ベビーフードのカレーを使っておいしい離乳食を作ろう

ベビーフードのカレーを使っておいしい離乳食を作ろう

ベビーフードのカレー粉を使う離乳食

離乳食にベビーフードのカレーを取り入れたいと考えているママもいるかもしれません。今回の記事では、ベビーフードのカレーにはどのような種類があるかや、ベビーフードのカレーやカレー粉、カレールウを使う離乳食、ベビーフードを使うときに気をつけたいことを、ママたちの体験談を交えてご紹介します。

ベビーフードのカレーの種類は?

ベビーフードには離乳食初期から完了期までさまざまな種類があり、なかには1歳になった頃から食べられると表示されているカレーのベビーフードもあるようです。ベビーフードのカレーにはシーフードカレーや野菜カレー、チキンカレーといった種類があるので、1歳をすぎ離乳食完了期に入った子どもに喜んでもらえるのではないでしょうか。

1歳からの離乳食に使えるカレー粉やカレールウも市販されているようなので、子どもの様子を見ながら取り入れてみるとよいかもしれません。

ベビーフードのカレーを使う完了期の離乳食

1歳をすぎるとベビーフードのカレーを使って離乳食を作ることもできるようです。ママたちが作ったアレンジレシピを聞いてみました。

カレーリゾット

20代ママ
離乳食完了期に入ったので、ご飯とベビーフードのチキンカレーを使ってカレーリゾットを作りました。鍋に水とご飯、チキンカレーを入れて、弱火でご飯が軟らかくなるまで煮るだけですが、おいしそうな匂いのするカレーリゾットになりました。
ベビーフードのチキンカレーを使って、カレーリゾットを作ったママがいました。子どもがカレー味を気に入ってくれたら、野菜カレーや牛肉の入ったカレーなどのベビーフードを使ってみてもよいかもしれません。

カレーのお焼き

30代ママ
ベビーフードのツナとかぼちゃのカレーを使って、手づかみで食べられるお焼きを作りました。子どもが1歳になって手づかみ食べに慣れてきたので、カレーのお焼きをとても喜んでくれました。
ツナとかぼちゃのカレーを使ったお焼きは、やさしい甘みがあるために、1歳の子どもが喜んで食べてくれそうです。ベビーフードの水分が多く作りにくい場合は、かたくり粉などを少量混ぜて熱し、固まりやすくしてから小麦粉の皮で包むとよいかもしれません。

焼きカレーのチーズがけ

カレー
Daniel_Dash/Shutterstock.com
40代ママ
離乳食用に軟らかく炊いたご飯にベビーフードのシーフードカレーをかけ、チーズを乗せてオーブンで短時間焼きました。ほどよく溶けたチーズとベビーフードのカレーが混ざって、子どもがおいしく食べられる焼きカレーになりました。
ベビーフードのカレーとチーズを軟らかいご飯に乗せて焼くだけの、簡単でおいしい離乳食を作ったママがいました。シーフードカレーの他に、野菜のたっぷり入ったカレーやフルーツカレーなどもあるようなので、子どもの好みにあわせて作ってみるのもよいかもしれません。

カレー粉やカレールウを使う完了期の離乳食

1歳からの離乳食を作るときには、ベビーフードのカレー粉やカレールウを使うこともできるようです。ママたちに、実際に作った離乳食を聞いてみました。

カレーうどん

30代ママ
子どもが食べやすい長さにカットしたうどんと、刻んだ野菜やきのこなどをだし汁で茹で、ベビーフードのカレー粉を使ってカレーうどんを作りました。具材が柔らかくなったところにカレー粉を適量入れて弱火で煮るだけで、簡単に作ることができました。
ベビーフードのカレー粉を使って、1歳の子どもが食べやすいカレーうどんを作ったママがいました。ベビーフードのカレー粉は塩分を含まないスパイスだけで子ども用に甘く作られているようなので、離乳食ににも使いやすそうです。

取り分けカレー

20代ママ
大人用のカレーを作る際に、ベビーフードのカレールウを使って子どものカレーを作りました。カレールウを入れる直前に子ども用の具材を小鍋に取り分け、ブレンダーで細かく刻み、さらに煮込んだ後に12カ月から使えるカレールウを入れて仕上げました。
ベビーフードのカレールウを使う取り分けレシピは、大人用と同時に作ることができるために取り入れやすいかもしれません。1歳になったばかりの頃はカレールウを少なめにし、子どもの様子を見ながら徐々に増やしてみたというママの声もありました。

じゃがいものカレー風味

じゃがいも
Africa Studio/Shutterstock.com
30代ママ
1歳になった子どもにカレー風味のじゃがいものおやつを作ってみました。じゃがいもを薄くスライスして電子レンジで加熱し、ベビーフードのカレー粉をかけてさらに短時間焼くだけの簡単なレシピですが、子どもが手づかみでおいしそうに食べてくれました。
ベビーフードのカレー粉を使う手づかみおやつは、離乳食期をすぎた子どもにもおいしく食べてもらえそうです。カレー粉はさまざまな野菜にあう調味料のようなので、離乳食完了期には旬の野菜を使って親子で楽しめるおやつを作ってみてもよいかもしれません。

ベビーフードを使うときに気をつけたいこと

カレーやカレー粉などのベビーフードを使う際には、どのようなことに気をつけるとよいのでしょう。ママたちが意識していることを聞いてみました。

子どもの様子を見て進める

20代ママ
離乳食完了期に入って初めてベビーフードのカレーを使うときには、一口だけ食べさせた後、子どもの様子を気をつけて見ることを意識しました。翌日まで特に変わった様子が見られなかったので、2回目からは少しずつ量を増やしてみました。
初めての食材を使う場合は、1歳をすぎてからも子どもの様子を見て一口から徐々に増やしていくことが大切かもしれません。カレー粉を取り入れる際は、記載された量よりも少なめにして子どもの様子に気をつけているというママの声もありました。

使える月齢を確かめる

40代ママ
ベビーフードを使うときには、パッケージに記載された月齢を確かめながらゆっくりと進めることを意識しています。カレーは12カ月からと表示されていましたが、我が家では1歳3カ月をすぎてから使い始めました。
ベビーフードには「◯カ月から」といった月齢が表示されているようなので、離乳食の進み方や赤ちゃんの様子を確かめながら取り入れるとよさそうです。ママのなかには、子ども用のカレー粉を使う場合は、使える月齢の他に入っている材料まで確認したという声もありました。

ベビーフードのカレーを利用しよう

カレー
Africa Studio/Shutterstock.com

ベビーフードのカレーをアレンジして子どものためにおいしい離乳食を作っているママがいました。1歳から使えるカレー粉やカレールウもあるようなので、完了期の離乳食に取り入れてみてもよいかもしれません。

ベビーフードのカレーの使い方を工夫して、子どもが喜んで食べてくれるご飯やおやつを作ることができるとよいですね。

2019年09月18日

  • 「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】
    エンタメ
    取材レポート

    「黒人」のイメージはどう作られた?【親子で学ぶ差別/前編】

    親子で「差別」について考える連載。コミックエッセイストのハラユキさんといっしょに、さまざまな専門家の方々に疑問を投げかけ、子どもへの伝え方を学んでいきます。第3回目は、一橋大学大学院社会学研究科でアメリカ社会史を教える貴堂嘉之さんが登場します。

  • 「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】
    エンタメ
    取材レポート

    「常識を疑え」アート思考と子育ての共通点【末永幸歩】

    「アート思考」という言葉を聞いたことはありますか?「自分なりのものの見方」や「自分だけの答え」を大切にするこの思考プロセスは、実は子育てにもつながる部分があるのです。『13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)の著者であり子育て真っ最中の末永幸歩さんに話を聞きました。

  • 【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」
    ライフスタイル
    レクチャー

    【ケロポンズがアドバイス】音で楽しくお風呂の習慣づけ「この音がお風呂の合図!」

    ノーリツの給湯器の「お湯はりの完了メロディー」は多くの日本人にとってなじみがあるのではないでしょうか。実はこのメロディー、音商標も取得していて多くの人の「お風呂の音」になっていると思います。今回の記事では「音」で楽しい保育を実践しているケロポンズのお二人に、お湯はりメロディーをお風呂の習慣づけに楽しく活用する方法など、上手な生活習慣の身につけ方について教えてもらいました。

    株式会社ノーリツ

    PR

レシピの関連記事

カテゴリ一覧
連載記事
連載一覧へ