パンツタイプのオムツはいつから?切り替えるタイミングなど

パンツタイプのオムツはいつから?切り替えるタイミングなど

サイズ選びで気をつけたこと

赤ちゃんのオムツをいつからパンツタイプにするのか、どのようにサイズ選びをしたらよいのかなど、気になるママやパパもいるかもしれません。この記事では、赤ちゃんのオムツをパンツタイプに切り替えたきっかけや気をつけたこと、パンツタイプのオムツを選ぶときのポイントなどについて体験談を交えて紹介します。

パンツタイプのオムツはいつから?

テープタイプのオムツを使っているママやパパの中には、いつからパンツタイプに切り替えればよいのか気になっている方もいるのではないでしょうか。ママたちに話を聞いてみました。

5カ月の赤ちゃんのママ
今はテープタイプのオムツを使っていますが、オムツ替えのたびにテープ部分がずれているのが気になります。体が大きくなってきたので、パンツタイプに切り替えてもよいのかなと思っています。
6カ月の赤ちゃんのママ
まだハイハイが始まっていないのですが、足の動きが活発になってきたので、パンツタイプに切り替えようかと検討中です。うまく履かせられるか、本当にこのタイミングでよいのかなと気になっています。
いつからパンツタイプのオムツにするか、タイミングについて気になっているママがいるようです。赤ちゃんの体の大きさや成長などを目安に切り替えるとよいのかもしれません。

パンツタイプのオムツに切り替えたきっかけ

オムツを履いた赤ちゃんとぬいぐるみの後ろ姿
Rawpixel.com/Shutterstock.com

どのようなきっかけでパンツタイプのオムツに切り替えたのでしょうか。ママたちの声を聞いてみました。

寝返りがスムーズになった

5カ月の赤ちゃんのママ
寝返りが上手になり、テープタイプのオムツだとオムツ替えしづらくなったのがきっかけで、パンツタイプに切り替えました。初めはウエストまでオムツを上げるのに苦労しましたが、慣れれば簡単でした。
寝返りがスムーズになったことをきっかけに、パンツタイプのオムツに切り替えたというママがいました。パンツタイプはテープで留める必要がないので、うつぶせと仰向け、どちらの姿勢でもオムツ替えがしやすくなるようです。

ハイハイが始まった

7カ月の赤ちゃんのママ
周りの友人がハイハイと同時にパンツタイプに切り替えていたので、参考にしました。オムツ替えのときに赤ちゃんがハイハイをしても、パンツタイプなら追いかけながらなんとか履かせることができました。
ハイハイが始まった頃にパンツタイプのオムツに切り替えたママがいました。パンツタイプに切り替えることで動きやすくなったのか、ますますハイハイが上手になったというママの声もありました。

漏れるようになった

6カ月の赤ちゃんのママ
おすわりができるようになった頃にウンチがよく漏れるようになってきました。試供品でもらったパンツタイプのオムツを試したところ、漏れにくくなったので、すぐにパンツタイプに切り替えました。
3カ月の赤ちゃんのママ
寝返りする直前ぐらいから、足をたくさん動かすようになり、テープタイプのオムツではうまくテープがとめられず、すぐに漏れてしまいました。ドラッグストアで小さなサイズのパンツタイプを見つけて切り替えたら、あまり漏れなくなりました。
おしっこやウンチが漏れるようになったことがきっかけで、パンツタイプのオムツに切り替えたママがいました。パンツタイプだと、テープが外れたことによる漏れの心配はなくなりそうですね。

パンツタイプのオムツを選ぶときのポイント

パンツタイプのオムツを選ぶとき、どのような点に注意して選べばよいのでしょうか。ママやパパたちにポイントを聞いてみました。

サイズがあっているかどうか

おむつ
iStock.com/avtk
6カ月の赤ちゃんのママ
うちの子は比較的ムチムチしているので、パンツタイプのオムツを選ぶときはサイズに注意しました。各社の試供品を使い、いろいろ試して選びました。
パンツタイプのオムツを選ぶとき、サイズに注意して選んだママがいました。いくつかの試供品を使ってみたり、オムツのパッケージのサイズ表記を参考に選んだりと、工夫してみるとよいかもしれません。

ギャザーの伸び具合

7カ月の赤ちゃんのパパ
お腹がポッコリした体型だったので、ウエスト部分のギャザーの伸び具合がとても気になりました。売り場に置いてあるサンプルに触れて、1番ウエストのギャザーが伸びると感じたメーカーのもにしました。
赤ちゃんの体型にあわせてギャザーの伸び具合をチェックしてから、オムツを選んだママやパパがいました。赤ちゃんの体型や成長具合を見ながら、ギャザーが伸びて動きやすいオムツを選べるとよさそうです。

肌にあっているかどうか

5カ月の赤ちゃんのママ
テープタイプのオムツを使っていた時期にオムツかぶれをしたので、いろいろなメーカーのオムツを試しました。テープタイプで使っていたメーカーのパンツタイプにそのまま移行しました。
肌になじんでいるか、オムツかぶれしにくいかどうかというポイントで、パンツタイプのオムツを選んだママがいました。実際に使ってみないとわからないこともあるので、切り替え直後は枚数の少ないものを選び、すぐにメーカーを変えられるようにしておいたというママの声もありました。

パンツタイプに切り替えるときに気をつけたこと

パンツタイプのオムツに切り替えるとき、ママやパパはどのようなことに気をつけたのでしょうか。

しばらくはテープタイプと両方を使った

5カ月の赤ちゃんのママ
しばらくは残りのテープタイプと併用していました。テープタイプは起きているとき、パンツタイプはお昼寝や夜眠る前など、時間によって使うオムツを変えていました。
テープタイプとパンツタイプのオムツを両方使っていたというママがいました。赤ちゃんがパンツタイプのオムツに慣れるまでは、テープタイプのオムツと併用してみてもよいかもしれません。

赤ちゃんの様子をよく見る

6カ月の赤ちゃんのママ
パンツタイプのオムツに変えてからしばらくは、オムツ替えのたびに、足の付け根やウエストが赤くなっていないかなどを、意識的にチェックしていました。
パンツタイプのオムツに切り替えた後、赤ちゃんの肌の様子をチェックするように意識したママがいました。赤ちゃんの肌を見たり触ったりして、しっかり確認するとよいかもしれません。

いつからパンツタイプのオムツに切り替えるかはさまざま

おむつを履く赤ちゃん
iStock.com/iryouchin
いつからパンツタイプのオムツに切り替えたのかは、寝返りやハイハイが始まってから、漏れるようになったからなど、ママによってさまざまでした。選ぶときには、サイズや赤ちゃんの肌にあっているかなどに気をつけるとよいかもしれません。赤ちゃんにあった快適なオムツを選んであげたいですね。

2019年10月31日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

家族の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ