電車のなかで子どもがぐずるとき。子どもへの対応や意識すること

電車のなかで子どもがぐずるとき。子どもへの対応や意識すること

子どもが快適にすごせるように準備しよう

電車のなかで子どもがぐずるときの接し方について気になるママやパパもいるかもしれません。子どもと電車に乗るときは、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。電車のなかで子どもがぐずるときの対応や、電車に乗るときに意識することをママの体験談を交えてご紹介します。

電車のなかで子どもがぐずるシーン

電車 地下鉄
Denis Babenko/Shutterstock.com
おでかけ中に、子どもが電車のなかでぐずることがあるというママやパパもいるのではないでしょうか。

子どもの気持ちが落ち着くように対応しても、嫌がってしまうということもあるかもしれません。

子どもが電車のなかでぐずるシーンについてママたちに聞いてみました。
30代ママ
電車に乗っているときに、子どもが飽きて大きい声を出したり、お腹が空いてぐずったりすることがありました。電車のなかにいると歩き回らずにじっと止まっていることが多いので、子どもも飽きてしまうのかなと思います。
30代ママ
電車のなかは動きにくく、子ども居心地が悪いようで、乗っている時間が長いと飽きてぐずることは多い気がします。
30代ママ
3歳の娘は、人ごみが苦手のようで、人が多く乗ってる電車に乗ると『抱っこして』とぐずることが多いです。
30代ママ
揺れている電車は、3歳の子どもにとってはバランスが取りにくいようで、うまく立てずに抱っこを求めてぐずることがありました。
周囲にいる人たちを怖がったり、飽きてしまったりして、電車のなかで子どもがぐずってしまうこともあるかもしれません。

車に乗っているときは平気でも、電車に乗ると子どもがぐずることが多いと感じているママもいるようでした。

電車のなかで子どもがぐずるときの対応

子ども 泣く
leungchopan/Shutterstock.com
子どもが電車のなかでぐずるとき、どのように対応すればよいのでしょうか。子どもへの接し方についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
子どもが電車のなかでぐずるときは、席を立って窓際に移動して、子どもと外の景色を楽しんでいます。外の景色を見ると、少しは気分転換になるのかなと思います。
30代ママ
子どもの気持ちを紛らわせるように、お菓子をあげています。手を汚さずにさっと食べられるボーロや小さいクッキーなどは必ず用意しています。
30代ママ
子どもはよく靴下を嫌がるので、電車に乗ったときは靴と靴下を脱がせると少し落ち着いてくれました。
子どもが泣き止まないときは、一度下車して駅のホームであやしていたというママの声もありました。

子どもに電車の外の景色を見せたり、お菓子をあげたりしながら対応するのもよいかもしれません。

子どもの汗を拭いたり、靴下や上着を脱がせたりして、子どもが電車のなかで快適にすごせるように体温調節することも大切でしょう。

子どもが電車のなかでぐずらないように意識すること

子どもが電車のなかでぐずらないようにするためには、どのようなことを意識すればよいのでしょうか。

乗る時間帯を意識する

人込み 通勤
06photo/Shutterstock.com
朝の通勤ラッシュや夜の帰宅ラッシュの時間を避けておでかけしていたというママの声がありました。

ベビーカーでおでかけするときに、人が多い電車に乗ることが厳しいと感じることもあるでしょう。人が多いと、子どもが怖がってぐずってしまうかもしれません。

人が多い時間帯を避けるために、利用する電車を見直すのもひとつの方法です。

電車のルートがわかるアプリなどのサービスを活用して、混雑の少ないルートを調べるのもよいでしょう。

電車に乗っている時間が短くなるように、ルートを調べてから電車に乗るようにしていたというママの声がありました。

乗る前にオムツ替えやご飯を済ませる

電車に乗っているときに、オムツが気持ち悪くなったり、お腹が空いてぐずったりする子どももいるようです。

子どもと電車に乗るときは、オムツを替えて、お腹を満たしてから乗るとよいでしょう。

水分補給できる飲み物やお菓子を用意すると、電車のなかで子どもがぐずったときに対応しやすいかもしれません。

車いすスペースを利用する

ベビーカーで電車に乗るときは、周りの人の邪魔にならないように意識しているママやパパもいるのではないでしょうか。

子どもが快適に乗れるように、車いすスペースを利用するのもひとつの方法でしょう。

電車にある車いすスペースには、ベビーカーマークが書かれたものもあるようです。車いすの人や他の子ども連れのママと譲り合いながら利用できるとよいですね。

スペースに余裕があると、子どもがぐずったときも落ち着いて対応できるかもしれません。

乗る電車に車いすスペースがあるかどうかや、ベビーカーでも利用できるかどうかなどを事前に調べるのもよいでしょう。

電車のなかで子どもがぐずるときは冷静に対応しよう

子ども あやす
leungchopan/Shutterstock.com
電車のなかでぐずる頻度はそれぞれの子どもで異なるでしょう。

子どもの気持ちが落ち着くように窓際に移動して外の景色を見せたり、お菓子をあげたりしながら対応しているママの声がありました。

ベビーカーで電車に乗ることもあるでしょう。人の多い時間帯を避けて、利用するルートを見直すことも大切かもしれません。

子どもが電車のなかでも快適にすごせるように準備をして、おでかけを楽しめるとよいですね。

2020年02月21日

専門家のコメント
20
    ゆか先生 保育士
    電車で泣かれると焦りますよね💦
    電車に乗るときは通勤時間は避けていました!

    ベビーカーにおもちゃをぶら下げたり、ボロボロにならないおやつを持参したりしました。

    暑かったりしても泣いてしまうので衣服の調整もしていました。

    ベビーカーから出たくて泣いているときはだっこして外の景色を見せたりもしました。
    こと先生 保育士
    電車に乗るときは、できるだけ空いている昼の時間に乗るようにしてました😊✨
    お菓子とジュースは必須で、少し長い時間乗るときは仕掛け絵本やシールブックを持っていきます💕
    よっしー【シッター】 保育士
    注)たくさん歩きたい!走りたい!と活発な時期・特性についての限定コメントです。

    電車の中でジッとしているのは、お子様にとって「軟禁状態」と言っても過言ではありません。

    電車に乗る前に、
    ◆歩いて駅まで向かう
    ◆公園に寄って少し体を動かしてくる
    …など、電車になる時に休息の時間になるようにするのが理想ですね。

    どうしても時間的に難しいということであれば、お気に入りのおもちゃや、次に出そうと思っていた気にいるであろうおもちゃを登場させるのも方法だと思います。

    移動の時間も、いつもの生活リズムの【静】の時間に合わせられるといいですね。
    のの先生 保育士
    電車など公共機関の利用は緊張しますよね。ぐずってしまった時は、何でもしました。お菓子、スマホ、靴を脱がして立たせてあげる、抱っこなど。どれかには当てはまってくれていました。
    とーち先生 保育士
    なるべく機嫌の良い時間帯を狙って電車に乗っていました。


    ラムネや、散らからないお菓子、小さな絵本等、グズった時用のグッズも持って。

    外出に行く際は目新しい玩具(100均等でシールブックを買ったり)を、持って行くようにしてます。
    さと先生 保育士
    ベビーカーで電車に乗るときは混み始める夕方までには帰るようにしています。
    基本的には言葉であやしたり、小さいおもちゃで遊ばせています。
    ぐずるときはスマホで動画を見せています。
    どうしても泣き止まないときの最終手段はお菓子ですね。
    車内を汚さないラムネなどを最終手段として持ち歩いています。
    今のところ使ったことがない秘密兵器です笑
    おはぎ先生 保育士
    我が家も人が少ない時間や逆にお昼寝の時間に、移動しました。お菓子やパックのジュース、おもちゃは必須です。たまに、小さいおにぎりをいくつか持っていくと腹持ちもよく良かったです。電車は結構暖かく、蒸してグズる時も多々ありました💦特にこの時期は脱ぎ着しやすい上着や、ベビーカーの時は着るのではなくかけるブランケットなどにして、調節しやすい物を選ぶといいと思います。
    みぃ先生 保育士
    満員電車は避け、人の少ない時間に乗っています。
    紙パックのジュース、お茶の入った水筒、ボロボロこぼれないお菓子、お気に入りのおもちゃ3つほど、絵本2冊を持って出掛けています。また、指人形も持って行き、静かな声で2人でごっこ遊びをする事もあります。
    ゆう先生 保育士
    電車の中は特に、周りに迷惑がかかることをとても心配をされているようですね。確かに、子どもの泣き声を「うるさい」と思っている人もいるかもしれない。だけど、「ちょっと声をかけてあげたいな」「うるさくないよ」と思っている人もけっこういるんですよ。
    めめ先生 保育士
    車移動ばかりであまり乗りませんがベビーカーに抱っこ紐をいれておきぐずったら抱っこすると我が子は大丈夫です!もう少し大きい子はグミなど汚れないおやつや靴を脱がせて外を見せるなどするといいと思います。
    ゆきな先生 保育士
    くずったら焦りますが私は笑って過ごすようにしています!
    歌を歌ったり、じょぁいまから外になにがみえるかなーわんわんいるかなーなど気をそらしたりしてます!

    母親の反応ってすごく大事で、母親が焦っていると余計に泣くんですよね。
    泣いていてもケロッと普通にしているほうが案外早く泣き止むし気が紛れます!

    とりあえず電車で泣かれても焦りを隠そう!わら
    せんせい 保育士
    電車の中で流れたら焦りますよね☺︎ましてや満員になればなるほど💦けど誰でも小さい頃はいっぱい泣いて周りに迷惑掛けてますもんね。うるさいみたいな顔してくる人だって、絶対小さい時大泣きして誰かに「うるさい」って思われてましたよw
    周りにいる人たちが「自分も小さい時あんなだったのかなー」って思ってくれたらいいですよね🤩
    まな先生 保育士
    なるべく混まない時間帯を選んだり、女性専用車を選ぶと良いかもしれません。
    子どもが遊べるおもちゃを抱っこ紐にぶら下げたり、食べやすいお菓子や飲み物を入れたマグなどはカバンの取り出しやすい部分に入れておき、すぐに出せるようにしています。
    人の子どもが泣いていたら、「眠たいのかな〜、元気に泣いてるな〜」と温かい目で見ることができますが、自分の子どもが泣くとなると、「迷惑になっていないかな?」ととても焦りますよね(^^;)
    周りの人が優しく声をかけてくれたり、笑顔を見せてあやそうとしてくれたりと、親切な人が多いので、そこまで焦ることないと思います(^-^)
    それでも気になるようであれば、途中下車して子どもの気分転換をするなど、子どものペースに合わせてのんびりと過ごせたら良いですね。
    なごみ先生 保育士
    出来るだけ電車に乗る前に歩かせたりして疲れさせてから乗ったり、電車に乗るまでに寝かせていました。あとは冬でもなるべく薄着にさせて暑くならないようにしていました。飽きないようにカバンにはシール帳や、小さい絵本、小さいぬいぐるみを入れて、ぬいぐるみで話しかけてみたりしてました。おやつはあまりあげませんでしたお茶はすぐに飲めるようにしていました。
    こうじん先生 保育士
    乳児でなければラムネが最強アイテムでした。電車に乗る前に色んなお約束を一応しつつ、ぐずりそうなときはラムネをお口にポン。
    ちぃ先生 保育士
    ベビーカーで電車に乗る際は通勤・通学時間を避けていました。
    好きな絵本、一口で食べられるおやつなどを用意していました。あとはシール貼りができるもの、何度も書いたりできるお絵かきボードなどですかね?その時ハマりそうなものを持っていっていました。
    電車に乗る前に駅で電車を眺めたり、歩いたり動ける時間も設けるよう心がけていました。
    はなばたけ先生 保育士
    焦りますよね〜、私は子どもを連れて電車に乗ったことはないのですが、周囲で子どもがぐずったり泣いたりすると自分のことのように焦ります…笑 受け入れてくれる優しい方だけではないので ( ^_^ )
    すみっこ先生 保育士
    ぐずり泣きしないかドキドキしながら、すごく気を付けて乗っていました。
    電車の中ではこれでもかというほど甘やかしていました。お菓子におもちゃ… 迷惑をかけないように気を付けていました。
    りお先生 保育士
    電車やバスなど、公共交通機関を利用する時はそれなりの対策が必要だと思います!
    飴やチョコなどの口に含めるお菓子を食べさせる準備は確実に。

    そして、眠くなる時間を避けて乗って欲しいと思います。
    眠くなると子どもはぐずります💦
    それを避けるためには、機嫌良く過ごせる時間に移動するのがいいですね😁
    ぽんた先生 保育士
    電車、よく乗っています。まず、乗る前のポイントとして、なるべく、すわれる時間や、ばしょ、電車を、選ぶことです!

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧