【離乳食完了期】エビを使った子どもがよろこぶパスタのレシピ

【離乳食完了期】エビを使った子どもがよろこぶパスタのレシピ

離乳食にパスタとエビを使うときに工夫したこと

甘みのあるエビを使ったパスタの離乳食を作りたいと考えるママもいるでしょう。今回は離乳食にパスタとエビを取り入れた時期、使うときに工夫したこと、完了期に作るエビを使ったパスタの簡単なレシピをママたちの体験談を交えて紹介します。

離乳食にパスタとエビを取り入れた時期

離乳食のスープ
iStock.com/Wiktory
離乳食にパスタとエビを取り入れた時期をママたちに聞いてみました。

パスタを取り入れた時期

30代ママ
離乳食初期~中期にうどんを与えて麺類に慣れてから、後期にパスタを与えました。
30代ママ
茹でたパスタをクリームやケチャップなどさまざまな味つけにして、離乳食後期から子どもに与えていました。
形状を工夫して離乳食初期からパスタを与えたというママもいるようですが、今回の体験談を聞いた中では、うどんやそめんなどの麺類に慣れてからパスタを取り入れたというママが多いようでした。

エビを取り入れた時期

30代ママ
離乳食完了期にエビを取り入れました。少量ずつ与えて、エビの味に慣れてからパスタやうどんに混ぜて与えていました。
30代ママ
エビは離乳食完了期から与えていました。エビを使ったかき揚げを作るとおいしそうに食べてくれました。
離乳食完了期に少量ずつ与えて、エビの味に慣れてから与える量を増やしたというママが多いようでした。離乳食にさまざまな主食やおかずを作るときに、甘みのあるエビは使いやすかったというママの声もありました。

離乳食にパスタとエビを使うときに工夫したこと

パスタとエビを使った離乳食を作るときに工夫したことをママたちに聞いてみました。

パスタを食べやすい大きさに切る

30代ママ
子どもが食べやすいように、パスタを茹でてから短く切って与えていました。長めに切ると飲み込みにくいので、パスタの長さを考えていました。
子どもが食べやすいようにパスタを短めに切ったママの声がありました。パスタを切るときは、はさみを使うと簡単に切れたというママが多かったようです。

パスタの加熱時間に気をつける

パスタを茹でる鍋
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
離乳食用にパスタを茹でるときは、袋に表示された加熱時間よりも長く茹でてやわらかくしていました。
パスタが固いと子どもが噛みにくい場合があるので、やわらかくなるまで茹でたというママの声がありました。離乳食完了期には、子どもが歯ぐきでつぶせる肉団子のような固さを意識するとよいかもしれません。

茹でたパスタのやわらかさをしっかり確認してから、子どもに与えるとよいでしょう。

エビの下ごしらえをする

30代ママ
離乳食にエビを使うときは、殻や背ワタをしっかり取り除くようにしていました。背ワタがあると食べるときに臭みを感じる場合があるので、取り残しがないように下ごしらえをしていました。
離乳食にエビを使うときは、殻や背ワタを丁寧に取り除いて下ごしらえをしたママの声がありました。殻や背ワタの下処理が済んでいる冷凍のエビを使ったママもいました。

エビを食べやすい大きさに切る

30代ママ
エビは茹でると固くなるため、子どもが食べやすいように細かく切ってから与えるようにしていました。
離乳食でエビを与えるときはしっかりと火を通す必要があるので、固くなって子どもが食べにくい場合もあるようです。子どもの食べやすさを考えて、細かく刻むというママの声がありました。

【離乳食完了期】エビを使ったパスタの簡単なレシピ

離乳食完了期に作るエビを使ったパスタの簡単なレシピをいくつか紹介します。

エビとブロッコリーのクリームパスタ

  1. 下ごしらえをしたエビを茹でて、細かく切る
  2. ブロッコリーの小房を茹でて、約5mm角に切る
  3. パスタをやわらかく茹でて、約2cm幅の長さに切る
  4. 小鍋に1、2、少量の生クリームを入れてひと煮立ちさせる
  5. 3を皿に盛り、4をかける
まろやかなクリーム味のパスタのレシピです。生クリームには油が多く含まれているものもあるため、植物性ではなく動物性のものを選ぶとよいでしょう。

エビとツナのナポリタン風パスタ

  1. 下ごしらえをしたエビを茹でて、細かく切る
  2. 水煮缶のツナを細かくほぐす 3. パスタをやわらかく茹でて、約2cm幅の長さに切る
  3. パスタをやわらかく茹でて、約2cm幅の長さに切る
  4. ボウルに1、2、3を入れて少量のベビー用ケチャップを加えて混ぜ合わせる
大人用のケチャップを使う場合は、お湯で薄めて味が濃くならないように調整するとよいでしょう。

エビとエリンギのスープパスタ

  1. 下ごしらえをしたエビを茹でて、細かく切る
  2. エリンギを約5mm大に切る
  3. パスタを通常の茹で時間で茹でて約2cm幅の長さに切る
  4. 小鍋に適量の水、1、2、3を入れて、少量のベビー用コンソメを加えて数分煮る
エビとエリンギの食感を楽しめるスープパスタのレシピです。子どもがトマト風味が好きな場合は、調味料を入れるときに少量のトマトジュースを加えるとよいでしょう。

エビと野菜の和風パスタ

  1. 下ごしらえをしたエビを茹でて、細かく切る
  2. 茹でた玉ねぎ、にんじん、キャベツを約5mm大に刻む
  3. パスタをやわらかく茹でて、約2cm幅の長さに切る
  4. ボウルに1、2、3を入れて少量の醤油を入れて混ぜ合わせる
野菜の彩りを楽しめる和風パスタのレシピです。子どもが野菜が苦手な場合も、小さく切って甘みのあるエビと組み合わせると食べやすいかもしれません。

エビを使ったパスタを作って離乳食完了期においしい食事を用意しよう

離乳食を食べる赤ちゃん
szefei/Shutterstock.com
パスタとエビを使った離乳食を作るときは、子どもが食べやすいように茹で方や切り方などを工夫したママの声がありました。

パスタはなどさまざまな食材と組み合わせて、子どもの好みに合わせ味つけを工夫するとよいかもしれません。エビを使うときは、十分に加熱してから離乳食に取り入れるようにしましょう。

エビを使ったパスタを用意して、子どもにおいしい離乳食を作れるとよいですね。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年12月01日

専門家のコメント
2
    いちぽ先生 保育士
    離乳食完了期になり、エビを食べさせました。
    アレルギーがなければエビも使えると料理の幅が広
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ