ピクニックにサンドイッチを用意しよう。おしゃれに見せる工夫とは

ピクニックにサンドイッチを用意しよう。おしゃれに見せる工夫とは

サンドイッチや付け合わせのレシピ

ピクニックにおしゃれなサンドイッチを用意したいとき、アレンジしやすいレシピや子どもに人気のあるおかずが知りたい方もいるかもしれません。今回は、サンドイッチをおしゃれに見せるポイントやアボカドを使ったセルフサンドイッチなどのレシピ、前日に準備しやすい付け合わせについて体験談を交えてご紹介します。

ピクニックにサンドイッチを用意したいとき

子どもとピクニックへ行くときのお弁当に、手に持って食べやすいサンドイッチを作ろうと考えることもあるのではないでしょうか。ママたちに、サンドイッチを用意するときに気になることを聞いてみました。

30代ママ
ピクニックが楽しくなるように、おしゃれな雰囲気のサンドイッチを作ってみたいと思いました。手軽におしゃれに見せるためには、どのように工夫すればよいのでしょう。
20代ママ
サンドイッチの他に、どのようなおかずを用意すればよいのか悩んでしまいました。サンドイッチにもよく合い、子どもに人気の出そうなおかずのレシピが知りたいです。
ママたちからは、おしゃれな雰囲気のサンドイッチが作りたいという声や、いっしょに味わう付け合わせレシピが知りたいといった声が聞かれました。ママたちが実際に工夫していることや作っているレシピを知ることで、子どもが喜ぶようなお弁当が作れるかもしれませんね。

サンドイッチをおしゃれに見せるポイント

ピクニックへ持って行くサンドイッチをおしゃれに見せるには、どのようなことを意識して用意するとよいのでしょう。

彩りをよくする

20代ママ
サンドイッチを作るときは、彩りを考えてパンに挟む具材を用意しています。黄色い卵サンドの隣には緑色のアボカドや赤色のトマト、ピンク色のハムを挟んだサンドイッチを詰めたところ、彩りがよくなりとても華やかになりました。
おしゃれな見た目になるよう、サンドイッチの彩りを考えながら具材を用意しているママがいるようです。まず子どもの好きなサンドイッチの具材を決めてから、そこに何色を加えると色鮮やかに見えるのかを考えて他に用意する食材を決めたというママの声もありました。

断面を考えて具材を挟む

サンドイッチの断面
Olga Nayashkova/Shutterstock.com
30代ママ
サンドイッチを切ったときにおしゃれな見た目になるよう、断面を考えて具材を挟みました。インターネットや本などを参考に「かわいい、やってみたい」と思ったレシピを真似して作っています。
サンドイッチの断面がきれいだと、お弁当箱を開けたときに喜ばれそうですね。味だけでなく見た目でも楽しめるようなサンドイッチになり、より食事の時間が楽しく感じられるかもしれません。

ラッピングにこだわる

30代ママ
ランチボックスに詰めたときにおしゃれに見えるよう、サンドイッチを包むグッズにこだわってみました。茶色のワックスペーパーに包んだりカラフルな紙ナプキンを使ったりすることで、手軽におしゃれな見た目になったように感じます。
サンドイッチをおしゃれに見せる工夫として、ラッピンググッズにこだわってみるのもよいかもしれません。お店の行楽コーナーでは、紙ナプキンやランチボックスなどさまざまなグッズが販売されているようなので、ラッピングに使うものをどれにしようか選ぶ時間も楽しめそうです。

ピクニックのサンドイッチのレシピ

ピクニックへ持って行くサンドイッチのレシピが知りたい方もいるかもしれません。実際に、普段どのようなサンドイッチを作っているのか聞いてみました。

ポケットサンドイッチ

20代ママ
半分に切った食パンの中に切り込みを入れ、ポケットを作ります。ポケットの中にバターを塗り、ハムやアボカド、きゅうりなどの具材を詰めるとポケットサンドイッチの完成です。パンの両側や下から具材がこぼれにくく子どもたちも食べやすそうでした。
子どもとのピクニックにポケットサンドイッチを作ったママがいるようです。ママのなかには、ポケットを作る前に軽くトーストすると、パンに穴が開きにくくなって切りこみを入れやすかったという声もありました。

ロールサンドイッチ

ロールサンド
sarsmis/Shutterstock.com
30代ママ
ラップの上に食パンを置いてバターを塗ります。ウインナーやスライスチーズなどを乗せます。食パンの手前から奥に向かって巻き、左右のラップをねじってとめるとロールサンドの完成です。ロールサンドを斜めに切ると、断面もきれいに出ておしゃれな見た目になりました。
サンドイッチ用などの食パンを使って、筒状のロールサンドを作ったママもいるようです。筒状の形を活かしてハムやチーズを巻き込み渦巻き模様にするなど、工夫次第でさまざまなアレンジもできるかもしれません。

セルフサンドイッチ

20代ママ
我が家では、具材とパンを別々に用意して昼食時にその場でセルフサンドイッチを楽しんでいます。家族がそれぞれ好きなものを挟みながら「次はどれにしようかな」「このアボカドを入れた組み合わせがおいしいからやってみて」などと盛りあがりました。
具材とパンを別々に持参し、食べるときに各自で挟むセルフサンドイッチを用意したママもいるようです。セルフサンドイッチはあらかじめパンに具材を挟んでおく必要がないため、ママにとっては短時間で用意しやすいメニューのひとつかもしれません。

ピクニックに用意した付け合わせ

ピクニックにサンドイッチを作ったとき、ママたちはどのような付け合わせを用意しているのでしょう。

野菜スティック

30代ママ
お弁当をサンドイッチにしたときのおかずには、きゅうりや人参、パプリカなどの野菜スティックとディップソースを用意しました。スティック状にすると手に持って食べられるので、ピクニックにちょうどよいのではと思いました。
サンドイッチの付け合わせに、手に持って食べやすい野菜スティックを用意したママがいるようです。他には、前日にスティック状に切った野菜でピクルスを作り、水気を切ったものをおかずに持っていったという声もありました。

フルーツ

20代ママ
サンドイッチの付け合わせには、さっぱりとして水分が多めのものがよいと考えました。家族の好きなぶどうや梨など旬を迎えた果物はみずみずしく、とても喜ばれました。
サンドイッチの付け合わせに、季節のフルーツを用意したママもいるようです。フルーツは爪楊枝やピックを用意すると手に持って食べやすく、見た目の彩りもよくなりそうですね。

おしゃれなサンドイッチを用意して出かけよう

ピクニックを楽しむ家族
iStock.com/monzenmachi

おしゃれなサンドイッチを作れるよう、ママたちは彩りを考えて具材を用意したり、ラッピングにこだわったりとさまざまに工夫しているようです。好きな具材を挟んでアレンジが楽しめるよう、アボカドや子どもに人気のチーズなどを選んでセルフサンドイッチを用意したママもいました。

当日の準備を効率よく行いたい場合は、付け合わせやおかずのみ前日に準備しておいてもよいかもしれません。さまざまなレシピを参考にしながら、 ピクニックがより楽しくなるようなサンドイッチを用意できるとよいですね。

2019年09月28日

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧