離乳食中期のうどんの調理方法とは?簡単レシピを紹介

離乳食中期のうどんの調理方法とは?簡単レシピを紹介

離乳食中期にうどんを使うときのポイント

うどんを離乳食中期のメニューに取り入れたいと考えるママもいるでしょう。離乳食中期にうどんを作るときはどのようなことに気をつけるとよいのでしょうか。今回は離乳食中期にうどんを使うときのポイントや、うどんを使った離乳食中期の簡単レシピをご紹介します。

離乳食中期の進め方

離乳食中期に入り、どのような食材を取り入れるとよいのか、どのように調理をするとよいのかなど、日々悩んでいるママは多いのではないでしょうか。

まずは離乳食中期の進め方についてお伝えします。

離乳食中期はいつから?

離乳食中期は生後7~8カ月頃にあたります。さまざまな味や舌触りを楽しめるよう、与える食材の種類を少しずつ増やしていくとよいでしょう。

離乳食を与えるときは離乳食用の平らなスプーンを使い、赤ちゃんの様子を見ながら下唇にのせ、上唇が閉じるのを待つとよいようです。離乳食を作るときは、舌でつぶせる固さになるように心がけましょう。
出典:授乳・離乳の支援ガイド / 厚生労働省

離乳食の量の目安

離乳食中期は1日2回食に進め、食事のリズムをつけていく時期です。授乳・離乳の支援ガイドに記載されている、離乳食中期における1回の食事量の目安は次の通りです。

穀類:全粥50~80g
野菜・果物:20~30g
魚:10~15g
肉:10~15g
豆腐:30~40g
卵:卵黄1個~全卵1/3個
乳製品:50~70g

魚、肉、豆腐、卵、乳製品の量は、いずれか1種類を与えた場合の目安量となっています。

離乳食中期に入り、新たなレシピを増やしたいと考えているママもいるでしょう。赤ちゃんがよろこんで食べてくれる離乳食を作れるとよいですね。
出典:授乳・離乳の支援ガイド / 厚生労働省

離乳食中期にどんなうどん料理を作った?

料理をする女性
iStock.com/Satoshi-K
ママたちは離乳食中期にどのようなうどんを作ったのでしょうか。
30代ママ
冷蔵庫の余った野菜を使って豆乳うどんを作り、離乳食中期の子どもに与えたことがあります。まろやかな風味に仕上がりおいしかったようです。
40代ママ
離乳食中期に白身魚のあんかけうどんを作りました。とろとろとした食感なので、子どもも食べやすかったのではと思います。
離乳食中期の生後7~8カ月にうどんを与えていたというママたちは、豆乳うどんやあんかけうどんなどを作っていました。

離乳食中期はいろいろな味や舌触りを楽しめるように食品の種類を増やしていく時期です。うどんにさまざまな食材を取り入れてアレンジを楽しめるとよいですね。
出典:授乳・離乳の支援ガイド / 厚生労働省

離乳食中期にうどんを使うときのポイント

離乳食中期にうどんを使うときのコツや注意点についてお伝えします。

多めのお湯で下茹でする

うどんを茹でる
iStock.com/itasun
赤ちゃんに与える離乳食は、塩分を控えたいと考えるママもいるかもしれません。うどんを離乳食に使うときは下茹でし、乾麺や生麺のうどんに含まれている塩分を抜いてから調理をするとよいでしょう。

離乳食のうどんを下茹でするときは、多めのお湯を使うと塩分が抜けやすいかもしれません。

細かくしてから茹でる

離乳食中期のうどんは赤ちゃんが食べやすいよう、2mm大程に細かく刻んでから茹でるとよいでしょう。

生麺のうどんは茹でる前の方が麺がまとまっているので、細かく刻みやすいようです。乾麺のうどんは手で細かく折ってから茹でると、包丁やまな板を使わずに調理できるかもしれません。

うどんを柔らかく茹でる

離乳食中期ではうどんを指で軽く押してつぶせるくらいのやわらかさを目安に調理するとよさそうです。

うどんを細かく刻んで、麺がくたくたになるまで煮込みましょう。

冷凍保存するときは1食分ずつ小分けにする

うどんは冷凍保存が可能なようです。

食べやすい大きさに刻んだうどんをやわらかく茹で、1食分ずつ小分けにして冷凍すると、使いたいときに分量を量らずすぐに使えて便利ですね。

離乳食中期に作るうどんの簡単レシピ

離乳食中期の簡単うどんレシピをご紹介します。

しらすの煮込みうどん

  1. うどんを2mm大程にこまかく刻む
  2. しらす干しを熱湯につけて塩抜きし、お湯を切ったあと細かく刻む
  3. 鍋に1と水を入れ、うどんがやわらかくなるまで煮込む
  4. 2を加えてさらに煮込む
赤ちゃんが食べやすいよう、しらすを細かく刻んでから調理するとよいでしょう。

ほうれん草などの葉物野菜を加えると見た目が鮮やかになりそうですね。

鮭のまろやかミルクうどん

  1. うどんを2mm大程に刻んで、やわらかくなるまで茹でる
  2. 鮭を熱湯で茹でてすりつぶす
  3. 粉ミルクを水で溶き、1と2を加えて混ぜ合わせる
ミルクを加えて作るまろやかな風味のうどんです。

鮭は皮と骨をていねいに取り除き、赤ちゃんが食べやすいようすりつぶしてとろとろの状態にするとよいでしょう。

とろとろあんかけうどん

  1. うどんを2mm大程に刻む
  2. にんじんを細かく刻み、鍋にだし汁といっしょに入れてやわらかくなるまで煮込む
  3. 2にうどんを加えて麺がくたくたになるまでさらに煮込む
  4. 3に水溶き片栗粉を加えて加熱し、とろみをつける
離乳食中期にあんかけうどんを作ったというママがいました。玉ねぎのみじん切りや豆腐などを加えてアレンジもできそうですね。

とろとろの食感を赤ちゃんがよろこんで食べてくれるとよいですね。

離乳食中期のうどんレシピの幅を広げよう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
polkadot - stock.adobe.com
離乳食中期になると離乳食を食べることに少しずつ慣れ、食べられる食材も徐々に増えてくるでしょう。離乳食中期にうどんを作るときは、さまざまな食材を取り入れてみてはいかがでしょうか。

離乳食中期に野菜や豆腐をいっしょに煮込んでうどんを作り、赤ちゃんに与えていたというママが複数いました。離乳食中期においしいうどんを作り、赤ちゃんがいろいろな味を楽しめるよう工夫できるとよいですね。


※記事内で使用している参照内容は、2019年12月13日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年12月15日

専門家のコメント
2
    いちぽ先生 保育士
    うどんと卵のおやきや、やいたっぷりうどんして食べさせていました。
    おやきも一度茹でて細かく
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧