子どもの登山の服装や靴。選び方のポイントやあると便利なグッズ

子どもの登山の服装や靴。選び方のポイントやあると便利なグッズ

服装やレインウェア、リュックなど揃えておきたいもの

子どもが登山をするとき、基本的な服装や靴以外にも、レインウェアやリュックなどの必要な持ち物が気になることもあるかもしれません。今回の記事では、子どもが登山をするときの服装や選び方、あると便利だったグッズについてママたちの体験談を交えてご紹介します。

子どもが登山をするときの服装や靴

家族のお出かけや園の行事、体験イベントなどで、子どもが登山に行く機会もあるのではないでしょうか。また、夏休みなどの長期休みに親子で登山を計画している場合は、登山に適した子どもの服装や靴などが気になることもありますよね。

今回は、子どもが登山をする際の基本的な服装や靴、選び方のポイントや、季節に応じた便利なグッズについて、ママたちの体験談を集めてみました。

子どもが登山をするときの基本的な服装

子どもが登山をするときの基本的な服装にはどのようなものがあるのでしょうか。ママたちに聞いた子どもの登山の服装について、アイテム別にご紹介いたします。

長袖・長ズボン

30代ママ
登山のときは、基本的には長袖長ズボンが多いです。真夏など気温が暑いときは、半袖に長袖のパーカースタイルにすることもありました。
30代ママ
子どもが転んでもケガをしにくいよう、長袖長ズボンを選んでいます。登山に行く場所や季節に応じて、フリース素材の防寒着を用意することもあります。

子どもの登山の服装は、基本的には長袖長ズボンをベースに考えるとよいようです。長袖長ズボンの代わりに、TシャツとロンTの重ね着や、短パンとスパッツの重ね着スタイルにしたという声もありました。季節以外にも、天候や気温に応じて防寒着なども忘れずに用意しておくとよいでしょう。

トレッキングシューズ
iStock.com/lzf
30代ママ
子どもたちだけで参加するサマーキャンプで登山があるときは、普段から履き慣れているスニーカーで行きました。
30代ママ
我が家は、足首まであるハイカットのトレッキングシューズを新調しました。当日に下ろすと靴擦れしそうなので、少し前から履き慣らしていました。

子どもの登山用の靴は、普段から履きなれている運動靴や登山用のトレッキングシューズを選んだママがいるようです。脱ぎ履きのしやすさや、歩きやすさを考えながら選ぶことができるとよさそうです。

リュック

20代ママ
登山用のリュックは、幼稚園の遠足用に購入したものを使いました。肩にバックルがついているタイプは、歩いていてもずれることがないので使いやすそうでした。
30代ママ
トレッキングコースを家族でいっしょに歩いたときは、小さめサイズのリュックに、お菓子などの荷物を入れていました。水筒などの重そうな荷物は、私たちが持ちました。

登山用のリュックは、なかに入れる荷物によって選び方が変わることもあるかもしれません。子どもの月齢が小さい場合は、荷物といっしょに子どもを背負うことができる登山用のベビーキャリアなどもあるようです。

レインウェア

40代ママ
急な雨でも対応できるよう、普段使っているものとは別にレインウェアを用意しました。セパレートタイプのレインウェアは、脱ぎ着がしやすいだけでなく、風よけとしても活躍しました。

天気のよい日にあわせて登山を予定していても、急な天候の変化や雨に見舞われることもあるかもしれません。レインウェアは、緊急用の防寒対策として使う場合も考えて本格的なものを用意したというママの声もありました。

子ども用登山グッズの選び方のポイント

子どもの登山用の服装や靴などを購入するとき、選ぶときに迷ってしまうこともあるかもしれません。実際に、ママたちが子ども用の登山グッズを選ぶときに意識したポイントを聞いてみました。

素材

登山ウェア
© TPhotography - Fotolia
30代ママ
子どもの動きやすさを考えて、伸縮性のある素材のトップスとズボンを選びました。動きやすい服装は、登山以外でも重宝しています。
40代ママ
アウトドア用品店で、汗などが乾きやすい登山ウェアを購入しました。着心地がよいのか子どもも気に入っているようです。

子どもの登山の服装は、動きやすさや速乾性など素材にこだわって選んだママがいるようです。登山の服装とあわせて、下着なども季節に応じた着心地のよい素材にこだわりたいですね。

サイズ

20代ママ
あまり大きすぎるサイズを選ぶと動きにくいかもしれないと思ったので、ジャストサイズの服装を選ぶようにしています。
30代ママ
長く使えるようサイズが大きいリュックを購入していたのですが、大きすぎて歩きにくそうにしていることがありました。登山に行くときは、コンパクトなタイプを買い足しました。

フィット感のあるサイズの服装やリュックは、子どもが快適に登山を楽しむことができそうです。リュックなどの持ち物を選ぶ際は、サイズのほかにも機能に注目して選んでみてはいかがでしょうか。

重さ

30代ママ
登山用の子どもの荷物はなるべく軽量にしたいと思いました。レインウェアなどは、なるべくコンパクトになり軽いものを選ぶように意識しました。
20代ママ
初めての登山では、重たい靴は歩きにくいかもしれないと思い、軽量タイプの登山靴を選びました。

リュックを背負って登山をする場合は、持ち歩く物はなるべく軽いものを選びたいですよね。登山靴を新たに買い足す場合は、サイズ以外にも、重さに注目するのもよいかもしれません。

子どもの登山であると便利なグッズ

子どもが登山をする際、あると便利なグッズが気になることもあるかもしれません。実際に、ママたちが持って行ってよかったと感じる登山グッズについて聞いてみました。

帽子

30代ママ
紫外線対策として、つばが広めの登山用のハットを用意しました。子どもにあわせてあご紐が調整できる紐つきタイプは、フィット感もあり便利でした。
40代ママ
秋冬の寒い時期は、意外と頭が寒いので、防寒対策としてニット帽があると便利かもしれません。

登山用の帽子には、ハットやキャップ、ニット帽などさまざまな種類があるようなので季節にあわせて選んでみてはいかがでしょうか。防水加工された帽子を選ぶと、レインウェアとしても活躍しそうですね。

軍手

20代ママ
足元が悪い山道では、軍手が活躍しました。手をついたときに、ケガがしにくいので安心ですし、防寒対策にもなります。

軍手や手袋は、防寒対策としてだけでなく、ケガの対策にもなるようです。軍手は汚れやすいので、使い捨てできるプチプラショップを活用するのもよいかもしれません。

タオル

20代ママ
コンパクトで乾きやすいパックタオルは、川遊びをするときや登山の帰りに温泉に行くときに重宝しました。

登山といっしょに水遊びや温泉を考えている場合は、コンパクトで乾きやすいタオルがあると便利ではないでしょうか。

タオルのほかには、下に敷く用のレジャーシートやマットがあると便利だったというママの声もありました。

準備を整えて、子どもとの登山を楽しもう

山登りをする親子
iStock.com/Hakase_

子どもが登山をするときの服装は、長袖長ズボンや履きなれた靴、レインウェアを用意するとよいようです。登山用に背負うリュックは持ちやすいサイズのほかにも、機能性にこだわって選んだというママの声もありました。

登山に行く季節や活動内容にあわせて持ち物を工夫し、子どもとの登山を思い切り楽しめるとよいですね。

2019年07月20日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

おでかけの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ