鶏肉で作る離乳食のシチューレシピ。シチューづくりの工夫や味付け

鶏肉で作る離乳食のシチューレシピ。シチューづくりの工夫や味付け

離乳食の鶏肉シチューレシピの保存方法

離乳食に鶏肉を使ったシチューを作りたいと思うママもいるかもしれません。離乳食に鶏肉を使ったシチューを作るときはどのような工夫をするとよいのでしょうか。今回の記事では、離乳食時期別のシチューづくりの工夫や味付け方法のほか、鶏肉シチューのレシピや保存方法についてもご紹介します。

離乳食に鶏肉を使ったシチューを作るとき

離乳食期の子どもを持つママやパパは、子どもにお肉や野菜を食べてほしいと思うかもしれません。シチューにはお肉や野菜をいっしょに摂取することができるレシピがたくさんあります。お肉の中でも早くから離乳食に取り入れることができる鶏肉を使ってシチューを作ってみましょう。

離乳食に鶏肉を使ったシチューを作るとき、どのような工夫をするとよいのでしょうか。離乳食の時期によって味付け方法にも違いがあるかもしれません。

【離乳食時期別】シチュー作りの工夫や味付け

鶏肉を使ったシチューを作るとき、離乳食の時期により味付けや食べさせ方に違いがあります。離乳食中期から完了期までのシチュー作りの工夫と味付けをご紹介します。

離乳食中期

鶏肉は離乳食中期ごろから取り入れ、脂肪分の少ないささみから食べ始めるとよさそうです。みじん切りにしてシチューの材料に取り入れましょう。鶏肉は生のまま切るより、一度下ゆでした後にみじん切りすると調理しやすいようです。

シチューの具材は子どもの舌で潰せるほどのやわらかさにして、味付けはせず食材の味を活かすとよさそうです。

離乳食後期

離乳食の食器
iStock.com/coco312

カミカミ期の離乳食後期の食材は、子どもの歯ぐきで潰せるくらいのやわらかさにしましょう。鶏肉は離乳食中期よりやや大きめのみじん切りにします。

シチューの味付けは、だしを取り味付けをする場合も薄味を心がけるとよいでしょう。

離乳食後期になると、手づかみで食べたい子どももいるかもしれません。シチューは手づかみしにくいため、汚れてもよいようにエプロンや食べこぼしシートを敷くなど工夫するとよさそうです。

離乳食完了期

離乳食完了期のパクパク期は、成長に合わせて食材を少しずつ大きく切ってみましょう。味付けは薄味を基本とし、大人のシチューとは別に取り分けして作るとよいかもしれません。離乳食用のシチューはよく煮込んで食材をやわらかくすると食べやすそうです。

離乳食完了期ごろの子どもはスプーンを持って食べたがるかもしれません。子どもが持ちやすいスプーンを選びおいしくシチューを食べられるとよいですね。

鶏肉を使った離乳食のシチューレシピ

鶏肉を使ったシチューのレシピにはどのようなものがあるのでしょうか。

チキンクリームシチュー

  1. 鶏肉を下ゆでし、食べやすい大きさに切る
  2. にんじん、ブロッコリー、玉ねぎ、じゃがいもを食べやすい大きさに切る
  3. 1と2とコーンを薄く引いたバターで炒め、火が通ったら小麦粉を入れる
  4. 牛乳を少しずつ入れ弱火で混ぜる
  5. とろみが出てきたらコンソメで味付けする

野菜が苦手な子どももクリームシチューの優しい味わいなら食べてくれるかもしれません。じゃがいもは煮崩れしやすいので様子を見ながら火を通しましょう。コンソメは味が濃くなることがあるため少量ずつ入れるとよさそうです。

トマトチキンシチュー

トマトチキンシチュー
iStock.com/Stanislav Ostranitsa
  1. 鶏肉を下ゆでし、食べやすい大きさに切る
  2. 玉ねぎ、キャベツを食べやすい大きさに切る
  3. トマト缶を鍋に入れ、1と2を入れる
  4. 鶏ガラスープで味付けし、煮込む

トマト缶で簡単にできるチキンシチューです。食材がやわらかくなるまでよく煮込みましょう。

かぼちゃときのこのチキンシチュー

  1. 下ゆでした鶏肉とかぼちゃを食べやすい大きさに切る
  2. 玉ねぎはみじん切りにし、きのこは食べやすい大きさに切る
  3. 1と2を薄く引いたバターで炒め、火が通ったら小麦粉を入れる
  4. 1と2を薄く引いたバターで炒め、火が通ったら小麦粉を入れる
  5. 砂糖と塩で味付けする

かぼちゃを潰すときは好みの大きさになるように潰しましょう。離乳食期の子どもは皮を剥いたかぼちゃだと食べやすいかもしれません。

離乳食の鶏肉シチューレシピの保存方法

鶏肉を使ったシチューはどのように保存するとよいのでしょう。

冷蔵保存

シチューは常温保存できないため、密閉容器に小分けにして冷蔵保存しましょう。鍋のまま冷蔵保存すると洗い物は少なくなりますが、シチューが空気に触れてしまうため密閉容器に移し替えたほうがよさそうです。

熱が冷めたことを確認してから冷蔵庫に入れると、庫内の他の食材が傷みません。

冷凍保存

冷蔵よりも長く保存したい場合は、冷凍保存しましょう。シチューにじゃがいもが入っている場合は食感が落ちてしまうため、取り除くか小さく潰してから冷凍保存するとよさそうです。

冷凍保存する場合も、密閉容器に移しできるだけシチューが空気に触れないようにして、早めに食べきるようにしましょう。

鶏肉のシチューを離乳食に取り入れよう

離乳食を食べる赤ちゃんとママ
© aijiro - Fotolia

鶏肉を使ったシチューはごはんにかけたり、パンに付けて食べたりとさまざまな食べ方があります。他にもグラタンやドリア、パスタソースなどアレンジレシピもたくさんあるようです。最初はシチュー、翌日はアレンジレシピで食べると子どもの食の楽しみが広がるかもしれません。

離乳食に鶏肉を使ったシチューを取り入れ、子どもと食事を楽しめるとよいですね。

※記事内で使用している参照内容は、2019年10月17時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年10月18日

専門家のコメント
2
    いちぽ先生 保育士
    離乳食のシチューはささみ、もしくは鶏胸肉で作ることが多いです。
    牛乳か、もしくは粉ミルクが
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧