三兄弟の子育ては大変?それともかわいい?子どもとの関わり方

三兄弟の子育ては大変?それともかわいい?子どもとの関わり方

ママが感じた楽しさの体験談

三兄弟はかわいいという言葉を耳にすることがありますが、三兄弟の子育ては大変なのでしょうか。今回の記事では、三兄弟ならではのエピソードや育児をするときの工夫について、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

三人目が生まれたときに感じたこと

三人目が生まれたとき、ママたちはどのようなことを感じていたのでしょうか

30代ママ
三人目が生まれて抱っこしたときに『赤ちゃんってこんなに小さかった?』と、かわいく思いました。上の子たちが成長していたからか、一層小さく感じたように思います。

上の子たちとの年齢差にもよるかもしれませんが、何年ぶりかに見る赤ちゃんの姿に改めてかわいいと感じたママの声が多くありました。また、上の子たちの赤ちゃんの頃を思い出してかわいいと感じるママたちもいるようです。

30代ママ
三人目が生まれることで、家庭内は忙しくなるだろうなあ、という心配がありました。真ん中の子がちょうど2歳で手がかかっていたことも気がかりでした。お金のことも心配だったので、よく旦那さんとその話をしていました。

三兄弟を持つことで現実的になり、生活面や金銭面などが大変になるかもしれないと心配になるママもいるようです。上の子がまだ小さい場合は、特に子育てに対して不安になる、という声がありました。

三兄弟の子育ては大変?ママたちの体験談

子供部屋
iStock.com/evgenyatamanenko

三兄弟の子育ては大変なのでしょうか?それとも子どもの人数は関係ないと感じるのでしょうか?ママたちの意見を聞いてみました。

三兄弟は兄弟が協力し合うので大変ではなかった

30代ママ
上の子たちが三人目をかわいがってお世話を手伝ってくれました。私の仕事がずいぶん少なくなったように感じ、思ったほど大変だと感じませんでした。そのために気持ちにゆとりができたのか、三人目はかわいいと思い、大変だという意識はほとんどありませんでした。

三兄弟の場合、上の兄弟が赤ちゃんのお世話を手伝ってくれることが多いので大変さが減った、という声が多くありました。

40代ママ
家では上の子たちがママになって、いろいろなことを教えてくれていました。また三人目も上の子たちを見て真似をし、お姉ちゃんたちといっしょにお手伝いをしてくれます。上の子たちと協力し合ってくれているため、ママとしての私はそんなに大変ではありませんでした。

三兄弟を持つママたちは、自分以外も上の子たちがママの代わりになって下の子を見てくれたり、教えてくれる場合もあるようです。

育児に慣れているのでそこまで大変に感じなかった

30代ママ
2人の子育てを経験したことで、三人目の育児では家事との両立の仕方などの要領がわかるようになりました。そのため、あまり三兄弟の育児だから大変とは思いませんでした。

2人の子どもたちを育てた経験から、ママの気持ちにゆとりが生まれることもあるようです。赤ちゃんの扱いに慣れていることで、ぐずったときにもその姿さえ可愛いと感じたというママの声もありました。

三兄弟で良かったと感じたエピソード

子供をお風呂に入れるパパ
iStock.com/monzenmachi

三兄弟を通してママたちが実際に体験したエピソードを聞いてみました。

子ども同士で助け合う

40代ママ
三人目が生まれると、上の子たちがお兄ちゃん、お姉ちゃん、という自覚を更に持つようになったようで、三人目をとてもかわいがってくれました。また、上の子たち同士で助け合いながら、三人目を大切にしてくれました。

三人目が生まれることで、上の子たちが三人目を大切に扱って子ども同士で協力した、という声がありました。子ども同士で助け合いながら一番下をかわいがってくれるのは、親にとってもうれしいですね。

パパも協力的になった

30代ママ
三人目が生まれると、パパが以前にも増して協力してくれました。家事だけではなく、上の子たちの園の行事と出産時期や入院時期が重なっていましたが、パパが全てこなしてくれたので助かりました。私だけではなくパパも子育てにずいぶんと慣れてくれたようです。

三人目が生まれることで、パパが家事や子育てに協力してくれた、という声がありました。三人目ともなれば、ママの手が回りきらない場合もあるかもしれませんが、パパが子育てや家事に慣れて協力してくれるとありがたいですね。

三兄弟の育児のポイント

三兄弟を育児するときのポイントはどのようなことがあるでしょうか。ママの体験談を聞いてみました。

三兄弟が楽しめる遊びの工夫を

40代ママ
三兄弟となると、遊びのレベルが全く変わってくるので、外にお出かけに行くときも行きたい場所が違ったり、遊びたいことも違ったりします。なので、なるべくみんなが楽しく遊べるようにゲームをするときは一番上の子にはハンデを付けたり、一番下の子はママと参戦したり、と工夫していました。

三兄弟では、遊びに差が出てしまうので、親や上の子といっしょに相談をしながらルールを変動させていく、という声がありました。そのような工夫をすることで家族で楽しく遊べるでしょう。

上の子と話す機会を増やす

30代ママ
三兄弟になると、特に赤ちゃんのときは手がかかるので、上の子と話す機会が減ってしまいます。そのため、三人目が寝ているときは極力上の子たちと話したり、絵本を読んだりする機会を増やしました。

三人目の赤ちゃんのお世話で忙しいと、なかなか上の子とコミュニケーションが取れないと感じるママもいるようです。そのため、なるべく機会を見計らって上の子との時間を取ろうと考えるママの声がありました。

三兄弟の子育てを楽しもう

仲の良い三兄弟
No-Te - stock.adobe.com

三兄弟は育児をするママに余裕ができたり、兄弟が下の子のお世話を手伝ってくれることも多く、女の子も男の子もそこまで大変と感じず、可愛いさをより感じられる場合が多いようです。

三兄弟の子育ては大変なこともあるかもしれませんが、お兄ちゃんやお姉ちゃんなどに協力してもらいながら、家族で育児を楽しめるとよいですね。

2020年03月06日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ