2歳の子どもに与えるおやつ。ママたちが考える量の目安など

2歳の子どもに与えるおやつ。ママたちが考える量の目安など

子どもがおやつばかり食べたがるときの対応

2歳の子どもにおやつを与えるとき、どのくらいの量にすればよいか悩むママもいるでしょう。今回は、2歳の子どもに与えるおやつについてママたちが悩んでいること、おやつを与えるときに気をつけていること、手作りおやつのレシピ、おやつばかり食べたがるときの対応についてご紹介します。

2歳の子どもに与えるおやつについて

ママたちは、2歳の子どもに食べさせるおやつについて、どのような悩みを持っているのでしょうか。
30代ママ
保育園から帰宅後、夕食まで時間があるのでおやつをあげています。あげすぎると夕食を食べなくなるので、食べる量の調整に悩んでいます。
30代ママ
2歳になったばかりの頃はチョコレートなど糖分の多いものは与えないように気を遣っていましたが、ほかの子どもが食べていると欲しがるので困りました。2歳は甘いおやつを与えてもよいのでしょうか。
30代ママ
子どもが夕飯前におやつを食べたいと言うときに、どのように気をそらせればよいのか気になります。
おやつの種類や量について悩むママが多いようです。実際にママたちが選んでいるおやつの種類や、夕食にひびかない量の目安を参考にできるとよいかもしれません。

おやつを与えるときに気をつけていること

2歳 おやつ バナナ
Africa Studio/Shutterstock.com
2歳の子どもに与えるおやつの種類や量、時間帯について、ママたちが気をつけていることを聞きました。

種類

20代ママ
グミやチョコレートは与えず、少しでも砂糖が少なそうな子ども用のお菓子を選んでいました。お菓子以外だと、焼き芋やみかんやバナナなどをおやつとして与えていました。
30代ママ
基本的にバナナをあげることが多かったです。市販のおせんべいなどもあげていましたが、フルーツの方が安心して食べさせられると思いました。
おやつに果物を与えるママが多いようです。補食として、うどんかりんとうや小さなおにぎりを食べさせるという声もありました。

20代ママ
おやつを食べすぎてご飯が食べられなくならないように、少しずつあげています。おにぎりなら1個、バナナなら1本くらいです。
30代ママ
バナナは1本、おせんべいは1枚か小さい小袋なら一袋を目安にしています。ジュースも1杯くらいにとどめ、夕食にひびかないようにしています。
お昼に食べた量が少ないときはおやつを多めにするなど、食事の量に合わせて調整するというママもいました。

時間帯

30代ママ
2歳の頃は、保育園と同じリズムでお昼寝をしてからおやつの時間にしていました。なかなかお昼寝をしてくれないときは順番を入れ替えたりしていました。
20代ママ
だいたい15時から16時の昼食と夕食の間くらいにあげるようにして、時間を決めていました。
子どもにおやつを与える時間を決めているママが多いようです。外出やお昼寝などで、おやつの時間が前後してしまうときは、量を調整するとよいでしょう。

2歳の子どもが食べられる手作りおやつのレシピ

2歳 おやつ
sarsmis/Shutterstock.com
2歳の子ども向けの手作りおやつのレシピをご紹介します。

かぼちゃとさつまいもの蒸しパン

1. ボウルに、ホットケーキミックス150g、卵1個、牛乳1/2カップ、サラダ油大さじ1杯を入れ、混ぜる
2. かぼちゃとさつまいもをよく洗い、皮ごと小さないちょう切りにする
3. 1に2を加えて混ぜる
4. 3をカップに流し入れる
5. フライパンに4を入れ、カップの1/3ほどの高さまで水を加え、ふたをして中火で火を通す

かぼちゃとさつまいもの甘みでおいしく食べられるため、砂糖を気にするママもおやつに取り入れやすいでしょう。

いももち

1. なべにじゃがいもを入れて茹でる
2. やわらかくなったら、鍋から取り出し、つぶしながら片栗粉を加えて混ぜる
3. じゃがいもがまとまるように、牛乳を加えながら混ぜる
4. 形を整えて、フライパンで焼く

じゃがいもを使ったヘルシーな手作りおやつです。子どもといっしょに、じゃがいもを潰したり、形を作ったりして楽しむという声もありました。

プリン

1. ボウルに卵1個、牛乳カップ2杯、砂糖小さじ2杯、バニラエッセンスを数滴入れて混ぜる
2. 1を茶こしでこす
3. 2をプリンカップに入れ、アルミホイルをかぶせる
4. フライパンにカップが半分つかる程度の水を入れ、沸騰させる
5. お湯の中にカップを並べる
6. 蓋をして4分強火にかけたあと、弱火で5分ほど蒸す
7. フライパンから取り出し、粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やす

2歳の子どものおやつに、カラメルを入れない甘さ控えめのプリンを作るというママがいました。

2歳の子どもがおやつばかり食べたがるときのママたちの対応

2歳の子どもがおやつばかり食べたがり、困ることもあるでしょう。ママたちは、どのように対応しているのか聞きました。
30代ママ
『ごはんをいっぱい食べたらおやつを食べてもいいよ』と言って、食事の前におやつを食べないようにしていました。
30代ママ
おやつばかり食べたがるときは、好きなおもちゃで遊んだり、工作をしたりして気を紛らわせていました。
20代ママ
あまりお腹が空かないように、おにぎりやパンなどのエネルギーになりやすいものをおやつとして与えていました。
お腹が空いてどうしても食べたがるときは、ミニトマトを数個与えるというママもいました。

2歳の子どもに与えるおやつは量や種類に気をつけよう

2歳 おやつ
Africa Studio/Shutterstock.com
2歳の子どもに与えるおやつに、果物やおせんべいなどを選ぶママが多くいました。おやつを補食として考え、おにぎりやパンを与えることもあるようです。蒸しパンやプリン、いももちを手作りしてもよいでしょう。

子どもがおやつばかり食べたがるときは、腹持ちのよいおやつを取り入れたり、空腹が紛れるくらい夢中になれる遊びをするとよいようです。

ママたちがおやつに与えている量や時間帯などを参考にしながら、2歳の子どもがおやつを楽しめるとよいですね。

2019年12月01日

専門家のコメント
1
    かよう先生 保育士
    バナナやおにぎり、いももちなどはよく聞きます。 プリンなどは既製品ではなく手作りすると糖分が控えられたり調節できるので自分で作るのも良いですね。

レシピの関連記事

カテゴリ一覧