幼児食に作るささみのレシピ。下ごしらえ方法や冷凍保存の仕方

幼児食に作るささみのレシピ。下ごしらえ方法や冷凍保存の仕方

作り置きできる簡単レシピのご紹介

幼児食にささみを使いたいと考えたとき、どのようなレシピを作ればよいのか迷うママやパパもいるかもしれません。今回はささみの下ごしらえや冷凍保存の方法、作り置きできるレシピなどの体験談を交えてご紹介します。

幼児食にささみを使うとき

幼児食にささみを取り入れたいけれど、どのように調理すればよいのか迷っているママやパパもいるでしょう。
ママたちに幼児食を作るとき、どのようにささみを使ったのか聞いてみました。

30代ママ
子どもが好きなのでささみのフライや唐揚げを作ってお弁当に入れています。ささみのフライや唐揚げは冷めてもおいしいので子どももよろこんで食べています。
30代ママ
子どもの食欲がないときにささみ入りのお粥を作っていました。食べやすい大きさに切ったささみとお粥を混ぜ、ポン酢をかけるだけなので簡単に作れておいしいです。
30代ママ
ささみは野菜炒めやサラダ、炊き込みご飯などいろいろなレシピに使っています。大人用のレシピを見て作ることが多いので塩分が多くならないように、子ども用に味つけを薄くしています。

ささみを使った揚げものや炒めものなどさまざまな幼児食を作るママの声がありました。お弁当のおかずとしても使いやすい食材でしょう。ささみをいろいろな食材と組み合わせて味つけすると、メニューの幅も広がりそうですね。

ささみの下ごしらえ方法

ささみ
iStock.com/Lilechka75

幼児食にささみを使うときの下ごしらえの方法をご紹介します。

筋を取り除く

30代ママ
ささみの中央部分にある白い筋を取り除きます。筋の両脇に包丁の刃先で浅く切り込みを入れ、手で筋を引っ張りながら刃先をあてて取り除いています。

ささみの筋は固いこともあるようなので、下ごしらえの段階でしっかりと取り除くようにしましょう。筋を取り除くために包丁を使ったママや調理用はさみを使うと便利だったというママもいました。

鍋で茹でる

30代ママ
ささみの下ごしらえをするときは鍋を使って茹でています。火が通ってから冷水に入れて冷ますとやわらかくなります。

ささみは料理に使う前に茹でておくと、しっとりやわらかい食感にできるようです。鍋で加熱するときは茹ですぎるとささみが固くなるので気をつけましょう。

ささみをやわらかくするために電子レンジを使って加熱する方法や、ささみを直接麺棒でたたいて繊維断ちする方法もあるようです。

冷凍ストックを作る

冷凍のささみ
iStock.com/Merrimon
30代ママ
ささみを加熱し食べやすい大きさにしてからラップに包み、小分けにして冷凍しています。解凍したささみをチャーハンやそーめんなどに混ぜ、さまざまなメニューに活用しています。
30代ママ
筋を取り除いたささみに酒、醤油、生姜で下味をつけ、密封保存袋に入れてから空気をしっかり抜いて冷凍保存しています。食べたいときに電子レンジで解凍してささみの唐揚げを作っています。

ささみに下味をつけてから冷凍すると、ママの調理時間が短縮できそうですね。加熱調理したささみを冷凍する場合はしっかり冷ましてから冷凍するようにしましょう。

幼児食に作るささみのレシピ

幼児食に作るささみのレシピをご紹介します。

ささみのフライ

  1. 下ごしらえしたささみを食べやすい大きさに切る
  2. ささみを小麦粉と水を混ぜたものにくぐらせて、パン粉をまぶす
  3. フライパンに多めの油を引いて、揚げ焼きにする

ささみフライを多めに作り置きしておくと、おにぎりやサンドイッチの具材にも使えそうですね。衣をつける前にささみに切り込みを入れてチーズやしそをはさむと違った味を楽しめるでしょう。

ささみと野菜のケチャップ炒め

  1. 下ごしらえしたささみ、ピーマン、玉ねぎを食べやすい大きさに切る
  2. フライパンに少量の油を引き、1を炒めて火を通す
  3. 少量のケチャップをかけてさらに軽く炒める

子どもの苦手な野菜を調理に使う場合は、食べやすいように細かく刻むなど工夫するとよいかもしれません。子ども用のケチャップもあるので、大人用と分けて味つけしてもよいでしょう。

鶏ささみとにんじんの中華蒸し

  1. 下ごしらえしたささみは食べやすい大きさに切り、にんじんやねぎは千切りにする
  2. ささみに少量の塩をふり、片栗粉をまぶす
  3. 耐熱容器ににんじんやねぎをしき、2をのせて酒をふる
  4. 少し隙間があくようにラップをして、レンジで加熱し、数分置いて蒸す
  5. ポン酢とごま油を混ぜあわせ、3にかける

ささみに片栗粉をまぶすとやわらかくなり、子どもが食べやすいようです。電子レンジを使うとママの調理時間も短縮できそうですね。

ささみとひじきの炊き込みご飯

  1. 水で戻しておいたひじき、ささみ、にんじんを細かく刻む
  2. 炊飯器に研いだ米と水、酒、醤油、みりんを入れて炊飯する
  3. 2を盛りつけするときにゴマを少量かける

少量の炊き込みご飯をラップに包みおにぎりにすると子どもが食べやすそうですね。子どもの好みにあわせて炊き込みご飯にポン酢をかけると、さっぱりした味を楽しめるかもしれません。

幼児食にささみを使ってレシピの幅を広げよう

離乳食を食べる赤ちゃん
© ucchie79 - Fotolia

幼児食でささみを使うときは、筋を取り除いて下ごしらえをしたり、加熱後に冷凍保存するなどさまざまな工夫をしているママがいました。ささみのフライや唐揚げ、ケチャップ炒めなどを作り置きするとお弁当のおかずとしても役立ちそうですね。

毎日のご飯のバランスを考えて、幼児食にささみを活用しましょう。

※記事内で使用している参照内容は、2019年10月3日時点で作成した記事になります。

※今回の記事でご紹介したものは、離乳食の一例です。新しい食材をとり入れる場合は、お子様の消化機能の発達に合わせた適当な食材・調理法を選びましょう。

2019年10月08日

専門家のコメント
6
    ゆう先生 保育士
    我が家で定番なのは、茹でたささみに、ミョウガと大葉、刻んだ梅干しにポン酢とマヨネーズで和え
    いちぽ先生 保育士
    ささみはよく手頃な値段で売られていますよね。
    にんじんほうれん草などを巻いて肉巻きにしても
    たんぽぽ先生 保育士
    ささみは柔らかく茹でてそのままさいて与えるかチーズを巻いてフライにするとパクパクと美味しそ
コメントをもっと見る

レシピの関連記事

カテゴリ一覧