶと、子どもは自分にだけ集中してもらえていると実感し、心が落ち着くようです。

室内でできる2人遊び

2人でできる室内遊びを見ていきましょう。外出先で待ち時間ができてしまったときなどにも便利ですよ。

お絵かきしりとり

普通のしりとりを、言葉ではなく絵で描いてやりとりするしりとり。
何を描いたか伝わらなかった場合も面白いので、あえて下手に絵を描いても楽しめそうです。

マルバツゲーム

3かける3のマスを書き、マルとバツに分かれてマスを埋めていくゲーム。先に縦・横・斜めのマスを埋めた方が勝ちです。マルとバツではなくて、魚と太陽など別のモチーフを使ってもかわいいですよ。

折り紙

正方形の紙さえあればどこででもできる折り紙。鶴や手裏剣、カメラなど数種類の折り方を覚えておくと、折り紙の本がなくても外出先で遊ぶことができます。

あやとり

あやとり
© paylessimages – Fotolia

140cmから160cm程度の長さのひもがあればできます。2人でひもを取り合っていく遊び方も面白いですし、ひとりでできる技を覚えておいて見せてあげるのも喜ばれます。

パズル

大きなピースから小さなピースまで、難易度別に種類が豊富なパズル。
パズルに熱中するだけでなく、別の話題が飛び出すこともあり、子どもにとってはくつろぎながら話ができる時間にもなるようです。

おはじき

まず、片手に持てるだけのおはじきを机か床の上にばらまきます。次に、自分のおはじきを決め、当てるおはじきを選びます。

おはじきを指先ではじき、当てると決めたおはじきに当たれば、そのおはじきをもらうことができる遊びです。おはじきがなくなるまで続け、最後に多くおはじきをとれた方が勝ちです。

活動的な遊び

活動的に体を動かす面白い遊びもご紹介します。

キャッチボール

固いボールとミトン、もしくは柔らかい小さ目のボールを準備します。一方が投げ、もう一方がとる役をしてキャッチボールをしましょう。子どもの年齢が低い場合は、親の方がとる役に回る方がよいかもしれません。

相撲

地面に円をかき、土俵を作ります。土俵の中に入り、お互いに向き合って地面に手をつけ「はっけよーい、のこった」の合図で組み合い、先に土俵の外に押し出した方が勝ちです。

簡易バドミントン

コートを借りてルールに従って試合をするタイプのバドミントンではなく、ラケットとシャトルで打ち合うだけの遊びです。

フライングディスク

フリスビー
© hakase420 – Fotolia

フライングディスクは一方が投げ、一方がキャッチする遊びです。さまざまな種類のフリスビーがありますが、固いものではなく柔らかいものを使った方がよいのかもしれません。

上手に投げられるようになるまで、飛んできたフライングディスクをキャッチできるようになるまでと、頑張る姿が見られるかもしれません。

ジェスチャーゲーム

「朝起きて、顔を洗って歯を磨き、タンスから洋服を出して着る」と言った指示内容の書かれた紙を何枚か準備します。書かれた紙を箱の中にいれ、出題者に引いてもらい、指示に従って声は出さずに動きだけで表現します。回答者はそれを当てるゲームです。

子どもと2人で遊んだ体験談

子どもと2人で遊んだ際の体験談をママたちに聞いてみました。

2人で遊ぶと、落ち着きを取り戻した長女

30代のママです。下の子が産まれたとき、上の子は3歳になったばかりでした。
出産後、入院中は、初めてママと離れて寝た長女。日中は病院に遊びに来ていましたが、帰る頃には大泣きをして大変でした。

自宅に戻ってからは、意識的に赤ちゃんを実母に預けて長女と2人きりで遊ぶように。お人形遊びや絵本を読むなど、室内でできる静かな遊びばかりでしたが、ゆっくり2人で過ごす時間を作れたことで、長女も落ち着きを取り戻したように思います。

2人でドライブをしてパパっ子になった長女

娘が2人いる40代のパパです。下の子がまだ赤ちゃんでママとは離れられないので、4歳の上の子だけ連れてドライブに行くことがあります。

ボールを持っていって芝生でボールを転がしたり蹴ったりするだけですが、とても楽しんでくれています。それまではママから離れられないタイプでしたが、2人だけで出かける機会が増えて、パパっ子にもなってくれたように感じています。

子どもと2人で遊ぶ時間を楽しもう

2人でできる遊び
© milatas – Fotolia

子どもと2人でもできる面白い遊びをご紹介しました。子どもと2人で遊ぶ時間は、子どもにとってだけでなく、親にとっても成長を実感できたり癒しを与えたりしてくれる素晴らしい時間になるのではないでしょうか。子どもと2人で遊ぶ時間を楽しんでくださいね。

外遊びの関連記事
カテゴリ一覧