【体験談】断乳2日目の過ごし方。夜の寝かしつけの工夫など

【体験談】断乳2日目の過ごし方。夜の寝かしつけの工夫など

子どもの様子やママの気持ち

断乳2日目のママの中には、過ごし方や夜の寝かしつけ、おっぱいのケアなど気になるママもいるのではないでしょうか。今回の記事では、断乳2日目の子どもの様子やママのおっぱいに痛みがあるときの対応、朝からの過ごし方のポイントや寝かしつけの工夫についてママたちの体験談を交えてご紹介します。

断乳2日目の子どもの様子

断乳の初日をすぎて2日目を迎えたときの、子どもの様子が気になることもあるかもしれません。ママたちに、2日目の子どもの様子とあわせてママが感じたことを聞きました。

日中

「初日をすぎて2日目を迎えましたが、日中はおっぱいを欲しがって服をめくろうとします。まだまだおっぱいのことが忘れられないようで、甘えて欲しがることもありました」(30代ママ)

「うちの子は、おっぱいと突然バイバイをしてしまったことに戸惑ったのか、少し元気もなくなってしまったので心配でした。しかし、離乳食はしっかり食べていたようなのでもう少し見守ろうと思いました」(20代ママ)

日中の子どもの様子としては、まだまだおっぱいを忘れられず、泣いたり服をめくっておっぱいを探すような様子も見られるようです。断乳2日目は子ども自身も、急におっぱいが飲めなくなることに戸惑うときなのかもしれません。

夜の子ども部屋のベッド
iStock.com/si_arts

「2日目の夜の寝かしつけでは、初日より大泣きをして大変だった思い出があります。断乳は、2日目3日目がピークと聞いていましたが、うちの子は2日目の夜が一番大変だったように感じました」(30代ママ)

断乳2日目の夜の寝かしつけは、子どもがおっぱいを欲しがって泣くので大変だったというママの声がありました。他には、夜のお風呂にいっしょに入ったときにおっぱいを見られて、欲しがられて大変だったというママの声もありました。

断乳2日目のママの様子

断乳2日目のママの様子はどうだったのでしょう。体の変化やママが感じた気持ちについて聞きました。

体の変化

「朝、起きたらおっぱいに痛みを感じました。母乳トラブルにならないかや、おっぱいを絞る場合はどれくらい絞ればよいのかが気になりました」(40代ママ)

「おっぱいに痛みを感じてつらいときは、助産師さんにケアの仕方を相談して、少し冷やしたりしました」(30代ママ)

子どもに授乳しない日が2日続いたことで、おっぱいに痛みを感じたママもいるようです。おっぱいの痛みがあるときは、子どもを抱っこをするだけでもつらかったというママの声もありました。

気持ち

「断乳2日目は、おっぱいが痛いのと、断乳での寝かしつけがスムーズにいかず寝不足だったので、つらいと感じていました」(30代ママ)

「子どもがおっぱいを求めて泣く姿を見るとかわいそうにも思うこともありました。まだ授乳した方がよいのかなと迷うこともありました」(40代ママ)

まだまだ子どもがおっぱいを欲しがって子どもが泣く姿にママもつらいと感じることもあるようです。他には、3日目4日目のことを考えると、先が見えないことに不安を感じることもあるかもしれません。

【体験談】断乳2日目の過ごし方のポイント

散歩をする親子
iStock.com/tetsuomorita

断乳2日目は、まだまだ赤ちゃんもおっぱいを欲しがって泣くことも多いかもしれません。ママたちの断乳2日目の過ごし方のポイントを聞きました。

声掛けを工夫する

「子どもがおっぱいを欲しがったときは、『おっぱいバイバイしたよ』と言葉で伝えるようにしました。最初は泣いてぐずりましたが、何度も根気よく伝えるように意識しました」(40代ママ)

「おっぱいを欲しがるときには、『いっしょに遊ぼう』と誘ったり『あれ、何かな?』と声掛けを工夫して、子どもの興味がおっぱいから他のものに移るように意識しながら過ごしました」(20代ママ)

子どもがおっぱいを欲しがったときに、声掛けを工夫して、おっぱいから気を反らせていたようです。他には、言葉がまだわからない月齢でも、しっかり理由を伝えるということを意識したというママの声もありました。

おっぱいを見せない

「子どもがおっぱいを見ることで、思い出したように欲しがって泣く姿がかわいそうだと思いました。そこで、日中はなるべくおっぱいを見せないように意識し、お風呂のときは主人に頼んで家族で協力しながら2日目を乗り切りました」(30代ママ)

「日中に服をめくられたときに、ブラの上からベージュのタンクトップなどの下着を重ねておっぱいが見えないように工夫しました」(20代ママ)

子どもにおっぱいを見せないように過ごし方を工夫したり、隠して対応するなど、ママたちは子どもがおっぱいを見て思い出さないように工夫していたようです。

【体験談】断乳2日目の寝かしつけの工夫

断乳2日目の夜の寝かしつけの方法が気になるママもいるかもしれません。ママたちは、どのように工夫しながら断乳2日目の子どもの寝かしつけをしたのでしょう。

おっぱいの代わりの水分を用意する

「日中はどうにかやり過ごせても、2日目の夜はおっぱいを欲しがって大泣きし、なかなか寝てくれませんでした。おっぱいの代わりに白湯やお茶を飲ませながら、寝かしつけをしました」(30代ママ)

授乳で寝かしつけをしていた場合は、おっぱいの代わりの水分を用意してあげるのもよいかもしれません。ママのなかには、泣くことで喉が乾くかもしれないとを考えて、普段より多めの水分補給を意識したという声もありました。

おんぶをする

「おっぱいが痛くて抱っこがつらかったので、夜はおんぶで寝かしつけをしました。眠くなってぐずる前からおんぶしたことで、子どももあまりおっぱいを欲しがって泣かずに寝つけたようです」(30代ママ)

おっぱいに痛みがある理由から、寝かしつけの工夫でおんぶをしていたママもいるようです。他には、抱っこで寝かしつけるとおっぱいが子どもの目に入り、欲しがってしまうのではないかと思ったので、おんぶで寝かしつけたというママの声もありました。

断乳2日目を上手に乗り越えよう

飲み物を飲む女の子
iStock.com/ziggy_mars

ママたちに聞くと、断乳2日目はまだまだ子どもがおっぱいを欲しがって泣いたという声や、朝起きたらおっぱいが痛くてびっくりしたという声がありました。おっぱいに痛みがあるときは、ケアの仕方など助産師さんなどに相談できるとよいかもしれません。

日中の過ごし方や夜の寝かしつけを工夫しながら、断乳3日目に向けて上手に乗り越えられるとよいですね。

2018年10月03日

家族の関連記事

カテゴリ一覧
連載記事