【子ども想いのグッズ9選】子どもが使いやすい食器やGPSなど

【子ども想いのグッズ9選】子どもが使いやすい食器やGPSなど

子どもがひとりでできることが増えたり、行動範囲が広がったりすると、成長に合わせたグッズの準備が必要になるもの。そこで今回は、子どものために作られたライフスタイルグッズをピックアップ。子ども自身が使いやすい食器やGPSデバイス、メガネ、日傘など、子どもの生活を豊かにするアイテムをまとめました。

子どもの小さな手でも使いやすい食器やキッチングッズ

nicotto

「nicotto(ニコット)」は、触り心地がつるつるとさらさら、″大きいへや″と″小さいへや″に分かれたデザインが特徴の、″楽しく食べやすくなるお皿″。上質かつシンプルなデザインで使いやすく、パパ・ママの普段使い用や、子どもが成長して大人になっても長く使うことができます。

bobo&booのキッズディナーウェア

オーストラリア発のナチュラル食器ブランド「bobo&boo(ボボアンドブー)」の「キッズディナーウェア」は、プラスチックやメラミン、BPAを一切含まない、地球環境や人にやさしい100%植物由来の子ども用エコ食器。ゴージャスなギフトボックスに入ったプレート、ボウル、カップの3点セットでプレゼントにもぴったりです。

STIIK KIDS

「STIIK KIDS(スティックキッズ)」は、なんでも大人といっしょがいい、大人になりたがっている新たな時代の子どもたちのための、ちょっと背伸びしたくなるような箸。子どもの箸づかいを顧慮し、箸先は少し丸く太めに仕上げられており、小さなおかずもつかみやすくなっています。

ZWILLING TWINNY

子どもが使うことを考え抜いてデザインされた、子どものためのナイフシリーズ「ZWILLING TWINNY(ツヴィリング ツウィニー)」。先丸仕上げのブレードと持ちやすいスリムハンドルで、子どもが安全に使うことができます。

安心機能で子どもを見守るGPSデバイスやプレスマホ

みまるく

GPSみまもりデバイス「みまるく」は、デバイスを持った子どもの現在地や移動履歴を、保護者や家族がスマートフォンやタブレットで確認できるサービス。デバイス本体のボタンを押すだけで見守る側のスマートフォンに通知され、子どもにスマートフォンを持たせるのが早いと考える家庭でも、安心して子どもを見守ることができます。

Hamic POCKET

キッズケータイとスマホの長所を併せ持った、小学生向けプレスマホ®︎「Hamic POCKET(はみっくポケット)」。GPSでの居場所確認、利用コンテンツの見守り、防犯ブザーなどの安心機能も充実しているほか、「大人と同じものを持ちたい」という子どもの気持ちを尊重したデザインが採用されています。

子どもたちのためにこだわり抜いたメガネ

PARIS MIKI Junior

「PARIS MIKI Junior」は、丈夫さと掛け心地を追求した子ども用メガネブランド。それぞれの子どもの個性や感性に合わせてお気に入りのメガネを選べるよう、豊富なサイズやデザインのバリエーションを揃えています。

子どもが心地よく着られる肌着

メディキュア for kids

「完全無縫製®」で肌への刺激を軽減し、綿100%よりもやわらかい独自開発の素材を採用した「メディキュア for kids」は、つつみ込まれるような着心地の子ども用低刺激インナー。肌の不快感の原因となりやすいタグもなくし、刺激に弱い子どもの肌を考えたやさしい工夫が施されています。

夏の日差しから子どもを守る日傘

Wpc.のキッズ日傘

UVカット率・遮光率は全色99.99%以上で、大人用の日傘と同様の効果を持つ、レイングッズブランド「Wpc.」のキッズ日傘。毎日の通学などに取り入れることで、子どもたちを日差しから守り、熱中症リスクの軽減といった体調管理に役立てることができます。
「育児グッズ」に関する記事がまとめて読める!
▼今すぐアプリをDL!!▼

2021年08月09日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

関連記事

カテゴリ一覧