電車で赤ちゃんがぐずるときの対応。電車に乗るときに意識すること

電車で赤ちゃんがぐずるときの対応。電車に乗るときに意識すること

赤ちゃんとおでかけを楽しもう

赤ちゃんが電車のなかでぐずるとき、対応に困ってしまうというママやパパもいるかもしれません。電車のなかで赤ちゃんがぐずらないようにするには、どのような準備をするとよいのでしょうか。赤ちゃんと電車に乗るときに意識することについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

電車のなかで赤ちゃんがぐずる場面

電車に乗っているときに赤ちゃんがぐずることがあるというママやパパもいるのではないでしょうか。

赤ちゃんの気持ちが落ち着くように接しても、なかなか泣き止まないということもあるかもしれません。

赤ちゃんが電車のなかでぐずる場面についてママたちに聞いてみました。
20代ママ
電車に乗っている時間が長いと赤ちゃんが飽きてしまい、ぐずることが多いです。知らない人もたくさん乗っているので、赤ちゃんも居心地が悪いようでした。
30代ママ
車に乗っているときは大人しいのですが、電車に乗るときはぐずることが多い気がします。電車に乗っている時間が長いと飽きて泣いてしまいます。
20代ママ
赤ちゃんと電車に乗っているときに、周囲にいる人たちを怖がってぐずることがありました。娘は異性の大人が苦手なようで、電車に乗るときによく泣いていました。
赤ちゃんが電車に飽きてぐずることが多いと感じているママたちの声がありました。

電車が苦手という赤ちゃんや、電車が好きな赤ちゃんもいるでしょう。上の子が赤ちゃんの頃は電車のなかでも大人しかったけれど、下の子は電車が苦手なようだったというママもいました。

赤ちゃんが電車のなかでぐずるときの対応

電車の中
naka - stock.adobe.com
赤ちゃんが電車のなかでぐずるとき、赤ちゃんがなかなか泣きやまずに対応に困り、周囲の目が気になるということもあるかもしれません。

赤ちゃんが電車のなかでぐずったときの対応についてママたちに聞いてみました。
30代ママ
赤ちゃんがぐずるときは、電車の窓から見える景色を見せることが多いです。少しでも気を紛らわせたらなと思い、窓際に移動して赤ちゃんと景色を楽しんでいます。
20代ママ
赤ちゃんが、電車のなかでたくさん汗をかいてぐずることがあります。そのときはすぐに赤ちゃんの靴下を脱がせたり、汗をふき取って体温調節しながら対応しています。
20代ママ
赤ちゃんが電車のなかでぐずったとき、どうしても泣き止まないときは途中で電車を降りて、泣き止むまで駅のホームであやすこともありました。
赤ちゃんの気を紛らわせたり、赤ちゃんがすごしやすいように体温調節に注意しながら対応しているというママたちの声がありました。

赤ちゃんが電車のなかでぐずらないようにママたちが意識したこと

赤ちゃんが電車のなかでぐずらないように、どのようなことを意識するとよいのでしょうか。

人が多い時間帯は避ける

満員電車
naka - stock.adobe.com
20代ママ
できる限り乗客が少ない時間帯を選んで赤ちゃんと電車に乗るようにしていました。人の数が少ないと、赤ちゃんも落ち着いて電車に乗れるかなと思いました。
通勤ラッシュなど、人が多い時間を避けて赤ちゃんと電車に乗るように意識したというママの声がありました。

赤ちゃんと電車に乗るとき、人が少ない電車や混雑しないルートがわかるサービスを使って調べるという方法もあります。

利用している電車とは別のルートを調べ直してみるのもよいかもしれません。

眠い時間帯は避ける

20代ママ
赤ちゃんは眠くなるとぐずることが多いので、電車に乗るときは眠い時間を避けるようにしています。家でしっかり昼寝してからおでかけするなど、時間帯を意識するようにしています。
赤ちゃんが電車に乗るときに眠くなってぐずらないように、おでかけする時間を意識しているというママがいました。

赤ちゃんが元気におでかけできるように、電車に乗る前に昼寝の時間を取るのもひとつの方法でしょう。

電車に乗る前にオムツを替える

20代ママ
赤ちゃんが電車のなかでオムツを替えたいとぐずることがないように、家できれいなオムツに替えてからおでかけするようにしています。
赤ちゃんと外出するときは、事前にオムツを替えてから電車に乗っているというママやパパは多いでしょう。

家、もしくはオムツ台のあるトイレなどでオムツを替えてから電車に乗るようにしましょう。

電車に乗る前にご飯を食べる

20代ママ
赤ちゃんがお腹が空いたときにぐずることが多いため、電車に乗る前にご飯を食べて赤ちゃんのお腹を満たすようにしています。
赤ちゃんが電車のなかで、喉が渇いたりご飯が足りないとぐずることもあるかもしれません。

水分補給できる飲み物や、さっと食べられるボーロなどのお菓子を準備するのもひとつの方法です。

電車のなかで赤ちゃんがぐずるときは落ち着いて対応しよう

電車に乗る親子
Yuko - stock.adobe.com
電車のなかで赤ちゃんがぐずるとき、どのように対応したらよいのか迷うママやパパもいるのではないでしょうか。電車が飽きた、人が怖い、暑いなど赤ちゃんがぐずる理由はさまざまでしょう。

赤ちゃんの気を紛らわせるように電車の外の景色を見せたり、赤ちゃんが暑くないか気にしながら対応しているというママたちの声がありました。

乗客が多い時間帯を避けられるように、利用する電車やルートを下調べすることも大切です。赤ちゃんが落ち着いて電車に乗れるように準備をして、おでかけを楽しめるとよいですね。

2019年12月13日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧