新生児期から生後3カ月頃までの赤ちゃんの外出。ぐずるときの対応について

新生児期から生後3カ月頃までの赤ちゃんの外出。ぐずるときの対応について

外出中に赤ちゃんが遊ぶおもちゃを用意しよう

外出中に赤ちゃんがぐずるとき、どのように対応したらよいのか迷うママやパパもいるかもしれません。赤ちゃんとの外出は1カ月健診以降になる場合が多いようです。新生児期から生後3カ月頃までの赤ちゃんが外出中にぐずるときの対応や、持ち運ぶおもちゃについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

新生児の外出について

新生児の外出について気になるママやパパもいるかもしれません。

生後28日を経過しない乳児を新生児と言いますが、一般的には新生児期の外出は控えたほうがよいとされており、初めての外出は1カ月健診以降になる場合が多いようです。

今回は、新生児から生後3カ月頃までの赤ちゃんを含めて、外出時に赤ちゃんがぐずるシーンや対応、外出をするときに持ち運ぶおもちゃについてママたちの体験談を交えてご紹介します。
出典:母子健康手帳/厚生労働省

外出中に赤ちゃんがぐずるときの対応

チャイルドシートでぐずる赤ちゃん
ARTYOORAN/Shutterstock.com
外出中に赤ちゃんがぐずるとき、どのように対応したらよいのか困るママやパパもいるかもしれません。

赤ちゃんはどのような場面でぐずることが多いのかや、対応についてママたちに聞いてみました。
20代ママ
生後3カ月の赤ちゃんを、ベビーカーやチャイルドシートに乗せようとするとよく泣いていました。抱っこをしていないとぐすることが多いので、外出中はずっと抱っこをするようにしていました。
30代ママ
生後2~3カ月頃に赤ちゃんとベビーカーで外出をしているとき、ベビーカーが動いているとご機嫌なのですが、止まるとよくぐずっていました。信号待ちなどではベビーカーを前後にそっと揺らしながら対応していました。
30代ママ
生後2~3カ月頃の赤ちゃんと車で移動中、走っているときはご機嫌なのですが、車が止まると大泣きしていました。赤ちゃんにおもちゃを差し出したり、ゴミ袋をシャカシャカと音を鳴らしたりして対応することが多かったです。
30代ママ
出産後の私の体調があまりよくなく、退院の1週間後に病院に来るように言われたので、医師の確認を取って新生児期の赤ちゃんも連れて行きました。抱っこひもを窮屈に感じるのかときどきぐずったので、お尻をとんとんしたり抱っこひもを外して直接抱っこしたりしていました。
外出中にぐずる理由やきっかけは赤ちゃんによって異なるでしょう。

外出中に赤ちゃんがベビーカーやチャイルドシートを嫌がってぐずることが多いと感じているママの声がありました。

生後2~3カ月頃になると、周りのものに興味を示して動くものを目で追ったり、おもちゃを手でさわるようになる赤ちゃんもいるようです。

ぐずる赤ちゃんの気を紛らわせるように、おもちゃを使ってあやすのもひとつの方法でしょう。

赤ちゃんが疲れないように、長時間の外出を避けるようにしていたというママの声がありました。

赤ちゃんとの外出は数十分など短い時間からはじめるとよいようです。

外出中に赤ちゃんがぐずるときに遊べるおもちゃ

赤ちゃんが外出中にぐずるときに遊ぶことができるおもちゃについてご紹介します。

歯固め

歯固めは歯が生え始めた赤ちゃんが口のなかに入れて噛むおもちゃですが、手に持って握ったり舐めて遊ぶことができるため、新生児~生後3カ月頃の赤ちゃんも楽しめるかもしれません。

幼児向けのキャラクターデザインや、食べ物などさまざまなデザインの歯固めがあります。

おもちゃのなかにビーズが入っていてカラカラと音が鳴るラトルのような歯固めもあるため、音を楽しみながら遊ぶこともできるでしょう。

コンパクトなサイズの歯固めは、ママやパパのかばんのなかに入れて手軽に持ち運ぶことができるかもしれません。

布絵本

布絵本
iStock.com/Gittta
やわらかい素材の布絵本は、新生児期の赤ちゃんも安心して遊ぶことができるでしょう。

ストラップがついており、ベビーカーに取りつけて持ち運べる布絵本もあるようです。

赤ちゃんが寝転がって遊ぶベビージムについている布絵本を、外出をするときに持ち運んでいたというママの声がありました。

赤ちゃんが普段遊んでいる慣れ親しんだおもちゃは、外出中にぐずった場合も楽しんで遊べるのではないでしょうか。

ぬいぐるみ

うさぎやくまなどのかわいらしい動物のデザインや、子ども向けのキャラクターなど赤ちゃんが遊ぶぬいぐるみにはさまざまな種類があります。

小さいサイズのぬいぐるみはベビーカーに取りつけたり、かばんに入れて持ち運びやすいかもしれませんね。

ぬいぐるみについている紐を引っ張ると振動するものや、さわるとシャカシャカと音が鳴るものなど、しかけを楽しめるぬいぐるみもあるようです。

ボール

赤ちゃんが手で掴んで楽しめるタグがついた布製のボールや、なかにおもちゃが入った格子状のボールなど、赤ちゃんが遊べるボールはたくさんあります。

軽くてシンプルなデザインのボールは新生児期~生後3カ月頃の赤ちゃんも掴みやすく、楽しんで遊べるかもしれません。

外出中に赤ちゃんがぐずるときは落ち着いて対応しよう

ベビーカーに乗った笑顔の赤ちゃん
AePatt Journey/Shutterstock.com
新生児期の外出は控えたほうがよいとされているため、赤ちゃんとの外出は1カ月健診以降になる場合が多いようです。

1カ月健診後から少しずつ赤ちゃんと外出をはじめたというママの声がありました。

長時間外にいると赤ちゃんも疲れてしまうかもしれません。赤ちゃんがおでかけを楽しめるように、短い時間からはじめるようにしましょう。

赤ちゃんのペースに合わせながら、外出を楽しめるとよいですね。
※記事内で使用している参照内容は、2019年12月4日の記事作成時点のものです。

2019年12月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧