子連れで楽しめる遊び場に出かけよう。雨の日も利用できる室内の遊び場

子連れで楽しめる遊び場に出かけよう。雨の日も利用できる室内の遊び場

子どもといっしょに遊びに行くときに役立つグッズ

子連れで楽しめる遊び場を知りたいママもいるでしょう。雨の日も利用できる室内の遊び場を知って家族でお出かけしたいですよね。今回は、ママたちが子連れで楽しめる遊び場を探すときに気になったことや、実際に行ったことのある室内の遊び場、子どもと遊び場に行くときに役立つグッズを紹介します。

子連れで楽しめる遊び場を探すときに気になったこと

室内の遊び場
dotshock/Shutterstock.com
子連れで楽しめる遊び場に家族で出かけたいと考えるママもいるでしょう。天候に左右されない室内の遊び場だと、ママも安心してすごせるのではないでしょうか。

子連れで利用できる遊び場を探すときに、ママたちはどのようなことが気になるのかを聞いてみました。

自宅からの距離

30代ママ
子どもが車に乗ると泣いてしまい、目的地に着くまで泣き続けるので自宅から遊び場までの距離が気になりました。自宅の近くで遊べる室内の遊び場を探しています。
40代ママ
子どもの昼寝の時間があるので、帰宅しやすい場所が家の近くにあるか気になりました。
子どもの生活リズムに合わせて帰宅できるように、自宅から遊び場までの距離を考えて探すママの声もありました。子どもが小さい時期は、自宅から近い遊び場を利用するというママが多いようでした。

授乳室や子ども用トイレなどの設備

30代ママ
授乳中なので、授乳室がある遊び場を探していました。母乳が出ずにミルクを飲むときもあるので、ミルクを作る場所があるかどうかも気になりました。
40代ママ
トイレトレーニング中だったので、子どもが利用しやすいトイレがあるかを考えました。
授乳室や子ども用トイレなどの設備が充実しているかどうかが気になったというママの声がありました。個室の授乳室があると利用しやすいというママもいました。

食事スペースの有無

30代ママ
午前中から出かけて外食することが多いので、遊び場の近くに子どもと食事ができるスペースがあるかが気になりました。
30代ママ
子どもが偏食だったので、遊び場に出かけるときはいつもお弁当を持って行きます。遊び場を探すときはお弁当や飲みものの持ち込みが可能な食事スペースがあるかどうかが気になりました。
施設内に食事スペースはあるかが気になったというママの声がありました。午前中から出かけて午後まで遊ぶ場合は、食事スペースが併設している遊び場は利用しやすいですよね。

子連れで楽しめる室内の遊び場

ママたちが行ったことのある子どもと楽しめる室内の遊び場について紹介します。

室内の遊び場が併設した公園

30代ママ
雨が降っても遊べるように、室内の遊び場が併設している公園に行きます。遊具も充実していて、子どもも楽しそうです。
30代ママ
子どもが走り回れるホールが併設されている公園に出かけます。思いきり身体を動かせてサッカーボールなどで遊べるので家族で楽しんでいます。
室内の遊び場が併設した公園は、雨が降ったときに室内で遊ぶことができるため、子連れで楽しみたいときに利用しやすいようです。施設料金がかからない場所もあり、家計にも優しい施設はママにとっても助かりますよね。

屋内テーマパーク

30代ママ
ボールプールやボルダリングなどが設置されている屋内のキッズパークに遊びに行きます。子どもが好きなおもちゃがたくさんあるので、よろこんで遊んでいます。
30代ママ
トランポリンやエアー遊具を楽しめる室内の遊び場に出かけました。エアー遊具はやわらかくて安全に遊べるので、私も安心して見守ることができます。
雨の日でも楽しめる屋内のテーマパークは、大型の遊べる設備が充実していて子どももよろこんでくれそうですね。屋内テーマパークの対象年齢の設定はその施設によってさまざまなので、確認してから出かけるとよいかもしれません。

大型ショッピングセンター

30代ママ
大型ショッピングセンター内にあるキッズスペースで遊んでいます。パパと交互に子どもを見守りながら私の買いものもできるので利用しやすかったです。
30代ママ
ショッピングセンターのおもちゃコーナーの遊び場を利用していました。子どもが車のおもちゃが好きだったので、家にはないおもちゃを楽しんでいました。
大型ショッピングセンターにはフードコートが併設されている場合も多く、ランチを食べるときに移動しやすいというママもいました。

温泉や屋内プール

温泉
wavebreakmedia/Shutterstock.com
30代ママ
キッズスペースがある温泉に行きます。滑り台を使ってたくさん身体を動かしてから、温泉に入り、食事して帰ります。
30代ママ
家族で楽しめる屋内プールに行きます。子ども用の小さなプールで浮き輪を使って楽しんでいます。
屋内で楽しめる温泉やプールに出かけるというママの声がありました。温泉の日帰り入浴だと料金も安く済み、利用しやすいというママもいました。

子連れで遊び場に行くときに役立つグッズ

ママたちに聞いた子連れで遊び場に行くときの役立つグッズを、いくつか紹介します。

ベビーカー

30代ママ
子どもが遊んだあとに疲れて歩きたがらないときのために、ベビーカーを持っていきます。手荷物なども載せられて役立ちます。
ママは子どもの着替えやオムツなどの手荷物が多いので、ベビーカーがあると載せたり、かけたりできて便利ですよね。

水筒やウエットティッシュ

30代ママ
遊び場で子どもが喉が渇いたときにすぐ水分をとれるように、水筒を持っていきます。
30代ママ
子どもが遊び場でいろいろなところをさわって手が汚くなってしまうことがあるので、ウエットティッシュは常に持ち歩いています。
水筒を持ち込めない遊び場もあるため、確認してから持っていくようにしましょう。ウエットティッシュや消毒液を常備して衛生面に気をつけたというママの声もありました。

ランチ用の食事グッズ

30代ママ
100円均一ショップの使い捨てのエプロンを用意してランチのときに使用していました。友達にも気兼ねなく渡せて役立ちます。
30代ママ
子どもが食べやすいように、自宅で使っているフォークやスプーンを持っていきます。調理用のはさみを持参すると、子どもが食べやすいように具材を細かく切ることができて便利です。
普段使い慣れている食事グッズを用意すると、子どももご飯を食べやすいようです。

使いやすいマザーズバッグ

40代ママ
遊び場に出かけるときは、仕切りがたくさんついているマザーズバッグを持っていきます。ティッシュや絆創膏などの子どもが必要なグッズをすぐに取り出せるように、使いやすいものを用意します。
リュックタイプやトートタイプなどさまざまなマザーズバッグがあるため、ママが使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

子連れで楽しめる遊び場に出かけて家族で楽しもう

室内の遊び場
Elnur/Shutterstock.com
子連れで楽しめる遊び場を探すときは、子どもといっしょに利用しやすい施設を選ぶママが多いようでした。授乳室や子ども用トイレがある遊び場だとママも安心して出かけることができるかもしれません。

室内の遊び場が併設されている公園や屋内テーマパークなどを利用すると雨の日も遊べて、スペースが限られている場所も多いため子どもを見守りやすいというママの声がありました。

子連れで利用できる遊び場に出かけて、家族で楽しい時間をすごせるとよいですね。

2020年01月13日

専門家のコメント
20
    メグミ先生 保育士
    お子さまの様子によって遊び方は様々。お部屋遊びが好きな子や、体を動かすアクティブな遊びが好きな子、性格によって違いますよね。おうちの中だと同じあそびになってしまいがちなので、あえていつもはしないような遊びができる場所にいくのもひとつかもしれません。その環境の変化がきっかけでお子さまの新しい1面が引き出せるチャンスになるかもしれませんし、何事も大人がきっとこれはできない…と決めつけてはいけないなと感じます。子どもたちの持っている力は大人の想像を越えてくることもあるので新しいことに挑戦できるきっかけをつくってあげるのもよいかもしれませんね。意外と近くの幼稚園や保育園で未就園児イベントを開催しているかもしれないので調べてみてはいかがでしょうか?保育施設だと授乳室やトイレ環境も整っているはずですよ!
    わい先生 保育士
    雨の日は特に大型モールに入る前からすごい渋滞です。でも、遊ぶスペースもあり、大人も買い物できるからとても便利ですね。また、近くに室内でも遊べるレジャー施設が、あるならそこに行くのもいいと思います。なければ、児童センターはどうでしょう?玩具もありますし、広いスペースもあります。トイレも授乳室もあるところが多いですよ。子育てイベントも時々開催されてます。
    あゆみ先生 保育士
    雨の日のお出かけには、大型のショッピングモールがオススメです。子供服売り場があるフロアや、室内型の屋上にキッズスペースがある場所が増えています。家族連れにも優しく、オムツ替えスペースも充実しているように思います。また、最近はベビーカーも通りやすいようにフロアの通路が広いのもありがたいですね。
    フードコートなどもあると、食事も摂りやすいと思います。
    すみっこ先生 保育士
    小さな頃は、ボールプール・おままごと・エアー遊具が楽しめる遊び場へよく行きました。ただ、風邪が流行る時期は避けました。 出掛けるときは大きくなった今も水筒と除菌スプレーは必ず持っていきます!
    なごみ先生 保育士
    市の子育て広場によく連れて行ってました。あとは普段から何かイベントがないかを探して参加したり、保育所の園庭開放の日に行ってみたり、、、。市が運営している水族館も年パスを買ってよく行きました。おかげで魚好きな子になりました。
    めるちゃん先生 保育士
    児童館によく連れて行ってます。室内なので雨の日も遊べます。児童館でのイベントもよくチェックしてます。また図書館で子どもに好きな本を選んでもらい、お家に帰って読み聞かせしてます。
    はなこ先生 保育士
    雨の日子供の体力消耗させるの悩みますよね!
    年齢に合った場所で遊べるのが1番ですよね!
    年齢ごとにゾーンで別れているところは、小さいお子さんも安心して遊べるでしょう。
    皆さん考えることは同じで、平日はそうでもないですが、休日は室内の遊び場はとても混みます!
    怪我等気をつけて遊べるといいですね♥︎︎∗︎*゚
    せおみ先生 保育士
    雨の日や寒い日の遊び場は困りますね。モールの中に入っている有料の遊べるスペースや、映画館。市の経営している遊べる所や、科学館や温水プール、図書館も利用すると楽しかったです。
    りお先生 保育士
    雨の日は児童館や子育て支援センターがいいのかなと思います。
    年齢の大きい子が少ないので、月齢の小さな子でもたくさん遊べると思います!
    もう少し大きくなってからなら、ショッピングセンター入っている有料の遊び場に連れて行って思いっきり遊ぶのもいいかもしれません。
    ただ、ショッピングセンター等は、病気をもらうことも多いので、時期によってはおすすめしません。

    我が家は天気の悪い日は、家で遊ぶか、児童館か図書館か科学館に行っています。
    ぽんた先生 保育士
    平日にいくなら、近所で通いやすいところですねー。ママ友ができて親しくなったりしても、遠いとなかなか会えず、子どもたちも忘れちゃうからー。それと、無料でいつでもいけるっていうのが気兼ねなく利用できていいです。休日にパパも一緒なら、少し遠いところや、お金のかかるところもありです(^^)v
    いちぽ先生 保育士
    大型スーパーや地域の児童館、支援センターなど室内の無料で遊べる施設はあんよする前の赤ちゃんにとってはとても助かります。
    地域によって充実している地域と少ない地域があるので、さらにいろんな施設ができてくれると良いなと思います。
    こなせんせい【京都のシッター】 保育士
    地域によって様々ですが、最近は大型のショッピングモールにも 子どもたちが遊べるエリアがありますね。イオンのゲームセンター モーリーファンタジーの中にあるちびっこエリアには
    保育士の資格のあるスタッフもいて 有料にはなりますが 一緒に遊ぶことも、預けて買い物に行くこともできるようですよ♩
    べこな先生 保育士
    今は室内遊園地のような所がたくさんあり、お天気を気にせず小さい子どもが安全に楽しく遊べるのでとてもいいなぁ、と思います。冬場の外遊び出来ないくらい寒い日は雨の時と同じ位混んでますよね。風邪やインフルエンザのシーズンでもあるので、室内の人混みは感染の確率が高まるので、そのことも頭の隅に入れておく必要があるかもしれないですね。
    めーめー先生 保育士
    ショッピングモールの遊び場によく行きます。あとで行くよーって言っていると、買い物をしている間楽しみがあるからか、行かないときよりもおとなしく待っててくれます。もちろん、待たせた分たくさん遊びます!他にも支援センターも使いやすいですね。おむつ替えもできるし、授乳スペースもあるので。特に下の子が乳児期の時は、赤ちゃんのおもちゃもありながら、上の子が遊べるスペースが充実していること、授乳中に保育士さんに上の子を見てもらったり、反対に下の子が寝ていれば保育士さんにお任せして上の子と思いっきり遊んだりできるので、それもよかったです。これぞ支援だなぁと今でも行きやすい場所になっています。
    みどり先生 保育士
    お子さんの年齢にもよりますが、雨を楽しむ
    みどり先生 保育士
    雨を楽しむ過ごし方もいいものですよ。お子さんの年齢や、季節にもよりますが長靴と傘をさして、散策も楽しいものです。お風呂も用意しておくといいですよ!まだお子さんが小さい時は、児童館や図書館など無理のない過ごし方もありだと思います 。気分転換も大事なので、いくつか楽しい場所を見つけておくといいですね!
    いちご先生 保育士
    市が経営している室内の遊び場や、ショッピングモールの中の遊び場に連れて行っています。雨の時だけでなく、外の寒い時や暑い時にも快適に利用できて助かっています。
    ひまわり先生 保育士
    私の子はまだ0歳なので、授乳スペースがあるか、おむつ替えするスペースがあるかを重視しています。あとはまだハイハイ前なので、年齢層がどうなっているのかも調べます。大きい子ばっかりだと危ないので…。支援センターだと赤ちゃんスペースが作られている場合もあるので行ってみたらいいかも知れないですね。私は暇さえあれば、支援センターに行って子どもを遊ばせています。支援センターの先生も顔と名前を覚えてくれて、声をかけてくれたりするので、ママとしても子育てのことを話やすくて助かっています。
    ことり先生 保育士
    室内でも砂場遊びができたり
    プチアスレチックがあったり…

    いろいろな場所があるようですね!

    雨の日も思いっきり身体が動かせるとは
    ほんとにステキなことですよね。

    いろんなお母さんに情報収集してみると
    近場でいろいろな発見があるかもしれません!
    まあ先生 保育士
    調べてみると近くの保育園が空いてることもあるかもしれません。以前勤務していた場所は、お誕生日会に参加できるというイベントなどもやっておりました。
おすすめユーザーのコメント
1
    sh
    日帰りで温泉に行くとゆったりとした時間を過ごせてよかったです。
    バイキングがセットになっていたので子どもが好きなおかずが選べたり、量をちょうせいできたりと利用しやすかったです。

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧