家族で行くキャンプの楽しみ方。持ち物や考えておくこと

家族で行くキャンプの楽しみ方。持ち物や考えておくこと

山や川、海などでのキャンプの楽しみ方

家族でキャンプへ行こうと考えたとき、山や川、海や湖でどのような楽しみ方ができるのかや、雨が降ったとき便利なグッズやすごし方が気になるママやパパもいるかもしれません。今回は、キャンプへ持って行くグッズと、キャンプの楽しみ方の他に、高速道路の混雑など事前に考えておくとよいことについてご紹介します。

家族でキャンプを楽しみたいとき

自然を満喫したいと考え家族でキャンプへ行きたいと考える方もいるのではないでしょうか。家族でキャンプへ行くときに気になることをママやパパたちに聞いてみました。

20代パパ
子どもがある程度大きくなってきたので、キャンプへ連れて行きたいと考えています。私自身キャンプの経験がないので、どのようなグッズを用意したらよいのか気になります。
30代ママ
山と湖どちらのキャンプ場に行こうか迷っています。それぞれどのような楽しみ方ができるのか知りたいです。
ママやパパたちに話を聞くと、キャンプへ持って行くグッズやキャンプの楽しみ方について気になる方がいるようです。ママのなかからは、キャンプで雨が降ったときの楽しみ方が知りたいという声も聞かれました。

そこで今回は、家族でのキャンプについて体験談を交えてお伝えします。

キャンプへ持って行くグッズ

キャンプグッズ
Africa Studio/Shutterstock.com

家族でキャンプへ行くとき、どのようなものが必要なのか気になる方もいるのではないでしょうか。キャンプの経験があるママやパパたちに聞いた、必要なものとあると便利なものをご紹介します。

キャンプに必要なもの

  • テント用品
  • ランタン
  • シュラフ
  • テーブルと椅子
  • バーベキューコンロ
  • 調理グッズや食器
  • 軍手
テントを立てるときに必要なペグやロープは念のため多めに持って行くというパパの声がありました。調理グッズは普段キッチンで使っているものをキャンプに持っていってもよさそうです。

あると便利なもの

  • タープ
  • 焚き火台
  • クーラーボックスと保冷剤
  • おもちゃ
日差しや急な雨をしのぐためにタープがあると便利なようです。海や川などで水遊びをする場合は水着や水てっぽう、広場があるキャンプ場の場合はボールやバドミントンなど、行き先にあわせたおもちゃを持って行くと、よりキャンプが楽しくなるかもしれません。

家族で行くキャンプの楽しみ方

家族でキャンプへ行ったらどのような楽しみ方ができるのでしょう。キャンプの行き先別に、楽しみ方をママやパパたちに聞いてみました。

山や高原

40代パパ
虫が好きで毎日図鑑を見ている子どものために、山でキャンプをするときは昆虫採集ができそうなところを選びます。前回のキャンプでは、子どもと早起きをしてカブトムシを捕まえに行きました。
20代ママ
体験プログラムが用意されている高原のキャンプ場へ行きました。陶芸体験や乗馬体験、サイクリングなど子どもといっしょに楽しめるプログラムが数多くあり、滞在中飽きることなくすごせました。
山や高原などでは昆虫採集など自然を満喫する遊びや、体験プログラムで楽しんだママやパパがいるようです。他にも、落ち葉など自然のものを使ったクラフト体験や、森のなかに作られたアスレチックなどで遊んだというママの声もありました。

川で遊ぶ家族
Purino/Shutterstock.com
30代パパ
夏休みにキャンプへ行ったときは、水遊びができるような川の近くのキャンプ場を選びました。川のなかには魚が泳いでおり、子どもは夢中で追いかけていました。
暑い日に川で水遊びをするのは気もちよいかもしれませんね。他にも、キャンプ場で釣竿をレンタルして自分たちで釣った魚を夕食に食べたり、川の水で冷やしたすいかを食べたりしたというパパの声もありました。

川のせせらぎを聞きながらのんびりすごすのも、川の近くのキャンプ場ならではの楽しみ方かもしれません。

海や湖

40代パパ
海水浴とキャンプの両方を楽しめるように海の近くのキャンプ場に行き、滞在中はシュノーケルや海水浴など思う存分楽しみました。夕食には、近くの海鮮市場で買った地元産の魚介類のバーベキューを楽しみ、大人も子どもも大満足のキャンプとなりました。
海水浴とキャンプの両方を楽しめると充実感がありそうですね。ママのなかからは、湖のあるキャンプ場でカヌーなどのウォーターアクティビティを楽しんだという声も聞かれました。

家族でキャンプへ行くときに考えておくこと

家族でキャンプを楽しむために、事前にどのようなことを考えておくとよいのでしょう。ママやパパたちに意識していることを聞いてみました。

余裕をもったスケジュールを組む

30代ママ
キャンプ初心者なので、テントの設営が思い通りにできなかったり、食事の支度に時間がかかってしまったりすることも考え、余裕をもったスケジュールを心がけるようにしています。時間に余裕があると、準備なども焦らず楽しんでできるように感じました。
キャンプに慣れていなかったり、小さい子どもがいたりすると準備がスムーズにできないこともあるかもしれないので、余裕をもったスケジュールを組むことは大切なようです。ゴールデンウイークやお盆休みなどの長期休暇中は、高速道路などが混みあうこともあるようなので、移動時間にも余裕をもつとよいかもしれません。

雨が降ったときの楽しみ方を考える

30代ママ
キャンプに行く日の天気予報を確認したところ、夕方から雨が降りそうだったので雨が降ったときの楽しみ方を考えておきました。カードゲームやボードゲームとお菓子を用意してテントのなかで遊ぶと、非日常感があり子どもたちも大盛り上がりでした。
万が一、キャンプをするときに雨が降ってしまったらどのように楽しむかを考えておくと、より楽しいキャンプになるかもしれませんね。ママのなかからは、普段雨の日に屋外ですごすことはないので、雨具や着替えを準備して外ですごすという声も聞かれました。

家族でキャンプを楽しもう

キャンプを楽しむ家族

家族でキャンプへ行くときは、行き先や宿泊スタイルに応じて持って行くグッズを用意するとよいかもしれません。山や川、海や湖など行き先によって昆虫採集をしたり、水遊びやウォーターアクティビティをしたりとさまざまな楽しみ方があるようです。

高速道路の渋滞を考えて時間に余裕のあるスケジュールを組むことや、雨が降ったときの楽しみ方を考えるなどして、家族でキャンプを楽しめるとよいですね。

2020年02月12日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ